名刺管理で見なおす働き方改革

名刺がチャンスをつかむ『名刺を持つべき理由』

投稿日:  最終更新日: 2019年11月14日
目次 名刺を持っていない方はいらっしゃいますか?名刺は「人が持つ潜在的なニーズ」を満たしている名刺をもてば変わる、つかむ、絶好のチャンス名刺は管理する 名刺を持っていない方はいらっしゃいますか? 名刺はビジネスではなくと…

名刺がチャンスをつかむ『名刺を持つべき理由』
名刺を持っていない方はいらっしゃいますか?

名刺はビジネスではなくとも便利なツールとして役立ってくれます。これは何故か?その答えは人間の根本的な欲求と連動しています。その感情とはなにか?「人とつながりたい」という感情です。人は潜在的に人とのつながりを意識しています。その証拠に今、人とのつながりをビジネスにした大きなイノベーション、Facebookはアメリカだけではなく、世界の誰もが使うサービスとなり、ITの世界で遠くにいてもつながりを持てる貴重なサービスとされています。昔でもそうです。携帯電話を持ち始めた頃、出会った人と気が合えばアドレスを交換して、メールをしませんでしたか?人は潜在的につながりたいという感情を持っているのです。

名刺は「人が持つ潜在的なニーズ」を満たしている

 名刺は「人が持つ潜在的なニーズ」を満たしている

では名刺はどうでしょう。人とのつながりを維持してくれる貴重なツールでしょう。行った先でビジネスの話しで盛り上がり、一緒に何か企画を立ち上げようという話しをした時、名刺を交換するでしょう。また、これから仕事を一緒にしていこうという営業先の人間にも名刺を渡すことでしょう。しかし、名刺はビジネスマンが持つものという認識がまだまだ多いです。これは非常にもったいないです。

名刺という紙のネームカードにはFacebookと変わらない人と人がつながる重要な「絆」があるのです。そのため、一期一会のつながりを大事にするためにもあなたは名刺を持つ必要があると考えられます。

名刺をもてば変わる、つかむ、絶好のチャンス

そして名刺の利点はこの世に存在する全ての人とつながるツールの中で、実際に本人を目の前にした時、一番早くつながることができるツールなのです。例えば先にあげたFacebookを考えてみましょう。Facebookでは会ってすぐにつながるには、ある程度の条件が必要です。①電波がある②相手がFacebookをしている③5分以上の時間がある。この3点を満たさなければなりません。意外とその場でFacebookでつながるということは難しいのが分かるでしょう。

それとは対照的に名刺はどうでしょうか。圧倒的に早いスピード感で相手とつながることができます。なぜなら渡すだけだからです。一方的ではありますが、相手とつながる絆を結べるだけでも大きな価値なのです。そのため、少ないチャンスを活かそうと考えるのであれば、確実に名刺は、あなたが学生だろうと、ビジネスマンでなかろうと、持っておくべきツールなのです。

名刺は管理する

 名刺は管理する

そしてここからは名刺を持っているビジネスパーソンにも共通して言えることですが、名刺は管理を必ずするということです。これはなぜか。管理しなくては価値が発揮できないからです。名刺はデスクの上に置いているだけでは何もなりません。きちんとエクセルでもアプリでもいいので、管理しましょう。そして、つながりを絶やさないためにも連絡は名刺交換をした後にもしっかりと取ることを心がけましょう。

いかがでしたでしょうか。名刺は人と人とがつながるとても貴重なツールであり、交換した名刺はしっかりと管理しなくてはもったいないということがわかっていただけましたでしょうか。ぜひとも名刺を持っていない人は、名刺を持ちましょう。そして、名刺コレクターになって管理していない人は、管理することを心がけるようにしましょう。

 

blank blank
この記事の情報は2019年11月14日のものです

この記事で使われている用語を知る

blank blank

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

blank

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

blank

名刺管理エクセル
テンプレート

blank

名刺管理ノウハウ集

blank

3分で分かるSansan

↑