名刺管理で見なおす働き方改革

名刺の文化から未来を考える

投稿日:  最終更新日: 2019年11月14日
目次はじめに名刺が持つ利便性を考える名刺をデジタル化するには はじめに 現在、世界ではどんどんIT化が進み、アナログなものに違和感を感じる程になってきました。その中の例として、人との出会いがあげられるでしょう。今までの私…

名刺の文化から未来を考える

はじめに

現在、世界ではどんどんIT化が進み、アナログなものに違和感を感じる程になってきました。その中の例として、人との出会いがあげられるでしょう。今までの私たちの常識では、人と会ってそれをつながりとして残していくツールは名刺や電話帳などのアナログなものでした。しかし、アメリカでは現在、名刺を持たない人が増えてきているのです。これはなぜか。FacebookやLinkdInなどのITの革新が原因として考えられる事でしょう。いわゆるSNSは人との出会いをITを駆使することによって、結ぶことができます。そして、知らない人とでも出会う事ができるような場がここにはあるのです。しかし、一方で日本を含むアジア全般では、名刺が今でも根強く文化として残っています。これはなぜか。文化が関係していることが考えられるでしょう。今回はそんな『名刺』の未来について考える回です。

 

名刺が持つ利便性を考える

名刺はそもそもどんな歴史を歩んできたのでしょうか。名刺文化の起源は中国だと言われています。初めは訪問時に相手が不在だった場合、木や竹に名前を書いて置いた所からはじまっています。日本で名刺文化が始まったのもやはり相手が不在時の時、紙に名前を書いて置いていったことから始まっています。これがどんどんとカタチを変えていき、自分を紹介する時のツールとして用いられるようになったとされています。ここで何故、名刺が生まれ名刺の文化がこうして根付いたのか考えてみましょう。その答えは『簡単』だからです。やはり会った相手に手っ取り早く名前と連絡先を伝えるには、現状名刺が一番良いのでしょう。また、文化が原因としてあると考えられます。日本でビジネスの場は礼儀を重んじる傾向があります。そのため、その場でスマホやデジタルデバイスを取りだすことは、しづらいことでしょう。そのため、日本やアジアにおいてはまだ、名刺という文化が残っています。

名刺が持つ利便性を考える

名刺をデジタル化するには

名刺はおそらく今すぐにデジタル化ができるような状態ではないと考えられます。理由は文化に根付いているからです。しかし、名刺はなくなっていくことも考えられるでしょう。今、名刺がIT化しているのは、名刺管理の領域でだけです。スマホで撮影したり、スキャナでスキャンをするなどして、どんどんとデータ化していっています。データの名刺交換ができるアプリも開発されています。Eightはデータ化した名刺を交換する機能がついています。名刺交換をIT化することは既にできるだけのテクノロジーは今、既に存在しています。そのため、文化という壁を越えた先には、名刺交換という行為が、完全なIT化を果たしているかもしれませんね。

 

 

 

blank blank
この記事の情報は2019年11月14日のものです

この記事で使われている用語を知る

blank blank

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

blank

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

blank

名刺管理エクセル
テンプレート

blank

名刺管理ノウハウ集

blank

3分で分かるSansan

↑