ビジネスを加速させる「弱いつながり」は名刺でつくる - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

ビジネスを加速させる「弱いつながり」は名刺でつくる

投稿日:2017年10月03日  最終更新日: 2017年10月06日

「課題の改善ができない」「ビジネスが拡大しない」といった課題を抱えていませんか?「弱いつながり」は、新しいアプローチのヒントを得る手段として注目されています。

この記事では「弱いつながり」の概要や作り方、継続の仕方について紹介します。

「弱いつながり」とは

よく知る友人や肉親という親しい人から情報を得るよりも、「あまり知らない・親しくない人」から得る情報の方が、新しい情報を与えてくれるという理論が「弱いつながり」です。

親しい人は、同じ人やグループから情報を得ている場合が多く、情報が重複し同じ内容の話を何度も聞くことになってしまいます。この親しい人のグループを「強いつながり」といい、情報交換という観点からみたとき、新しい情報が入りにくく、情報収集の効率が悪いとされているのです。

逆に「弱いつながり」は、普段属しているグループ外からの情報を得られるので、「有益な情報」を手に入れやすくなります。より多くの人と「弱いつながり」を築いていくことが重要なのです。

「弱いつながり」の定義とは?

では「弱いつながり」の定義とはいったい何なのでしょうか。実は、この関係性には明確な定義がありません。

社会学の権威である、スタンフォード大学社会学部のマーク・グラノヴェッター教授が「弱い紐帯の強さ」を唱えたのが始まりと言われ、1973年に論文を発表してから30年以上、経営学で引用されています。

弱いつながりとビジネスとの関係性

ビジネスにおける「弱いつながり」とは、あなただけが「外部のビジネスパーソンとつながっている」状態です。例えば、あなたの会社の製品を使いたい人が、自分で調べて問い合わせをしてきた際、受付したのがあなただった場合、「弱いつながり」がそこで生まれたことになります。

また、会う頻度が低い人や社会的つながりが少ない人も同様です。あまり接点がなく、相手にとってあなただけがそのネットワークの接点である状態も「弱いつながり」といえます。

ただし、「弱いつながり」にならない初対面のビジネスパーソンもいます。それは、もともと「強いつながり」を持つ企業の相手です。ビジネスマンは誰もが「強いつながり」を持っています。長年付き合いがある企業がその一例です。仮にあなたと初対面の人だったとしても、すでに他部署により親交がある人がいる場合は「弱いつながり」ではなく、「強いつながり」に分類されます。

「弱いつながり」の概要はわかりましたが、なぜ「弱いつながり」による情報収集が重要なのでしょうか。次の章では、「強いつながり」との対比を交えながら、その重要性について紹介します。

「弱いつながり」はなぜ重要なのか


課題を解決したり、ビジネスをよりよくするための「情報」「意見」「戦略」は、新しい切り口や考え方が必要です。その改革において重要なのは、社内の「強いつながり」から出るアイディアではありません。まったく別の観点からのアイディアが必要なのです。

なぜ別の観点からのアイディアが必要なのか、組織が「弱いつながり」を重要視したい理由を解説していきましょう。

「強いつながり」だけだと選択肢が少なくなる

「強いつながり」、つまり社内や頻繁に打ち合わせするクライアントといった社会的につながりが深いキーパーソンは、同じコミュニティ内にいる場合がほとんどです。例えば、同じ業界、職種、地位など、コンスタントに会える関係というのは、同質性・類似性が高い傾向にあります。

 

強いつながり 弱いつながり
会う回数 多い 少ない
一緒にいる時間 多い 少ない
情報交換の頻度 多い 少ない
家族・友人関係 ある場合が多い ない場合が多い
有益な情報である可能性 少ない 多い

イメージしやすいのがFacebookやTwitterなどSNSの関係性です。強いつながりの延長線上にあるSNSは、同じ価値観を持った人を多くフォローしていたり、仲のいい友人とコンタクトを多く取ったりします。タイムラインに流れてくる情報も、共通の話題が多いのではないでしょうか。ビジネスにおいての「強いつながり」も同様です。

そのため、閉鎖されたコミュニティ内でいくら情報交換をしても、代り映えしない情報をやり取りしているだけで、新しく革命的な話は入ってきません。そこで注目したいのが「弱いつながり」です。

人の価値観や行動に干渉しない

「弱いつながり」は有益な情報を獲得したとしても、個人や組織の行動や価値観に大きな変化はもたらしません。そのため、有益な情報を得てそれをどう活かすか、客観的に吟味できます。逆に「強いつながり」では、同調しお互いに干渉していく傾向があります。例えば、組織内では、お互いに干渉し、無意識化で個人が突出しないように足並みをそろえる傾向にあります。

組織強化の観点でいえば素晴らしいことなのですが、外部の変化や流行に取り残され、企業危機に陥る危険性も秘めています。そこで活用したいのが、「弱いつながり」です。弱いつながりを大切にして常に新しい風を取り入れることで、トレンドを取り入れ、時代に取り残されない会社・組織作りに活かせます。

「弱いつながり」をつくるための方法

どんなビジネスパーソンでもすぐに実践できる、すでにある情報で始められる方法があります。それは、「名刺交換」です。

ビジネスマンは、商談や展示会、セミナーで会った相手と名刺交換をするのが慣例になっていますよね。しかし、契約につながらないからといって、その名刺情報をそのままにしていませんか。「弱いつながり」を活性化させようと企業を集め、そこで今まで会ったことないビジネスパーソンに出会い名刺交換をするという構造は、まさしく「弱いつながり」を作る方法のひとつといえるでしょう。

名刺管理が「弱いつながり」を持続させる

さまざまな方法で名刺交換をしても、管理体制が整っていなければ連絡を取り続けることは難しいでしょう。営業個人で管理するのもいいですが、「弱いつながり」を維持し続けるにはデータベースにまとめるのが効率的です。

例えば、名刺を読み込んでExcelで管理したり、名刺管理サービスを利用したりするなど管理の方法はさまざまです。しかし、情報保護の観点や名刺読み込みの利便性を考えると、名刺管理サービスを活用した方が効率的かつ安全に個人情報を管理できますよね。

名刺が「弱いつながり」をつくる

名刺管理サービスは、「弱いつながり」を継続的なものにすることに長けています。法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を例にあげながら、名刺管理サービスの利便性をお伝えします。

名刺のデータ化が簡単にできる

名刺をスキャンするだけで顧客情報がデータ化され、データベースにまとめられます。社内全体で共有できるので、他部署で交換された名刺などもチェックすることができます。

メール送信が簡単

名刺交換をして、しばらくコンタクトを取らない相手とは「弱いつながり」さえも消滅してしまいます。

そこで活用したいのが高い返信率を誇るメール送信機能です。名刺情報を綿密に読み込むので、会社名や役職、名前などの誤字がありません。そのため、一括送信でありながら個別応対のようなメッセージを送信でき、弱いつながりを維持するための情報発信やコンタクトが容易にできます。

顧客とのやりとりを履歴に残すことができる

頻繁に連絡をする必要はありませんが、最後の連絡から期間が空きすぎると、せっかく繋がった相手との関係性がなくなってしまうので注意が必要です。メールを1件1件手動で送信した場合、いかにもテンプレート送信したとわかる凡庸な文章になってしまいがちです。

さらに最後に連絡した日にちを忘れてしまったり、重複連絡してしまう可能性が高まります。すると、相手もあなたからの連絡は情報を得られないと判断し、メールを開けてくれなくなるでしょう。

しかし、Sansanの名刺管理サービスを活用すれば、他部署や営業のやり取りが履歴として残るだけではなく、その顧客がどのような人柄か、何が好きかなど詳細を残せます。

そのため担当が変更しても、変わらぬ対応ができるので、頻繁に連絡をしない弱いつながりでも関係性を保ち続けられるのです。

おわりに

「弱いつながり」というのは、新しく有益な情報を獲得するために必要な関係です。それは誰もが簡単に手に入れられますが、継続するのは難しいことですよね。そんなときは名刺管理アプリやサービスのような「人脈をつなぎとめるツール」を活用し、より多くの「弱いつながり」を得て、ビジネスに還元していってください。

弱いつながりがビジネスにもたらすインパクトを聞きました。
↓↓資料ダウンロードはこちらから↓↓

この記事の情報は2017年10月06日のものです

この記事で使われている用語を知る

ダウンロード資料

名刺管理を通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!