業務効率化を実現するSansan名刺管理システムとは - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

業務効率化を実現するSansan名刺管理システムとは

投稿日:2015年12月25日  最終更新日: 2016年04月12日

Sansan名刺管理システムが業務の効率化を実現する

業務効率化を実現するSansan名刺管理システムとは

企業において、業務効率化はどうして必要なのでしょうか?短時間でできる業務を、いつまでもダラダラと時間をかけても収益にはつながりません。それどころか、企業に不利益を与えてしまう可能性があるからです。

そんなムダを省くために、Sansanの名刺管理システムを利用してみてはいかがでしょうか。

業務の効率化とは「ムダ」をなくすこと

一日の中で、どれだけの時間的な「ムダ」があるでしょう。

特に見直す必要があると考えられるのが、「ミーティング」や「会議」です。1週間の内で、ミーティングや会議に要する時間はどのくらいありますか?会議の時間を報告書や数値データが記載されている帳票を見るだけで完結することはできないでしょうか?

こうして考えると、削っても良い時間があることに、改めて気づくはずです。

ムダの削減は新規開拓にもつながる

営業マンが数字を上げるためには、既存取引先の数字を維持したり、アップしたりしなければなりません。同時に大切なのが、新規開拓です。

しかしノルマを考えると、優先順位的にどうしても既存取引先のカバーが中心となるため、新規開拓に必要な時間が確保しにくいのではないでしょうか。

またスキルが足らずに、既存営業にしか手が回らず、新規開拓の時間が確保できない場合もあるでしょう。

とはいえ、新規開拓は個人の成績を上げるためにも、企業として成長するためにも必要なもの。ムダを削減すれば、新規開拓に割ける時間が増えるかもしれません。

営業部門の業務効率化は名刺でデータ管理から

そんな「ムダ」を削減するために一役買ってくれるのがSansanの名刺管理システムです。

Sansanは名刺の画像情報を元に、情報をオペレーターが手入力でデータ化してくれるので、間違いがほぼなく、かつ迅速に活用可能なデータに変換できます。

また名刺は営業部門にとって、非常に重要なデータです。また、企業にとっても「資産」の一つといっても過言ではありません。しかし、企業の多くは名刺の管理を個々の営業マンに託しているため、名刺データが生かされていないのが現状です。

名刺データの管理を一元化する事で、情報の活用の幅が広がり、ビジネスチャンスも多くなるのではないでしょうか?

また名刺データをデジタル管理すれば、いつでも最新のデータが入手できるため、強力な営業ツールとしても活用が期待されます。データ管理を営業部門複数で行うことで、今まで、見えてこなかった取引先の一面が見えてくるかもしれません。

企業にとって、多くの名刺情報から得られるデータを瞬時に取り出せるシステム環境は、当然業務の効率化に一役買うことでしょう。

それに、営業担当者個人にとっても、データ作成や営業行動予定表の作成に頭を悩ませる必要もなくなり、資料作成に要した時間を新規開拓に充てれば、売り上げにも良い影響が現れるのではないでしょうか?

新しい価値を生み出すSansan名刺管理システム

20a4c9820dffaec1af314816692bc4f17_s

膨大にある名刺データをデジタル化するには、相当な時間が必要になってきます。そのため、データ入力をアウトソーシングに委託する選択肢が出てきます。

名刺情報が蓄積されると、今まで、「点」としての取引内容が「線」や「面」としてとらえることが容易となるので、新たな「人脈情報」や「組織情報」が見えてくるかもしれません。

今後は、それらの情報を基に、既存取引先へのアプローチの方法や新規取引への足掛かりをつかむ必要があります。

ぜひ、一度Sansanの名刺管理システムを利用してはいかがでしょうか?

↑
気になる語句で検索してみましょう!