無印良品の名刺ホルダーで名刺管理を行おう! - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!
名刺管理で見なおす働き方改革

無印良品の名刺ホルダーで名刺管理を行おう!

投稿日:2016年04月22日  最終更新日: 2017年09月21日
目次オフィスに馴染みやすい無印良品の名刺ホルダー裏面も見やすいつくりデータ化との併用可能! オフィスに馴染みやすい無印良品の名刺ホルダー 無印の商品は、シンプルなデザインで知られています。そのため、名刺ホルダーもシンプル…

オフィスに馴染みやすい無印良品の名刺ホルダー

file-folders-923523_640
無印の商品は、シンプルなデザインで知られています。そのため、名刺ホルダーもシンプルであり、オフィス空間に馴染みやすいデザインとなっています。

名刺管理において真に大切なのは、名刺ホルダーではなく名刺本体ですよね。そのため、目立ちすぎることなく、縁の下の力持ちとして活躍してくれる無印の名刺ホルダーはありがたい存在だといえます。

また、派手なデザインにこだわっていないがゆえに、価格も控えめです。営業担当社員の数が多い会社では、名刺ホルダーで名刺管理をするとなれば、必要な名刺ホルダー数が多くなってしまいます。せっかく各部門でコスト削減をしているのに、名刺ホルダー代がかさんでしまってはもったいないですよね。

デザイン、価格ともに控えめな無印の名刺ホルダーを活用し、コスト削減に協力しましょう。

裏面も見やすいつくり

名刺ホルダーの中には、できるだけ多くの名刺をコンパクトに収納できるよう、1つのポケットに2枚の名刺を入れる仕組みのものがあります。この方式だと、同じポケット数でも2倍の枚数の名刺を収納することができます。

しかし無印の名刺ホルダーはそうではありません。無印の名刺ホルダーは、1ポケットに名刺を1枚だけ入れる方式です。なぜ収納枚数を最大化していないのでしょうか。

その理由は、名刺の両面を確認しやすくするためです。名刺によっては、表面と裏面の両面刷りになっているものがあります。表面が日本語、裏面が英語というように、実質的に内容が同じであれば、片面さえ見えれば問題ありません。

ところが、情報量が表裏で異なる場合などは、両面が参照できたほうが便利です。もし片面しか見えない状態でホルダーに入っていると、裏面の情報が活用されないままになってしまいます。

さらに、裏面が見えることによって、片面刷りの名刺の管理にも役立ちます。名刺をもらった際には、相手のことをよりしっかりと記憶しておくために、名刺上に追加情報を記載するのがおすすめです。

追加情報は名刺の表面に記載しても良いのですが、どうしてもスペースが狭い場合があります。そんなときには、名刺の裏面を利用して追加情報を書きこみましょう。無印の名刺ホルダーを使えば、裏面の追加情報もスムーズに確認できますね。

データ化との併用可能!

trash-97586_640
名刺管理をするにあたっては、フリーソフトなどでデータ化することができます。データ化をすれば、名刺を保管するスペースが削減できるほか、データの検索や分析が容易になります。そのため、名刺を紙媒体で保存するのではなく、積極的にデータ化する流れがみられます。

一方、もらいはしたものの、あまり営業の必要性がない相手の名刺などは、わざわざデータ化しなくても良いかもしれません。いきなりシュレッダーにかけてしまうのはさすがにはばかられる。そんなときに、無印の名刺ホルダーを利用して紙媒体で名刺管理をしてみるのもよいのでは。なぜデータ化しなかったのかという理由などを、名刺の裏面に書いておいても良いですね。

そして、1か月ごと、1年ごとなど、定期的に無印名刺ホルダーに入っている名刺の裏面をチェックし、適宜不要だと判断できた名刺をホルダーから出して、シュレッダーにかけていけば、ムダな名刺がたくさんたまる事態を防ぐことができます。

この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

ダウンロード資料

名刺管理を通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!