究極の名刺管理!名刺管理を極めて売り上げアップにつなげよう! - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

究極の名刺管理!名刺管理を極めて売り上げアップにつなげよう!

投稿日:2016年04月19日

名刺管理に対する意識を変えよう

売り上げ

営業活動をしていると、たくさんの名刺をもらいます。そんな名刺の数々が、束になって会社の机の上に置いてあるということはありませんか?または、名刺ファイルがいっぱいになって、収拾がつかなくなっているということはありませんか?

場合によっては、いざ名刺が必要となったとき、目当ての名刺がなかなか見つからないということもあるかもしれません。名刺管理を、煩雑なものととらえないで、自分の売り上げアップにつなげるステップにしてみましょう。

名刺管理に目的を持とう

あなたにとって、名刺管理の「目的」とはなんでしょう。ただ漠然と名刺を保管しておくのではなく、「目的」をもって管理することが、売り上げアップにつながります。

例えば、目当ての名刺をすぐに探せるようにしておくことも、目的のひとつといえるでしょう。探す時間も手間、無駄な時間だといえるからです。

ほかにも、もらった名刺に記載してある情報をデータ化することや、顧客の新たな情報を、常にリストアップしておくことなども、売り上げアップにつながる目的といえるでしょう。

名刺管理の課題とは?

日々増えていく名刺を、分類して整理し、きちんと管理することは、大変なことです。特に展示会などでは、一度にたくさんの名刺をもらうことになります。それが連日続く期間などは、もはや収拾がつかなくなってしまうかもしれません。そうなると、名刺を紙のまま保管するのでは、名刺を営業に活用できないことになってしまいます。

また、目当ての名刺を探すだけで、かなりの時間ロスになりますし、顧客に連絡を取りたいとき、すぐにできなかったりしますね。

さらに、データ化していないと、年賀状や暑中見舞いなどを送るとき、宛名ラベルにいちいち入力しなければなりませんね。
こうなると、名刺が売り上げアップに貢献しているとは言いがたい状況に陥ってしまいます。

売り上げアップにつながる名刺管理法

名刺管理の目的を見極め、名刺管理の課題をクリアしていくための名刺管理はどのようなものでしょう。名刺管理には色々な方法がありますが、ひとつひとつ考えていきましょう。

1. 紙のままでの名刺管理する方法

保管する名刺の数や、業務の内容によっては、紙のままの名刺管理でも、支障がない場合もあります。紙のままの名刺管理の例をあげてみましょう。

  • もらった順に名刺ファイルに入れていく
  • 日付を書き込んでノートに貼っていく
  • 名刺ホルダーに五十音順に入れていく
  • 回転式名刺ホルダーに入れていく

一方、紙のままの保管は、紛失に注意することと、常に整理・保管し続けなければならないなどのデメリットもあります。

2. 無料の名刺管理アプリで個人で名刺管理

OZP86_iphonemitenikoniko_TP_V1

名刺の数も増えていき、紙のままの管理では追いつかなくなったときは、スマホで簡単に管理できる名刺管理アプリのインストールを考えてみましょう。これなら無料で便利に使えるものも多いですし、名刺管理がスマートにできます。

スマホでの名刺管理では、まずもらった名刺の画像を撮ります。それが自動的にテキスト化されて、アプリ内に保存されます。

テキスト化されるときの精度は、アプリによって違いはありますが、間違いは自分で入力し直せるものがほとんどなので、それほど問題ではないでしょう。

中には「Eight」のように、オペレーターが手入力してくれるアプリもあるので、利用してみるのもよいでしょう。ただ、無料のアプリの場合、利用制限が設けられていることもあります。アドレス帳程度に考えているのなら、これでもかまいませんが、一歩進んで営業力アップを狙ってい人には、物足りないかもしれません。

3. 有料の名刺管理ツールで会社単位で情報を共有

会社

無料の名刺管理アプリから一歩進んで、有料の名刺管理アプリを導入するのは、会社単位での名刺情報の共有の促進につながります。自分がもらった名刺だけではなく、会社全体で、社員がもらった名刺の情報を活用できるようになるので、営業活動のレベルアップが望めます。

しかし、もちろんデメリットもあります。これは名刺をデータ化した場合全般に言えることですが、会社で共有することで、顧客の情報が漏えいするリスクが高まるため、セキュリティをきちんと整備する必要があります。

しかし、そのことをふまえて、名刺情報を活性化していくことが、あなたの売り上げアップにつながっていくのです。

名刺管理の方法は、このように多種多様です。あなたの営業活動に合ったものを選び、より効率的に仕事を進めていきましょう。

↑
気になる語句で検索してみましょう!