医療業界における名刺管理の重要性とSansanの導入事例 - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!
名刺管理で見なおす働き方改革

医療業界における名刺管理の重要性とSansanの導入事例

投稿日:2018年01月15日  最終更新日: 2018年01月27日
医療従事者は名刺交換の機会が多いものですが、名刺の管理をしている時間がなかなか取れないですよね。 そこで今回は、医療業界での名刺管理の必要性、名刺管理にSansanがおすすめの理由と、医療関係のSansanの活用事例をご…

医療従事者は名刺交換の機会が多いものですが、名刺の管理をしている時間がなかなか取れないですよね。

そこで今回は、医療業界での名刺管理の必要性、名刺管理にSansanがおすすめの理由と、医療関係のSansanの活用事例をご紹介します。
医療業界で名刺管理に課題を抱えている方は、是非ご一読ください。

医療業界での名刺管理の必要性

医療に携わる人は数多く、出入りの業者や営業そしてMRなど、名刺を交換する機会は数多くあります。
そのため、医療業界において、名刺管理は重要なポイントとなります。
沢山の名刺を効率よく整理し、管理を行うことで、雑務を楽にし業務を効率化することができるのです。

医師は名刺交換が非常に多い職業

医療業界に携わる職種の中でも、特に医師は名刺交換の機会が非常に多い職業といえます。
製薬会社の営業だけではなく、セミナーや研修など、自己紹介を兼ねて名刺を交換することは珍しくありません。

また、場合によっては患者との名刺交換を行うこともあります。
このように医師は名刺交換が非常に多い職業なのです。

医師の本業は患者と向き合うことであり、名刺管理がおざなりになると業務に支障が出る

先ほどご紹介したように、医師は名刺交換が非常に多い職業であり、管理する名刺の枚数も月を追う毎に増えていきます。
膨大な数の名刺の中から1枚の名刺を探すのは大変な労力ですし時間もかかってしまいます。
医師の本業は患者と向き合うことであり、名刺管理がおざなりになると業務に支障が出てしまうことも。
医師にとって名刺をきちんと管理することは、重要なポイントといえるのです。

名刺管理を円滑に行うためにはSansanの導入がおすすめ

名刺管理を円滑に行うためには、信頼できる名刺管理サービスの導入がおすすめです。
Sansanは、名刺管理を円滑に行うだけではなく、業務に役立つ多彩な機能があり、誰でも使いこなせる簡単な操作が魅力です。

名刺をスキャンするだけの簡単操作

Sansanでは専用のスキャナで名刺をスキャンするだけで、名刺情報を読み込むことができます。
名刺データをデジタル化する際には、煩わしい入力が必要だったり、明瞭に文字が判別できる写真を撮ることが求められていましたが、専用スキャナなら誰でも簡単に操作することが可能です。

情報共有がスムーズになる

名刺情報をデジタル化して共有することで、院内・法人内の人脈を可視化することが可能に。
組織の垣根を超えて情報を共有し、つながりを持つ人物がわかるようになるので、業務をよりスムーズに進めることができます。

またつながりのある人物の情報を蓄積できる、コンタクトの履歴だけではなく相手の特徴や好みなどを共有できるのも嬉しいポイントです。
蓄積された情報を踏まえて連絡を取ることで、コミュニケーションをより円滑に取ることができるようになります。

人事異動などの情報が自動で更新される

Sansanでは、人事異動などの情報が自動で更新されます。
また、「組織ツリー」が自動生成されるので、アプローチ先がひとめでわかるようになるのです。
組織ツリーは名刺情報と公開されている人事情報を基にして作られます。

人事異動情報と企業の最新情報は、ニュースとして配信されるので、情報収集に時間をかける必要がなくなります。
人事異動などの情報更新は、自分が交換した名刺だけではなく、社内全ての名刺が対象なので安心です。

医療業界でのSansanの活用事例

実際に医療業界でSansanを導入し、活用している事例をふたつご紹介します。

株式会社ナチュラルケア

総合医療コンサルタントの「株式会社ナチュラルケア」では、医師の人脈を可視化ために2016年6月にSansanを導入しました。
Sansan×kintoneの連携を行うことによって、医療現場のバックオフィス業務の効率化を実現しています。

医療業界は意外と狭く、同じ方と別の場所で顔を合わせることは良くあります。
特にセミナーや勉強会などでは、頻繁に顔を会わせる先生も多いですが、何度もお名前をお伺いしてしまうなど失礼にあたることがあったそうです。
Sansanを導入することで、医師だけではなくバックエンドの社員もまた、業務を円滑に行うことができるようになりました。

Sansan×kintone

株式会社ナチュラルケアでは、kintoneで企業台帳と人物台帳を管理していますが、連携を行う前にはデータは手入力で行っていました。
そのため入力ミスやデータの揺らぎが生じ、「信頼できるデータにならない」という課題を抱えていたそうです。
「Sansan for kintone」を導入することで、名刺をスキャンした精度の高いデータを元に、マスターデータとして使用することで、入力ミスや揺らぎの問題が解消しました。

医療現場におけるICT

在宅医療など、病院外医療のニーズが高まりをみせるなか、情報の蓄積・共有は欠かせないポイントといえます。
そこで、Sansanやkintoneのようなツールの活用を行うことで、有用なデータの利活用を実現する環境構築し、医療スタッフ間の連携にいかし医療の質を向上させることができるようになります。

また、他の医療職と情報共有をすることで、治療をスムーズにすすめることができるようになります。
ひとりの患者さんに対して、医科・歯科そして他の医療職との連携が必要なケースは多くあり、情報共有を円滑に行い協業することが求められる中、Sansanの果たす役割は大切といえます。

社会医療法人愛仁会

総合的な地域医療活動に取り組んでいる「社会医療法人愛仁会」では、名刺の情報管理に課題を感じて
2015年12月にSansanを導入しました。
導入に取り組んだ愛仁会本部 井内 伸一様は、多いときには月に100枚以上の名刺交換をしており、情報管理に悩んでいたそうです。
スマートフォンのOCR機能を使った名刺のデータ化に取り組んだものの、完全なデータ化は難しく微修正を行う時間が確保できず挫折。
また、人事異動や転職によって、「同姓同名同一人物の名刺が複数ある」という問題にも頭を悩ませていました。

Sansan導入の効果

個人で所有する名刺は2,000枚にものぼり、メーラーで検索をして該当がなければ名刺の束を探していたという井内様。
Sansan導入以降は、検索窓に名前を打ち込むだけで連絡先が分かるので、非生産的な作業から解放されました。

当初はバックオフィスの担当者4名が導入したそうですが、人事部長・事務方のトップである愛仁会本部の局長とSansanの輪が広がっているそうです。
名刺管理における生産性が飛躍的に向上し、効果的なツールとして、「私も使いたい」という声が上がっているそうです。

まとめ

名刺を交換する機会の多い医療業界にとって、名刺管理は重要なポイントといえます。名刺管理や情報共有に時間を取られてしまうと、その時間が削られてしまいます。大切な命を扱う仕事だからこそ、名刺の管理は名刺管理サービスに任せて、医療に専念できる環境を整えたいですね。

↓↓↓『3分でわかるSansan』資料ダウンロードはこちらから↓↓↓

医療業界でのSansanの活用事例

実際に医療業界でSansanを導入し、活用している事例をふたつご紹介します。

株式会社ナチュラルケア

総合医療コンサルタントの「株式会社ナチュラルケア」では、医師の人脈を可視化ために2016年6月にSansanを導入しました。
Sansan×kintoneの連携を行うことによって、医療現場のバックオフィス業務の効率化を実現しています。

医療業界は意外と狭く、同じ方と別の場所で顔を合わせることは良くあります。
特にセミナーや勉強会などでは、頻繁に顔を会わせる先生も多いですが、何度もお名前をお伺いしてしまうなど失礼にあたることがあったそうです。
Sansanを導入することで、医師だけではなくバックエンドの社員もまた、業務を円滑に行うことができるようになりました。

Sansan×kintone

株式会社ナチュラルケアでは、kintoneで企業台帳と人物台帳を管理していますが、連携を行う前にはデータは手入力で行っていました。
そのため入力ミスやデータの揺らぎが生じ、「信頼できるデータにならない」という課題を抱えていたそうです。
「Sansan for kintone」を導入することで、名刺をスキャンした精度の高いデータを元に、マスターデータとして使用することで、入力ミスや揺らぎの問題が解消しました。

医療現場におけるICT

在宅医療など、病院外医療のニーズが高まりをみせるなか、情報の蓄積・共有は欠かせないポイントといえます。
そこで、Sansanやkintoneのようなツールの活用を行うことで、有用なデータの利活用を実現する環境構築し、医療スタッフ間の連携にいかし医療の質を向上させることができるようになります。

また、他の医療職と情報共有をすることで、治療をスムーズにすすめることができるようになります。
ひとりの患者さんに対して、医科・歯科そして他の医療職との連携が必要なケースは多くあり、情報共有を円滑に行い協業することが求められる中、Sansanの果たす役割は大切といえます。

社会医療法人愛仁会

総合的な地域医療活動に取り組んでいる「社会医療法人愛仁会」では、名刺の情報管理に課題を感じて
2015年12月にSansanを導入しました。
導入に取り組んだ愛仁会本部 井内 伸一様は、多いときには月に100枚以上の名刺交換をしており、情報管理に悩んでいたそうです。
スマートフォンのOCR機能を使った名刺のデータ化に取り組んだものの、完全なデータ化は難しく微修正を行う時間が確保できず挫折。
また、人事異動や転職によって、「同姓同名同一人物の名刺が複数ある」という問題にも頭を悩ませていました。

Sansan導入の効果

個人で所有する名刺は2,000枚にものぼり、メーラーで検索をして該当がなければ名刺の束を探していたという井内様。
Sansan導入以降は、検索窓に名前を打ち込むだけで連絡先が分かるので、非生産的な作業から解放されました。

当初はバックオフィスの担当者4名が導入したそうですが、人事部長・事務方のトップである愛仁会本部の局長とSansanの輪が広がっているそうです。
名刺管理における生産性が飛躍的に向上し、効果的なツールとして、「私も使いたい」という声が上がっているそうです。

まとめ

名刺を交換する機会の多い医療業界にとって、名刺管理は重要なポイントといえます。名刺管理や情報共有に時間を取られてしまうと、その時間が削られてしまいます。大切な命を扱う仕事だからこそ、名刺の管理は名刺管理サービスに任せて、医療に専念できる環境を整えたいですね。

↓↓↓『3分でわかるSansan』資料ダウンロードはこちらから↓↓↓

医療業界でのSansanの活用事例

実際に医療業界でSansanを導入し、活用している事例をふたつご紹介します。

株式会社ナチュラルケア

総合医療コンサルタントの「株式会社ナチュラルケア」では、医師の人脈を可視化ために2016年6月にSansanを導入しました。
Sansan×kintoneの連携を行うことによって、医療現場のバックオフィス業務の効率化を実現しています。

医療業界は意外と狭く、同じ方と別の場所で顔を合わせることは良くあります。
特にセミナーや勉強会などでは、頻繁に顔を会わせる先生も多いですが、何度もお名前をお伺いしてしまうなど失礼にあたることがあったそうです。
Sansanを導入することで、医師だけではなくバックエンドの社員もまた、業務を円滑に行うことができるようになりました。

Sansan×kintone

株式会社ナチュラルケアでは、kintoneで企業台帳と人物台帳を管理していますが、連携を行う前にはデータは手入力で行っていました。
そのため入力ミスやデータの揺らぎが生じ、「信頼できるデータにならない」という課題を抱えていたそうです。
「Sansan for kintone」を導入することで、名刺をスキャンした精度の高いデータを元に、マスターデータとして使用することで、入力ミスや揺らぎの問題が解消しました。

医療現場におけるICT

在宅医療など、病院外医療のニーズが高まりをみせるなか、情報の蓄積・共有は欠かせないポイントといえます。
そこで、Sansanやkintoneのようなツールの活用を行うことで、有用なデータの利活用を実現する環境構築し、医療スタッフ間の連携にいかし医療の質を向上させることができるようになります。

また、他の医療職と情報共有をすることで、治療をスムーズにすすめることができるようになります。
ひとりの患者さんに対して、医科・歯科そして他の医療職との連携が必要なケースは多くあり、情報共有を円滑に行い協業することが求められる中、Sansanの果たす役割は大切といえます。

社会医療法人愛仁会

総合的な地域医療活動に取り組んでいる「社会医療法人愛仁会」では、名刺の情報管理に課題を感じて
2015年12月にSansanを導入しました。
導入に取り組んだ愛仁会本部 井内 伸一様は、多いときには月に100枚以上の名刺交換をしており、情報管理に悩んでいたそうです。
スマートフォンのOCR機能を使った名刺のデータ化に取り組んだものの、完全なデータ化は難しく微修正を行う時間が確保できず挫折。
また、人事異動や転職によって、「同姓同名同一人物の名刺が複数ある」という問題にも頭を悩ませていました。

Sansan導入の効果

個人で所有する名刺は2,000枚にものぼり、メーラーで検索をして該当がなければ名刺の束を探していたという井内様。
Sansan導入以降は、検索窓に名前を打ち込むだけで連絡先が分かるので、非生産的な作業から解放されました。

当初はバックオフィスの担当者4名が導入したそうですが、人事部長・事務方のトップである愛仁会本部の局長とSansanの輪が広がっているそうです。
名刺管理における生産性が飛躍的に向上し、効果的なツールとして、「私も使いたい」という声が上がっているそうです。

まとめ

名刺を交換する機会の多い医療業界にとって、名刺管理は重要なポイントといえます。名刺管理や情報共有に時間を取られてしまうと、その時間が削られてしまいます。大切な命を扱う仕事だからこそ、名刺の管理は名刺管理サービスに任せて、医療に専念できる環境を整えたいですね。

↓↓↓『3分でわかるSansan』資料ダウンロードはこちらから↓↓↓

この記事の情報は2018年01月27日のものです

ダウンロード資料

名刺管理を通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!