名刺管理で見なおす働き方改革

名刺交換ゲーム

名刺交換ゲームとは、自分の名前や趣味などのプロフィールを書いたものを、一定時間でできるだけ多くの人と交換するゲームです。ビジネス研修のアイスブレイクに使われたり、小児教育に使用されたりします。ビジネスにおいても教育においても、本来の目的は挨拶を円滑に行い、コミュニケーションスキルを高めていくことです。特にビジネス研修においては、自己紹介への苦手意識をなくし、相手に好印象を与えることが目的となります。音楽を鳴らしてその間名刺を交換していく方法や、若しくはじゃんけんをして自分の用意された名刺を早くなくすなどの方法が一般的です。多くの人と会話をする名刺交換ゲーム。研修においては相手の名前をいち早く覚えて、ワークショップを円滑に進める効果も期待できます。

↑
気になる語句で検索してみましょう!