名刺整理に役立つ3つのコツとは - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

名刺整理に役立つ3つのコツとは

投稿日:2016年10月11日  最終更新日: 2016年10月13日

意外と大切な名刺整理

organize

あなたは名刺をどのように整理していますか。それとも名刺整理は時間の無駄なのでやっていない…なんてことはありませんか。

名刺の整理は地味な作業なので、それほど重要だと考えていないかもしれません。しかし、名刺には営業成績アップに役立つ情報がたくさん詰まっています。そこで、名刺整理に役立つ3つのコツを学び、より「できる営業マン」を目指してみましょう。

1. 整理はもらったその日のうちに整理する

calendar-1085557_640

名刺整理の基本中の基本とも言えるのが、名刺をもらったらその日のうちに整理してしまうことです。

名刺をもらった記憶がまだ新しいうちに整理してしまえば、面談を振り返る機会にもなります。よほど整理好きな人はともかく、多くの人は膨大な量の情報を整理するとなると、尻込みしてしまいます。量が少ないうちに、早めに整理を済ませるとストレスが少なくなります。

とはいえ、毎日名刺整理をすることは非効率に感じるかもしれません。そんなときには、名刺ホルダーを活用してみましょう。データ化をしないまでも、あらかじめ一定の整理をしておくことができます。こうすれば、いざデータ化しようとなった段階でも、スムーズに作業を進めることができます。データ化の際にあちこちから出てくる名刺をかき集めている人は、今すぐ名刺ホルダーを注文してみてはいかがでしょうか。

名刺ホルダーは、手ごろな価格で入手できます。整理のストレスから自分を解放するためにも、無印良品やアスクルなどの名刺ホルダーの利用を検討してみましょう。

2. 無料アプリで手軽にデータ化

名刺を整理するなら、データ化するのもおすすめです。データ化の際には、エクセルシートなどを使う方法があります。しかし、自分で手入力していると、時間がかかる一方で、精度が不十分となる可能性があります。そこで、名刺のデータ化にアプリを利用してみるのはいかがでしょうか。

アプリを使うと聞くと、コストが高いのではないか、と不安を感じるかもしれません。しかし、名刺管理アプリの中には、無料のものが多くあります。そのため、アプリ導入コストをかけずして、名刺をデータ化することができます。

もし途中でアプリの使い勝手が悪いとわかった場合でも、無料であれば会社に金銭的損害は及びません。まだ名刺管理アプリを利用したことがないなら、一度無料のものをいくつかダウンロードしてみましょう。はじめはいくつかのアプリを比べてみることで、どのアプリが自分にとって最適化を判断できます。

3. 営業データと合わせて分析

meeting-1184892_640

データ化して名刺整理が進んでくると、蓄積されるデータ量が次第に多くなっていきます。この名刺データを、ただ名刺に書かれていた情報を検索するだけではもったいないです。

せっかくデータがあるのなら、営業データと組み合わせて分析を行えるようにしましょう。こうすることで、営業活動と名刺データを結び付けることができます。

ここで、具体的なデータ分析結果の活用方法について把握します。まず、取引量が変化している顧客がいるとわかれば、速やかに連絡先や担当者などを確認することができます。もし取引量が増加しているなら、どのようなニーズが増加したのかを分析し、他の顧客に対する営業に役立てましょう。

一方、取引が減少している顧客には、減少の理由を尋ねる必要があります。場合によっては面会するなどして取引減に歯止めをかけることが求められます。

名刺整理を単純作業と考えると、つらく感じてしまいます。そこで、面倒な作業は名刺管理アプリに任せてしまいましょう。名刺管理アプリの利用で生まれる時間を、営業データと名刺データの分析に充てることができます。こうすれば、同じ時間を使って、よりよい営業につなげていけるというメリットが得られるのではないでしょうか。

↑
気になる語句で検索してみましょう!