名刺管理で見なおす働き方改革

名刺でイメージアップも!できる女性にふさわしい個人名刺・名刺入れとは

投稿日:  最終更新日: 2017年09月21日
女性の働き方のひとつとして、最近では結婚や出産を機に会社を辞めた場合でも趣味や特技を活かして起業するというケースが増えてきています。そういった働き方であってもやはり人脈拡大のツールとして名刺が活躍することは多いものです。…

女性の働き方のひとつとして、最近では結婚や出産を機に会社を辞めた場合でも趣味や特技を活かして起業するというケースが増えてきています。そういった働き方であってもやはり人脈拡大のツールとして名刺が活躍することは多いものです。ここでは女性が名刺をビジネスや自己のイメージアップへと上手に活用するためのポイントについてご紹介しましょう。

名刺はビジネスイメージに影響を与える

会社勤めをしている人は、会社名の入った規定の名刺に自分の名前をいれたものが配布されるでしょう。その名刺は会社のブランド価値を考慮して、会社名のロゴ、文字フォント、紙質、色等を選びデザインされたものです。一方個人で名刺を作成する場合は、やはり全て自分で決めることになります。手軽さから自宅のPCで作成し、市販の名刺用の紙を使ってインクジェットプリンタで作成している人も見られます。しかしながら趣味としての使用では良いかもしれませんが、ビジネスの場でそのような名刺を渡されると、その人の仕事も素人レベルのものというイメージを与えかねません。ビジネスとしての可能性を少しでも考えて名刺交換をしているのであれば、名刺はやはりしっかりとしたものをプロに作成してもらいましょう。

ネットサービスを使えばデザインも印刷も安価に

誰に頼めばいいかわからない、予算もないし高いのは無理という方も多いですが、最近ではネットサービスなどを利用すると、デザインのプロとしての意見を聞きながら、ロゴや独自デザインの名刺を簡単に手に入れることができます。また大量でなくとも受けてくれる印刷会社もあるので、たくさんはいらないという方でも気軽に発注できるでしょう。デザインを考えるにあたっては、自分の与えたいイメージを明確にしてデザイナーや印刷業者に相談し、デザインや紙質を選び、最適な名刺を作成しましょう。

名刺入れも見られていることを忘れずに
名刺交換をする際には、いただいた名刺は名刺入れの上に置き、応接中はテーブルの上に置いておくなど名刺交換の基本マナーをしっかり押さえたいものです。特に名刺入れについて注目してみていないかもしれませんが、目に触れるものはおのずとその人のイメージと結びついていることが多いものです。人目につく名刺入れですから、名刺同様に名刺入れにも気を配りましょう。

名刺入れ選びのポイントはシンプル・上質

女性の名刺入れの場合、男性よりもより選択の自由度はあります。購入時のポイントは、やはり「相手にどのようなイメージを与えたいか」を考えることです。一般的に名刺入れとしては、派手すぎず、シンプルなデザインで、素材が上質な革、名刺がとりだしやすい形のものが好まれます。一方でブランドがあまりに強調されたデザインのもの、アルミやプラスチック等の質感が安っぽいものはあまり良い印象を与えません。それらのポイントを押さえておけば、好きなブランドものでも、女性らしい少し華やかな色目のものやチャームのついたものなど、自分のセンスをさりげなくアピールされてもよいかもしれません。

名刺も名刺入れも選ぶポイントはやはり「相手にどのような印象を与えたいか」です。女性の場合、会社勤務時代はそれほど名刺交換が頻繁になかったことから、入社当時にとりあえず購入したものがあるからとそれをずっと使っている人も多いかもしれません。一方で年齢や仕事の変化とともに、小物も見直す時期にきているかもしれません。仕事で相手にどのような印象を与えたいかを意識し、女性ならではの遊び心も取り入れながらより良いイメージを与えられる名刺・名刺入れを選ばれてはいかがでしょうか。

この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑