名刺管理で見なおす働き方改革

CamScannerを使ってEvernoteでも名刺を管理!

投稿日:  最終更新日: 2019年11月18日
データ管理の定番となったEvernoteを利用しているビジネスマンの皆様も多いのではないでしょうか。 スマホアプリを使ってEvernoteで名刺管理をする方法のご紹介です。 目次Evernoteとは?CamScanner…

データ管理の定番となったEvernoteを利用しているビジネスマンの皆様も多いのではないでしょうか。
スマホアプリを使ってEvernoteで名刺管理をする方法のご紹介です。

Evernoteとは?

Evernoteとは「すべてを記憶する」のコンセプトで全世界に5,000万人のユーザを持つデジタルノートです。
EvernoteとWindowsのメモ帳などのテキストエディタとの大きな違いは、パソコンやスマートフォン、タブレットPCなどと記録した文章や写真などを共有できることです。

CamScannerはスマートフォンのカメラをスキャナーライクに利用できるアプリになります。
紙の書類やホワイトボードに書かれた文字などをキレイにデータ化します。

さて、それでは紹介していきましょう。

CamScannerをスマートフォンにインストール

まずはスマートフォンアプリ「CamScanner」をインストールします。
iPhone、Androidに対応しています。

iTunes App store / Google Play

CamScannerをタップして起動します。

CamScannerをスマートフォンにインストールカメラアイコンをタップ、シャッターボタンアイコンをタップして名刺を撮影します。

シャッターボタンアイコンをタップして名刺を撮影します撮影したら、名刺の長方形に合わせて青い四角形をドラッグで調整します。

名刺の長方形に合わせて青い四角形をドラッグで調整しますチェックマークをタップすると、スキャナーでスキャンしたように四角く、コントラストを付けて名刺画像が鮮明化されます。
チェックマークをタップして保存します。

チェックマークをタップして保存します共有アイコンをクリックすると「Evernoteで共有する」をタップしてEvernoteにアップロードします。

Evernoteに「名刺」ノートブックを作成してまとめておくと、いい感じでしょう。
パソコンでも出先のスマートフォンでも名刺を確認できます。
EvernoteのOCR(文字読取装置)で後から、名前や会社名で検索できるのも便利です。

まとめ

いかがでしたか。
Evernoteを頻繁に利用されている方にはオススメです。

blankblank
この記事の情報は2019年11月18日のものです

この記事で使われている用語を知る

blank blank
blank

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

blank

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

blank

名刺管理エクセル
テンプレート

blank

名刺管理ノウハウ集

blank

3分で分かるSansan

↑