企画力アップ。クラウド名刺管理Sansanがすすめる情報共有

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

企画力アップに欠かせない情報共有のすすめ

投稿日:2015年12月22日  最終更新日: 2016年03月17日

情報の共有が企画力アップにつながる

企画力アップに欠かせない情報共有のすすめ

経済状態が不透明な昨今、企業の今後を考えると、新市場に商品を投入するなど、企画力を上げることが重要になってくるでしょう。単なるアイデアや、思い付きではない企画を考えるには、組織的な情報の共有が大切です。

そこで、企画力アップの方法や情報共有のシステム作りを考える必要があるのです。

企画を高める方法を考える

ビジネスシーンでは、さまざまな場面で「企画」という言葉が多く使用されます。上司からも、「○○に関する企画を考えて提出しろ」などの指示を受けたことがあるのでは。

では企画力を高めるためには、どうしたらよいのでしょうか?

ビジネスにおいて「企画」とは、ある目的をもって実現するための、誰が見ても明確な道筋を立てることが重要です。単なる「発想」や「思いつき」では企画とはいえません。

例えば、新商品の企画において、自分が「ほしい商品」や「こんな商品があったらいいな」といった発想だけでは企画とはいえません。市場動向や顧客ニーズをもとに、社内のシステム作りなどの検討を考えるのが「企画」といえます。

また、論理的な実現性を高め、シミュレーションを繰り返し行う必要もあります。社長や上司、先輩や同僚を納得させるためには、アイデアよりも具体的な計画をまとめる必要があるのです。

企画の要件をまとめる

企画で必要な要件とは、数字を上げることはもちろん、企業にとって、その企画が「なぜ必要なのか?」「問題の解決につながるのか?」が大前提になります。その企画が企業にとって必要性が低く、実効性の期待ができなければ、あえて企画を進める必要はありません。

この点をしっかりと踏まえ、方法や期間・関係部署を細かく設定し、どのくらいの予算がかかるのかを算出した上で、実行後の費用対効果を算出する必要があります。

企画書の構成では、「なぜ企画を思いついたのか」などの企画を立案する背景や目的、さらには、市場や顧客心理、経済動向などの客観的なデータが必要となってくるでしょう。

また新商品企画の場合、競合他社の分析や、新商品投入後のリスクなども書き添えて作成すれば、企画書の深みが増し、信頼性が増してきます。

企画書の完成に必要な情報共有とは

企画書は一人の考えや想いによって全てが完結する場合が多く、思考が異なった人から賛同を得るには、難しいこともあります。そのため、企業にとって重要と思われる企画の場合は、チームで企画を立案することをおすすめします。

生まれ育った場所や環境の違い、教育・生活環境、さらには立場が異なれば、問題意識や現状改善といった価値も違ってきます。そのため、一つの企画をチームで進めていけば、より建設的で現実的な意見も出てくるでしょう。

チームを考える場合は、できれば同じ部署からではなく、異なった部署の人員で構成することが重要です。そのためには、チーム内の情報を常に共有し、データ化する必要があります。

いかに多忙であっても、最新の情報がすぐに手に入れられるため、状況の急激な変化にも柔軟に対応ができ、現在に即した企画書の作成が可能となります。

立場や所属部署が異なれば、社外取引先からも企画に重要な意見や資料が入手できるかもしれません。その点からも、部署を越えた情報の共有は大切なのです。

社外取引先のデータ共有に必要な「Sansan」の名刺管理サービス

27faea0e4228c569a133d98f14d4a930d_s

このように重要な企画書を完成させるためには、チームを社内で作り、さらにお互いの情報や取引先担当者のデータ管理が重要であることがお分かりいただけたかと思います。

Sansan株式会社が提供している、法人向けクラウド名刺管理サービスを利用すれば、単に名刺のコピーを回覧するだけではなく、名刺情報を組織で管理できるので、現在のよう流動的で、状況が目まぐるしく変化する経済状況下では、必要なシステムといえます。

企画を完成させるためには、常に「先を読む」必要があり、一人の情報量だけでは、限界があるでしょう。組織のデータを武器にすることが今後重要になってくるのです。

この記事で使われている用語を知る

↑
気になる語句で検索してみましょう!