名刺管理で見なおす働き方改革

名刺の読み取りツールに必要なOCRとは

投稿日:  最終更新日: 2019年11月21日
目次OCRとは名刺管理ツールでOCRが必要な理由OCRの読み取り精度をあげる様々な取り組み(1)オペレーターによる再入力(2)カメラ補正機能・手ブレ防止機能(3)撮影台などの工夫 OCRとは OCR(Optical Ch…

名刺の読み取りツールに必要なOCRとは

OCRとは

OCR(Optical Character Reader)とは、光学文字認識のことり、具体的には、紙文書の画像をコンピューターで編集できる形式(文字コードの列)に変換するソフトウェアを指します。スキャナーや複合機にはほぼ必ずといっていいほど搭載されています。

ただし、その画像をテキストデータに変換する精度は100%には程遠いというのが現状です。数字や英語がなかなか読み取れなかったり、誤入力が頻繁にされて、ほぼ必ずといっていいほど手直しをする手間がかかってしまうのが、今の技術の限界ということでしょう。

名刺管理ツールでOCRが必要な理由

名刺管理ソフトやアプリにもOCRが搭載されています。
読み取った画像データをテキストデータに変換することで、名刺を検索することが可能になります。メールアドレスや電話番号がテキストデータとして保存されれば、アプリケーションからワンタッチでメーラーを立ち上げられたり、電話することができます。OCR精度が高ければ高いほど、効率的な名刺管理ができるということです。

逆に、OCRが不完全であることは、名刺という個人情報の塊を管理するには不十分とも言えます。
名刺に記載されている情報は100%正確である必要があります。メールアドレスや電話番号など、一文字でも異なれば利用できない情報ばかりです。こういった情報を名刺管理ツールで誤ったまま管理してしまうと、連絡がとれなくなることもあります。

名刺が正確に読み取れない場合、ユーザー自らの手で改めて入力をし直す必要があり、かえって非効率な名刺管理手法になってしまいます。手入力が手間で、名刺のデジタル管理に挫折する人も多いようです。

OCRの読み取り精度をあげる様々な取り組み

OCR精度以外にも名刺の読み取り精度を向上させる様々な仕組みがあります。たとえば、アプリ

(1)オペレーターによる再入力

オペレーターによる再入力

カメラやスキャナのOCRで読み取った画像データを、アプリケーションベンダーのサーバーに送ります。送られたデータは、オペレーションセンターにて複数の人間が目視で確認し、手入力をして正確なデータを確定し、送り直します。人間の手入力を挟むことでほぼ100%正確なデータ化が完了します。

(2)カメラ補正機能・手ブレ防止機能

カメラ補正機能・手ブレ防止機能
スマートフォンアプリなら、カメラで名刺を撮影する際、手振れを防止したり、カメラを設定する機能がついているものがあります。

(3)撮影台などの工夫

撮影台などの工夫
カメラ補正や手ぶれ防止機能など、技術的に読み取り精度を高めるだけではなく、物理的にうまく名刺を撮影できるような器具をユーザーにプレゼントすることもあるようです。

blank blank
この記事の情報は2019年11月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

blank blank
blank

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

blank

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

blank

名刺管理エクセル
テンプレート

blank

名刺管理ノウハウ集

blank

3分で分かるSansan

↑