名刺管理で働き方を革新 - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

名刺管理で働き方を革新

投稿日:2016年06月28日  最終更新日: 2016年09月29日

network-1015625_640

名刺管理は、ビジネスにおいて不可欠な取り組みです。そのため、面倒ながら仕方なく名刺管理に取り組んでいるビジネスパーソンもいると考えられます。しかし、名刺管理の技術が上がれば、働き方自体が大きく変えられる可能性があります。そこで、名刺管理によって働き方を革新する方法について把握しておき、実際に活用できるようにしておきましょう。

名刺管理で人脈をたどれる!

名刺には、氏名に加えて所属する企業や部署が記入されています。そのため、名刺をデータ化してうまく管理することができれば、多くの人脈をたどることができます。ビジネスにおいて人脈は大切な要素の1つなので、名刺管理を行うことにより人脈の把握がスムーズになればビジネスにもプラスの影響が期待できます。
まず、名刺管理においてはどの名刺を活用して営業を行い、どのような成果に結び付いたのかを可視化することができます。したがって、どの人脈が自社にとって重要であり、どの人脈はそれほど重要ではないかを―ディーに把握することが可能になります。その結果、より重要な相手に対しては会う頻度を増やすなど、コンタクトを密にする取り組みを行うことができます。こうすることで、名刺に書かれた連絡先に片っ端から営業の電話をかけるといった、非効率な営業から脱却できます。営業ではただ単に件数をこなすだけでは、十分な成果が得られない可能性が高いです。営業の質を高めるためにも、そもそも営業活動を行う価値のある相手を名刺管理によってピックアップできるようにしましょう。

営業職の負担軽減にもつながる!

適切な名刺管理は、営業職の負担軽減にもつながります。名刺管理を行うことによって営業の質が上がれば、目標とする売上高に効率よく到達できる可能性が高まるからです。こうすることで、企業側は通信料や営業職員の旅費交通費などを削減できるメリットがあります。いっぽうの営業職員の側にも、労働時間が短くなったり、労働時間中の負担が軽減されたりといったメリットが考えられます。名刺管理はアプリを活用するなどして比較的低コストで実現できるので、自社のコスト削減や、社員の負担軽減のためにも名刺管理に積極的に取り組むことが望ましいといえます。

会社の管理も容易に!

名刺管理をきちんとしておけば、会社が営業職員を管理する際にも役立ちます。名刺データと営業職員のデータを結び付けることで、どの営業職員がよりよい人脈作りに貢献しているかを把握しやすくなるからです。また、営業成績のデータなどと合わせて分析すれば、営業職員の評価を決定する際にも役立てられます。こうすることで、会社側としてはより営業に適した人材を営業に回すことができます。働く側としても、営業に対する適性を会社側に把握してもらいやすくなるので、自分にあった職種で働ける可能性が高まります。このように、名刺管理は企業側と労働者側の双方にメリットをもたらしてくれます。せっかくの才能を無駄にしてしまう労働者がいなくなれば、企業業績の向上のほか、自分にあった働き方ができる社員が増えて会社への定着率の高まりにも期待できます。

貴重なデータの活用が働き方を革新する

knowledge1_640 名刺は、単体では得られる情報量が少ないです。しかし、データ化して他の情報とたがいに結び付けることにより、自社ならではの得難い貴重な情報となります。名刺管理を適切に行うことで、労働者はより効率よく、適材適所には一された人材として活躍しやすくなるメリットもあります。名刺管理はアプリの登場などによってコスト面、時間面のいずれでもそれほど大きな負担をせずに実現できるようになっています。特に、名刺データを多く抱えている企業では、貴重なデータを活用することが自社にとって大きくプラスに働く可能性があります。

↑
気になる語句で検索してみましょう!