名刺管理で見なおす働き方改革

「1〜10」はSFA,「0〜1の無から有は名刺管理で」

投稿日:2014年10月13日  最終更新日: 2017年09月21日
目次はじめに1,昨今のSFA事情が名刺管理を人気にさせる理由?2,「0〜1ができていないのなら名刺管理」「0から10ができてからSFA」3,実際に名刺管理がどのように活用できるのか? はじめに   すぐに事例が…

はじめに

PAK89_kuchitaisutohaizara2014072050   すぐに事例が必要な方はこちら   近年多くの会企業が名刺管理をすることにコストをかけて取り組んでいます。 なんで名刺管理なんかにコストをかけるんだ?と、疑問に思う方も多くいることでしょう。   しかし、その疑問とは裏腹に業界最大手のクラウド名刺管理システムのSansanは6,000社を超える企業の導入実績を発表しました。(2017年7月時点) どうして今、名刺管理が評価されているのか? 6,000社以上が気づいた名刺の力についてご紹介いたします。  

1,昨今のSFA事情が名刺管理を人気にさせる理由?

3   近年、多くの企業に導入されるようになったSFA。 しかし、運用に乗らないと課題感を感じている企業も非常に多く、運用に乗らないその原因についても多くのメディアにて取り上げられています。   しかしながら名刺管理Hacksでは完璧に営業管理や営業支援がしたいのであれば、SFAをおすすめしています。 運用に乗らない一番の原因、それはズバリ全ての顧客情報をシステムに入力しないことが原因となっています。   想像してみてください。   100人の顧客情報を入力する際、本当に全て入力しているかどうか? おそらく世の中の営業マンは次につながりそうな10人か20人の情報しかシステム入力をしていません。 案件の登録は非常に手間になるため、全ての網羅的な情報は管理することが不可能なのです。   その時点で登録されなかった情報たちはせっかく獲得した情報にも関わらず、その時点で無駄になってしまいます。 そうなれば、結果的に多くの無駄がそこに生じてしまいます。 名刺管理の場合はそういった情報も全て名刺をスキャンするだけで作成されるため、顧客管理として利用する場合も、運用に乗りやすいのです。  

2,「0〜1ができていないのなら名刺管理」「0から10ができてからSFA」

  そのため、今、とくに何もしていないという企業は0〜1の名刺管理を選ぶ方が非常に多いです。   営業を強くしたいと考えるのであれば、今と営業を強くした光景をリアルにイメージできるかどうか。データ化した名刺の扱い方で注意したい4つのポイント ここに注目している企業が非常に多くいます。   その結果が名刺管理のシェアを圧倒的なスピードで伸ばしている理由なのです。    

3,実際に名刺管理がどのように活用できるのか?

個人ではなく、組織として名刺管理をすることにどういったメリットがあるのか実家できていない方は非常に多くいることでしょう。 そのため、名刺管理Hacksでは、実際の名刺管理の方法について実際に名刺管理を導入しているスタートアップから大手企業の導入事例をご紹介しています。   ぜひともこちらの資料をご活用ください。   成功事例はこちら  
この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!