中小企業必見。名刺管理サービス「Sansan」のメリット&魅力とは? - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

中小企業必見。名刺管理サービス「Sansan」のメリット&魅力とは?

投稿日:2016年11月18日

shutterstock_374293570

「A社に営業に行きたいけど、誰かツテは持ってないかな?」

ビジネスシーンでは、このように同僚や上司の人脈を頼りにすることがあります。しかし、同僚等との関係性によっては助力を頼みにくかったり、そもそも同僚自身が名刺をまったく整理していないケースも……。普段から社で名刺データを管理しておけば、前述のようなトラブルを避けやすくなります。このページでは、簡単に名刺を管理できると注目を集めているサービス「Sansan」の概要や魅力についてまとめてみました。

Sansanの概要

まずはじめに、「Sansan」について簡単におさらいしておきましょう。

「Sansan」は、東京渋谷区のSansan株式会社を提供元とする、法人向けの名刺管理サービスです。専用端末から名刺をスキャンするだけで名刺情報をデータ化し、社内で共有できるところが強みといえます。また、取り込んだ名刺データには「営業先のカルテ」のように、商談記録や好みの店、売り上げの成果をどんどん追記していくことが可能です。名刺を単なる個人情報で終わらせず、営業記録とあわせて管理できるところがメリットといえるでしょう。

「Eight」との違い

shutterstock_160559990

Sansan株式会社は、個人向け名刺アプリ「Eight」の提供元としても知られています。

法人向け名刺管理サービスのSansanと、個人向け名刺アプリのEight。
双方には、いったいどのような違いがあるのでしょうか?

双方の大きな違いは「共有性の有無」

EightとSansanの大きな違いは、蓄積した名刺データの「共有性の有無」にあります。

まずEightは、個人向けの名刺管理サービスであり、名刺データの追加や編集なども個人で行います。つまり、一個人の人脈を記録・拡大することに秀でている反面、同僚や上司と人脈を共有したい時には若干不向きです。

一方、法人向けのSansanは、社員が集めた名刺をひとつのデータベースに一元化することで、人脈を社で共有することができます。さらに、名刺から得た営業先の情報に営業管理(SFA)や顧客管理(CRM)を紐付けていくので、名刺データを確認するだけで取引先の情報をまとめて閲覧できるところも大きな特徴です。

Sansanを使うメリット

その他、Sansanには以下のようなメリットがあります。

  • データ化の工数がかからない
  • クラウド環境なので膨大なデータをあらゆる端末から閲覧できる

Sansanの名刺スキャンは、「機械による読み取り」と「オペレーターによる手動入力」の二段構えにより、ほぼ100パーセントの精度を誇っています。その他、名刺を交換した会社のプレスリリースや人事情報が自動で通知されるなど、ニュース性も網羅。ビジネスの秘書役としてさまざまなサポートをしてくれる点がメリットです。

中小企業の導入成功例多数。Sansanの使い方

Sansanによる顧客情報の管理は、大手企業はもちろん、中小企業のビジネスにも役立てることができます。

たとえば、Sansanで顧客情報を一元化しておくことで、仕事の引き継ぎや営業成果の確認がよりスムーズになります。「この営業先のことは○○くんしかわからない」という情報の属人化を防ぐことで、万が一社員が抜けた時にも落ち着いて対応することが可能です。

ちなみにSansan公式ページには、Sansanを導入した企業のインタビューが多数掲載されています。成功事例や活用法を確認したい時は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

スタートアップ・中小企業(50名未満)の成功事例|【シェアNo.1】名刺管理Sansanの導入事例

おわりに

「Sansan」の概要や魅力についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
名刺管理は手間がかかるというイメージがありますが、Sansanをはじめとする外部のデータ管理サービスを活用することで、効率的に顧客情報を整理することができます。まずはEightなどの個人向け名刺管理サービスを利用し、利便性を確かめてみてはいかがでしょうか。

↑
気になる語句で検索してみましょう!