名刺管理で見なおす働き方改革

女性が知っておきたい名刺入れ選びの3つのポイント

投稿日:  最終更新日: 2019年11月14日
目次はじめに1.品のあるものを選ぶ2.必ずしも明るい色である必要はない3.他の小物と統一感を持たせる4.明らかにブランド物だとわかるものは避ける5.迷ったら先輩女性社員の名刺入れを参考にさせてもらう はじめに 社会人には…

はじめに

社会人には必須アイテムともいうべき名刺。そんな大切な名刺を入れておく名刺入れは、いわば社会人の顔と言っても過言ではありません。
春は新社会人の購入はもちろん、年度始まりに合わせて新しく名刺を購入するという方も少なくない季節です。

そこで今回は、名刺入れを選ぶ上で知っておきたいポイントを3つご紹介します。

特に今回は、アベノミクス効果により更なる社会進出が見込まれる、女性の名刺入れ選びにスポットを当ててご紹介します。

女性が知っておきたい名刺入れ選びの3つのポイント

1.品のあるものを選ぶ

冒頭でも述べた通り、名刺入れは社会人の顔ともいうべき重要なアイテムです。それがあまりに幼稚だったり派手だと、これから取引を始めようとする名刺の交換相手は不安になってしまいますよね。
名刺入れを選ぶ大前提として、品のあるものを選ぶように心がけましょう。

2.必ずしも明るい色である必要はない

必ずしも明るい色である必要はない

女性の名刺入れというと、何だか明るい色でなければいけないと思ってしまう方も多いようです。
確かに女性の名刺入れは、男性の名刺入れに比べて、色の自由度が高い傾向にあります。
ですが、決して明るい色でなければいけないというわけではありません。
女性の方でも黒の名刺入れを使っている方は数多くいらっしゃいます。また、茶色や濃青の名刺入れなどを利用している方もよく見かけます。
むしろ落ち着いた色のほうが、お渡しする側に見られても、比較的印象良く受け止められます。

では女性らしく明るい色を使ってはいけないのかというと、そういうわけでもありません。オレンジやベージュ、ピンクなどの名刺入れは、それだけで女性らいしい印象を受けます。
ただしこういったカラーは、よくお取引のある先やご自身の職種・業種を考えた上で選択したほうが良さそうです。

そんな女性の名刺入れの中でも、できれば避けたいカラーが赤です。
赤は攻撃的なイメージや、危険のイメージがあるため、初めてお会いする方に警戒心を与えてしまう恐れがあります。
できれば赤は避け、落ち着いたカラーを選択するよう心がけましょう。

3.他の小物と統一感を持たせる

他の小物と統一感を持たせる

前述した通り、女性の名刺は男性に比べて選択の自由が高いと言われています。そのため、名刺入れだけに気を取られてしまうと、他の小物と統一感がとれなくなってしまっていることも。
商談の際、手帳やペン、かばんはおとなしいのに、名刺入れだけ華美なものだと、ちょっとかっこ悪いですよね。
名刺入れに気を使うなら、ぜひほかの小物とのデザインやカラー、質感を考えた上で名刺入れを選んでみてください。

4.明らかにブランド物だとわかるものは避ける

名刺入れは長く使うものです。そのため、できるだけいいものを選びたいものですよね。
ですが、明らかにブランド物とわかるものを選ぶのは、できるだけ避けるようにしましょう。

一昔前に比べて傾向は変わりつつありますが、日本人は比較的慎ましやかであることを好みます。そのため、名刺入れなど比較的相手の目に付きやすいアイテムを高価なものをするのは、嫌厭される傾向にあります。
こちらが何もしていないのに、相手にマイナスのイメージを持たれることは避けたいですよね。
ブランド物を選ぶ際は、色が比較的控えめだったり落ち着いたものを選ぶようにしましょう。
また、華美なデザインのものも避けるのが無難です。

5.迷ったら先輩女性社員の名刺入れを参考にさせてもらう

ここまでのポイントをチェックしても名刺入れ選びに悩んでしまうあなたへのアドバイスとして、先輩の女性社員の名刺入れをチェックすることをオススメします。
すでに名刺交換を何度も行っている女性社員の名刺入れを見れば、どういったものを選ぶべきかが見えてくるかもしれません。

意外と男性よりも難しい女性の名刺入れ選び。参考になれば幸いです。

blankblank
この記事の情報は2019年11月14日のものです

この記事で使われている用語を知る

blank blank

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

blank

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

blank

名刺管理エクセル
テンプレート

blank

名刺管理ノウハウ集

blank

3分で分かるSansan

↑