Sansan 名刺管理 売上をあげる為の仕組みとは? - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

Sansan 名刺管理 売上をあげる為の仕組みとは?

投稿日:2016年07月29日

ネットワーク

Sansanは、クラウド名刺管理サービスで法人向けのサービスです。

Sansan株式会社より提供されています。

名刺管理は、必ずと言って良いほどビジネスで必要な管理方法です。
クラウドでの管理方法が流行っているのも現代の特徴です。

名刺をただ眠らせていて売上のチャンスを逃している方のために、営業にも活用し売上をあげる「Sansan」を今回ご紹介致します。

Sansanのクラウド名刺管理

クラウド名刺管理とは?

名刺管理の方法は、多くの管理方法がありますがクラウド上で管理する方法は、名刺管理以外にも使用されています。

「クラウドで、名刺を管理する?」

ピンとこない方もいらっしゃるかと思いますが、Sansanは特にクラウドの知識を必要するものではありませんので、参考程度までにお聞き頂ければ幸いです。

クラウドとは、下記のことを指します。

クラウドコンピューティングとは、ネットワーク、サーバ、ストレージ、アプリケーション、サービスなどの構成可能なコンピューティングリソースの共用プールに対して、便利かつオンデマンドにアクセスでき、最小の管理労力またはサービスプロバイダ間の相互動作によって迅速に提供され利用できるという、モデルのひとつである。
引用元:Wikipedia

どうでしたか?聞いた事が無い言葉もあったと思いますが、大きく言えばSansanは、このモデルを使用している名刺管理ツールです。

Sansanとは?

Sansanですが、Sansan株式会社から提供されている「法人向けクラウド名刺管理」です。
この他にも、個人向けクラウド名刺管理「Eight」もSansan株式会社から提供されているサービスです。

一度は、耳にした事がありませんか?テレビCMでもおなじみです。
導入社数は、4,000社突破となっており、中小企業から大手企業まで活用されています。

オフィスビル

Sansanの仕組み

多くの企業に活用されているSansanですが、その仕組みはどうなっているのでしょうか?
名刺管理と言っても、ただの名刺管理ではありません。営業を強く、売上をあげる仕組みがあります。

  • 名刺管理(名刺帳機能)
  • お客様詳細情報(人物詳細機能)
  • 名刺データを検索(名刺検索機能)
  • 顧客管理(会社マスタ機能)
  • 名刺履歴確認(名刺履歴機能)
  • タグ機能
  • メール(メール配信機能)
  • ニュース配信(自動ニュース配信機能)
  • API(外部連携機能)
  • Salesforce連携

名刺管理(名刺帳機能)

名刺管理で思いつく方法は何がありますか?
例えばファイルで管理したり、エクセルで管理などがあります。

Sansanは、専用のスキャン機能を使い名刺をスキャンしその名刺データは、Sansan株式会社へ。専用オペレーターにによって入力されるので、担当者がいちいち入力する手間が省けます。

良くお聞きするのが、名刺をスキャンしたけれどうまく読み込まれないので、名刺データを一つ一つ修正する事です。スキャンするより手打ちで入力した方が早いかもと、思ってしまうきっかけに。

しかし、このSansanはその悩みを打ち消し専用のオペレーターが解決してくれます。入力の精度もほぼ100%です。

お客様詳細情報(人物詳細機能)

名刺データを専用オペレーターが入力した後は、人物詳細画面を見てみましょう。
お客様の住所から電話番号、E-mail、SNS情報などが入力されています。人物詳細から地図へ、メーラーを開いたりこれらもワンクリックで連携されます。

更に、お客様と合った場所やお客様の趣味なども追記しましょう。これでお客様との距離が縮みます。

名刺データを検索(名刺検索機能)

過去に名刺交換したお客様の情報を検索したい場合があります。そんな時は、名刺検索機能を使います。これは普通の名刺検索ではありません。検索も管理の中では重要視される箇所です。

Sansanの名刺検索機能は、苦労をかけません。
名刺データの社名や、電話番号その他多くの切り口で検索が出来るので、直ぐに求めている名刺が見つかります。

Sansanの名刺管理は、共有機能も優れているので、社内での同僚、上長の名刺まで検索が可能です。

顧客管理(会社マスタ機能)

名刺データが溜まると、同じ会社の名刺が重複してきます。
重複したまま、会社名でマスタ管理出来ていないと不便です。しかし、Sansanでは名刺データを取り込む度に会社の組織図を自動生成します。

また、他の部署のやりとりや、過去の担当者のやり取りなども確認が可能なので、部署を超えて連携共有が可能です。

名刺履歴確認(名刺履歴機能)

名刺の履歴機能は、例えば、お客様のAさんは、◯◯株式会社の部長だったが、つい最近転職され◯◯◯株式会社へ移られた際、通常の管理方法であれば、重複してそのAさんの情報が登録されてしまいます。

Sansanの名刺管理では、重複はせず顧客情報の一本化に優れているので、バラバラになる事はありません。同一人物であれば、その情報は一つです。

タグ機能

タグ程、便利な機能はありません。
タグとは、該当する名刺につけられる「キーワード」みたいなものです。

例えば、お客様のBさんの名刺に「◯◯セミナー参加者」とつけます。
これは、セミナーを開催し名刺をお客様より頂いたが、何のセミナーだったのかをキーワードとして設定してます。

上記の様なタグを設定する事により、ちがうお客様の名刺でも同じタグがあれば、メールを出そうと名刺を検索する際に、タグで検索が可能になるので、簡単に名刺を見つける事が可能になります。

メール(メール配信機能)

上記でも少し出ましたが、名刺交換し名刺データをSansanに登録した後は、メールを配信する機会もあります。そんな時には、Sansanのメール配信機能を利用する事で更に利便性が高まります。

Sansanは、メール配信数無制限、既に別のメール配信システムの配信数制限にも悩まされる事もなくなります。

ニュース配信(自動ニュース配信機能)

Sansanに名刺を取り込んだ後は、企業の最新情報をWEB上のニュースサイトから取得し配信する機能があります。人事異動などリアルタイムに確認が出来るのもSansanならではのメリットです。

API(外部連携機能)

Sansanには、APIも用意されています。
基幹システムとの連携も可能になることで、更に便利になります。

Salesforce連携

通常、専用スキャンで名刺をスキャンすると、Sansanに登録されます。
会社でSalesforceを導入されている場合は、名刺をスキャン後Salesforceへ自動登録する事が可能です。

まとめ

Sansan名刺管理には、売上をあげる仕組みが多く備わっています。
今まで、交換した名刺を眠らせないでSansanを利用してみませんか?

そうする事により、まずは名刺管理が徹底的になります。名刺データは専用オペレーターが行うので、自身で入力する必要はありません。名刺を専用端末でスキャンするのみです。名刺をまとめてのスキャンも可能です。

別のシステムを導入中でも、APIを使用すればSansanとの外部連携も出来る様になり、Salesforceの場合は自動的に名刺データを登録する事が可能です。

こうして見ると、Sansanの名刺管理がいかに売上をあげる仕組み作りが出来ているのか、お分かり頂けかと思います。

↑
気になる語句で検索してみましょう!