名刺管理で見なおす働き方改革

名刺整理に最適な名刺ホルダーとは?

投稿日:2016年07月26日  最終更新日: 2017年09月21日
目次増えていく名刺、あなたはどうしていますか?まずは使える名刺と使えない名刺に分ける使える名刺とは?使えない名刺とは?名刺整理には、名刺ホルダーを使って回転式名刺ホルダーを使ってバインダー式名刺ホルダーを使ってファイル式…

増えていく名刺、あなたはどうしていますか?

増えてく名刺 ビジネスパーソンの頭を悩ませることの一つに、日々増えていく名刺があります。 あなたはどうしていますか? 増えるに任せてそのまま放置している人も多いことでしょう。 でも、頭のどこかで、なんとかしなくては、と思っているのではありませんか? それなら、この機会に、なんとかしてみませんか?

まずは使える名刺と使えない名刺に分ける

まずは、放置されている名刺を、使えるものと使えないものに分けてみましょう。

使える名刺とは?

使える名刺とは、名刺交換した後に、すぐ連絡をとった人の名刺や、これから連絡をとる予定のある名刺です。 あと、名刺の名前を見たとき、すぐにその人の顔を思いべることのできる人の名刺も使えるといえるでしょう。 顔と名前が一致しているということは、印象が残っているということです。 印象が残っているということは、あなたの頭が、ビジネスチャンスにつながるかも、と思ったのだともいえます。 たとえすぐにビジネスにはつながらなくても、印象の強い人は、なんらかのパワーを持っています。 名刺を保存しておいて損はないといえるでしょう。

使えない名刺とは?

使えない名刺とは、もらって数年たっても、一度も連絡をとったことのない相手の名刺です。 その名刺を見てもどんな人からもらったのか、いつもらったのか、一切記憶のない人の名刺も、使えない名刺に分類してもいいでしょう。 ただ、人の印象はなくても、その人の所属する会社にビジネスチャンスを感じるなら、使える名刺のほうに分類してもいいかもしれません。 ビジネスのきっかけになることもあるかもしれません。

名刺整理には、名刺ホルダーを使って

名刺を分けたら、次は、整理しなくてはいけません。 名刺整理には、名刺ホルダーを使ってみましょう。

回転式名刺ホルダーを使って

机の上に置いて使える回転式名刺ホルダーには、「使える名刺」を整理しておくのがおススメです。 回転式名刺ホルダーは、その名の通り、名刺を入れておいて、回転しながら使うことができます。 よく使う名刺を保存しておくのにピッタリです。 取引相手と連絡を取りたくなった時に、すぐに目当ての名刺を見つけることができるでしょう。 名刺整理の方法としては、五十音順と、時系列順があります。 一番最近名刺交換をした人と、よく連絡を取り合うことの多い人なら、時系列順で、そうではなくて、五十音順のほうが探しやすいと思うのなら、五十音順に並べておくとよいでしょう。

バインダー式名刺ホルダーを使って

差し替えが簡単にできる、バインダーになっている名刺ホルダーは、名刺整理に向いているといえるでしょう。 特に、五十音順や、業種、業界別に分類して保存したい人に、向いています。 差し替えが簡単にできるので、後から順番を変えたりするのにも便利です。

ファイル式名刺ホルダーを使って

クリアファイルになっている名刺ホルダーの利点は、順番が入れ替わらないことです。 これは、時系列で名刺整理をしたい人に最も適している名刺ホルダーといえます。 もらった順にどんどん入れ込んでいけばいいのですから。 バインダーのように、差し替えができてしまうと、なにかの拍子で順番が入れ替わってしまう可能性もあります。 ページがバラバラになってしまうかもしれません。 五十音順に整理しているのなら、すぐにまた直すことができますが、時系列だと、分からなくなってしまうこともあります。 その点、固定されているクリアファイルなら、ページが入れ替わることもなく、時系列に並べていきやすいといえるでしょう。

使えない名刺は処分しましょう

shredder-71774_960_720 使えない名刺は、処分しましょう。 処分するときには、シュレッダーにかけるのも忘れずに。 名刺は個人情報なので、取り扱いには気を付けなければいけません。 それでも一応保存しておきたいと思うのなら、ボックスタイプの名刺入れに、まとめて置いておきましょう。
この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!