おしゃれなスケルトン名刺を持つ効用とは? - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!
名刺管理で見なおす働き方改革

おしゃれなスケルトン名刺を持つ効用とは?

投稿日:2017年04月07日  最終更新日: 2017年12月25日
スケルトン名刺とは

透明な名刺や半透明な名刺を「スケルトン名刺」と呼びます。スケルトン名刺は使っている人が少ないので、渡した時に相手に驚いてもらえる可能性が高いです。自分を強く印象づけたい時、強い味方となってくれるでしょう。

スケルトン名刺にはどのような材質が使われているのでしょうか。また価格は普通の名刺と比べてどれくらい高いのでしょうか。他にも、スケルトン名刺を持つことのメリットやデメリットには何があるのでしょうか。

スケルトン名刺の特徴を確認してみましょう。

スケルトン名刺にはどんな材質が使われているのか?

スケルトン名刺に使われている素材は一般の名刺とは異なります。一般の名刺に使われている素材はスノーホワイト用紙やマシュマロホワイト用紙といった紙類であるのに対し、スケルトン名刺では半透明フィルムやトレーシングペーパーが使用されます。通常の用紙では透明感を出すことができないため、専用の素材が必要になってくるのです。

水や湿気に強く、半透明にデザインを加えたセンスのいい名刺に仕上げることができます。

スケルトン名刺を持つことのメリット

スケルトン名刺を持つことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。名刺は新たなビジネスを獲得するために大切な、自分の分身ともいえるものです。あえて高級なスケルトン名刺を使うことのメリットをみていきましょう。

高価な名刺を送ることでビジネスに対する気持ちの強さを伝える

高価な名刺を受け取った相手は、ビジネスに対する気持ちの強さを感じとってくれるのではないでしょうか。名刺ひとつであっても費用をしっかりとかけて、完成度の高いものを追求していく姿勢があることを相手に見せることができます。

高い名刺を配る場合、新たなビジネスを獲得しないと赤字となってしまいます。その分、自分のことをしっかりと記憶に残してもらい、人間関係を構築していきたいという仕事への気持ちを伝えることができるのです。

おしゃれな名刺を持つことで自信が持てる

おしゃれな名刺があれば、それだけで自信が持てるものではないでしょうか。名刺を渡す時、気後れすることなく自己紹介ができます。名刺を自分の分身として考えるならば、ぜひ相手に持っていてもらいたいと思うようなものを送る方が、気持ちにはずみがつくはずです。

また、名刺を通して話を盛り上げることもできるので、話題があるという意味でもメリットがあるでしょう。

渡した相手の反応が楽しい

スケルトン名刺はまだまだ持っている人が少ないため、渡された相手が驚くということも多いようです。

「ちょっと変わった名刺を渡すことでサプライズを感じてもらえる」と、名刺交換時に相手の反応があることを喜んでいるスケルトン名刺ホルダーもいます。

スケルトン名刺を持つことのデメリット

一方で、スケルトン名刺を持つことによるデメリットもあります。まだまだ社会的認知度が低いため、やや奇抜にみえてしまうことなどがその一例です。その他のデメリットをみていきましょう。

伝統的またはまじめさが求められる業界では少し目立ち過ぎる

まじめさが求められる業界では奇抜すぎる可能性があります。いかに自分を知ってもらう必要があるといっても、相手が眉をひそめるようなことになっては意味がありません。手堅い印象を与えた方がいい業界と名刺交換をする機会が多いならば、無難な名刺を使ったほうがいいでしょう。

価格が高くなる

一般名刺と比べて料金が高くなってしまうのも難点といえます。スケルトン名刺を毎日配るとコストがかさみます。日々の外回りで大量の名刺を配るといった場合に「コストをペイできるのか」といった問題がついてきます。

もし、名刺を配る機会は多くないものの、チャンスにおいてはしっかりと自分を印象づけたいと考えている方にとっては、有用なものであるといえます。

個人事業主の方やフリーのライター、イラストレーターならセンスをアピールできますし、活動の基盤が制作にあるなら、毎日配るということもあまりないかと思いますので、コストパフォーマンスがいいのではないでしょうか。美容師やサーファーなどで、スケルトン名刺を使って、おしゃれな自己紹介をしている人もいるようです。

名刺にメモが書き込めない

日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、欧米では名刺をメモ代わりにして、相手の情報を書くことがあります。

ただ名刺交換をして自己紹介をしていくだけでは、なかなか相手のことを覚えることはできません。名刺交換した日付や相手の特徴、話の内容などを簡単に書きこんでおくと、思い出すことが容易になります。

グローバル化がますます進んでいる昨今では、外国人のビジネスパーソンと名刺交換をする機会も増えているのではないでしょうか。名刺にメモを書くビジネスパーソンと商談をすることも増えていくことでしょう。

スケルトン名刺の場合、メモ書きすることができないため、そういった面では不便かもしれません。しかし2017年4月現在では、スケルトン名刺を使用している人はまだ少数派であるため、メモ書きなどができなくとも強い印象を与えることができるでしょう。

スケルトン名刺を注文する方法

スケルトン名刺はどこの印刷会社でも作成できるものではありません。スケルトン名刺を作成できる印刷会社を見ていきましょう。

名刺作成のファースト

名刺の一覧から好きなデザインを選び、用紙の材質を決めることで発注できます。テンプレートが用意されているほか、デザインにおいてもデータを渡すことでオリジナルの名刺を作成することができます。また、専属のデザイナーに依頼することで、アレンジを加えることも可能です。

名刺作成のファースト

印刷屋さんにぶんのいち

完全防水のスケルトン名刺や、金銀などの加工をほどこした不思議な魅力のある名刺、半透明の花をあしらったような柔らかい印象のある名刺など、多様なスケルトン名刺を作ることができます。無料サンプルを請求することもできるので、完成後のイメージが確認しやすいというメリットもあります。

印刷屋さんにぶんのいち

スタジオ アシンメトリー

14種類のテンプレートからお気に入りのスケルトン名刺を選ぶことができます。あとは、書体と文字色を指定すればいいだけですので、複雑なやりとりをせずに発注することが可能です。スケルトン名刺以外にも、バーコード付き名刺やMAP付き名刺などの作成を依頼することもできます。

スタジオ アシンメトリー

スケルトン名刺作成に必要な料金

スケルトン名刺は特殊な素材に加工を施して作成していくため、普通の名刺よりも価格が高くなります。どれくらいの料金になるのでしょうか。一般名刺の料金と比較して見ていきましょう。

一般名刺の価格

「vistaprint」という印刷会社では、名刺を印刷してもらえるほか、パンフレットやチラシの印刷なども依頼することができます。

例えば、この「vistaprint」ではフルカラー印刷が100枚980円で作成してもらうことができます。他にもCMでおなじみの「ラスクル」では、カラー印刷が100枚463円からで依頼することが可能です(価格は2017年4月時点)。

一般名刺の場合、印刷会社にもよりますが、低価格をウリにしているところであれば、500円前後。品質面をウリにしているところであれば、1,000円前後で依頼することができます。

モノクロの名刺でよければ、さらに安い価格で依頼することができますので、毎日大量に配る人にとっては、こちらの方が費用対効果が高いともいえます。

スケルトン名刺の価格

一方、スケルトン名刺は値段が少々高くなります。

「名刺作成のファースト」では、片面モノクロ印刷でも100枚3,900円となっており、片面カラーであれば4,500円、両面カラーとなると5,600円になります。

他にも「印刷屋さんにぶんのいち」では片面印刷のみですが、100枚3,800円〜という料金設定となっております。

スケルトン名刺はセンスのいいものが多いのですが、料金面においてはネックになるかもしれません。

※価格はすべて2017年4月時点

最後に

一般名刺の数倍の費用のかかるスケルトン名刺を使うことに、足踏みしてしまう方もいるかもしれません。しかし、自分のセンスを表に出していくうえでこれほど有益なものも他には少ないのではないでしょうか。

名刺交換における印象を変えることで、ビジネスにおいて新たな成果を獲得していくことができる、そう考えられる場合に、スケルトン名刺を試しに使ってみるのも面白い挑戦といえるでしょう。

この記事の情報は2017年12月25日のものです

この記事で使われている用語を知る

ダウンロード資料

名刺管理を通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!