名刺管理で見なおす働き方改革

海外の名刺事情:米国の名刺(Business Card)トレンド

投稿日:  最終更新日: 2019年11月14日
目次はじめに米国の名刺デザイントレンド名刺管理の今後のトレンドは?さいごに はじめに   日本でビジネスを展開するには、なくてはならない名刺ですが、外国では商習慣の違いから必ずしも日本と同じように名刺が利用され…

はじめに

海外の名刺事情:米国の名刺(Business Card)トレンド

 

日本でビジネスを展開するには、なくてはならない名刺ですが、外国では商習慣の違いから必ずしも日本と同じように名刺が利用されているとは限らないと言われています。ここでは、米国における名刺(Business Card)のトレンドについてご紹介しましょう。

 

米国の名刺デザイントレンド

米国の名刺デザイントレンド

最近では米国でも名刺の重要性や有効性が認識されており、多くのビジネスマンが活用しています。そういった中で、日本でもクリエイティブな職業の人たちを中心に、変わった素材をつかったオシャレな名刺を目にする機会も増えてきましたが、米国でもこだわりのあるデザインの名刺を活用している会社も多いようです。QRコードを記載したデザイン、紙ではなく食べ物に印字したデザイン、紙の形を変形させたデザインのものがあげられています。

 

コストをかけて凝ったデザインにするよりも、シンプルでありながら洗練されたデザイン、紙質やエンボスなど印刷にこだわり、人々の記憶に残るデザイン、そしてブランドを的確に表すデザインの名刺が良いといっており、日本の名刺のトレンドとも似通っているといえるでしょう。

 

名刺管理の今後のトレンドは?

名刺管理の今後のトレンドは?

 

日本では名刺管理や情報共有の重要性から、名刺情報のデータ化が進みつつありますが、米国ではどうでしょうか。米国でも従来通り紙の名刺を渡して連絡先を交換するのが主流ですが、スマホで名刺を撮影してデータ化したり、技術に敏感な人たちの中にはNFCを搭載したスマホなどを使って名刺交換を行う人も増えているようです。一方で紙の名刺の手軽さ以上のものはまだなかなか出てきていないようです。例えば、Evernoteの情報交換アプリのHelloは人気ですが使い方が複雑だったり、Googleのデータ転送サービスのBeamはアンドロイドOSしか対応していないことで使い易いとはいえない状況です。そういった中Tapmy.Bizという会社による名刺自体にNFCタグを埋めこんだ名刺なども登場していますが、コストが高すぎるなども課題があります。またTouchbase Technologiesという会社はコストを抑えられる伝導性インクを活用した名刺を開発しているものの、まだまだ開発初期段階のようです。同市では結局紙の名刺をスキャンする方法が現時点では有効といっています。そして日本でも利用者が多い名刺認識管理アプリが使い易いとして紹介しています。

日本でも利用者が多い名刺認識管理アプリが使い易いとして紹介しています。

 

さいごに

いかがでしょうか。日本では古くから浸透している名刺ですが、米国でもまた名刺のビジネスでの有効性は認識されており、多くの印象的なデザインの名刺も作成されています。そして、名刺を紙媒体からデジタルへというトレンドの中で、スマホを活用した様々なサービスが提供され始めていますがまだまだ課題があり、現時点ではやはり紙の名刺の便利さを感じさせられずにはいられないようです。

blank blank
この記事の情報は2019年11月14日のものです

この記事で使われている用語を知る

blank blank

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

blank

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

blank

名刺管理エクセル
テンプレート

blank

名刺管理ノウハウ集

blank

3分で分かるSansan

↑