名刺管理で見なおす働き方改革

Sansan株式会社から見えるビジネススタイル

投稿日:2016年10月07日  最終更新日: 2017年12月13日
目次Sansan株式会社が提供するスタイルなぜ「名刺」だったのか?法人向け「Sansan」でできること人脈の共有個人向け「Eight」でできること名刺管理ビジネスSNSとしての可能性まとめ Sansan株式会社が提供する…

Sansan株式会社が提供するスタイル

product_logo_portrait_transper-680x431 Sansan株式会社では、ビジネスパーソンなら誰もが使う「名刺」というアイテムに着目し、サービスの開発を行ってきました。 例えば欧米では、履歴書を軸にしたLinkedInというビジネスSNSがあります。 このアプリが日本に上陸したとき、実はそれほど日本のビジネスシーンには浸透しませんでした。 これは、LinkedInが自分の履歴書を書くことから始まるアプリだったからだといわれています。 自分のキャリアを大々的にアピールすることから始まるLinkedInは、日本人には合わなかったのです。 一方、Sansan株式会社が提供するサービスは、「名刺」を軸にしています。 Sansanは法人向けのクラウド名刺管理サービスで、Eightは個人向けの名刺アプリです。 名刺は日本のビジネスパーソンにとって、なくてはならないものであり、最も身近なアイテムの1つです。 これを軸にしたところが、Sansan株式会社が成功している要因の1つかもしれません。

なぜ「名刺」だったのか?

では、なぜ「名刺」に着目したのでしょうか。 それは、Sansan株式会社の創業者であり社長の寺田親弘氏が、社会人になってすぐに入社した会社で、名刺の取り扱い方に疑問を抱いたことに由来します。 名刺には様々な情報が詰まっているのに、その取扱いがぞんざいで、いざ必要となった時に目当ての名刺を探し出すのに時間がかかってしまうことが往々にしてあることに気づきました。 そして、この非効率さを解消することはできないか、と考えたのです。 そこで生まれたのがクラウド名刺管理サービスのSansanであり、個人向け名刺アプリのEightです。

法人向け「Sansan」でできること

Sansanは、法人向けのクラウド名刺管理サービスです。 貴重な情報の詰まった名刺を、名刺交換した社員個人のものとせず会社の資産として扱うサービスです。 名刺交換した社員はそれを専用の端末でSansanに登録し、その情報は社員すべてが閲覧することができます。

人脈の共有

Sansanを導入している会社では、社員の人脈を会社全体で共有することができます。 例えばある人物にコンタクトをとりたいと考えた時、Sansanにアクセスしたらその人物と社内の誰がつながりを持ち、過去に仕事をしたかが一目瞭然に分かるのです。 なにもないところからコンタクトをとるのは難しくても、旧知の同僚に紹介してもらったら効率よくビジネスを進めていくことができます。 これまで時間のかかっていた仕事が、Sansanを導入することで加速します。 Sansanには他にも、顧客管理やマーケティング、営業管理などといった、ビジネスになくてはならない便利な機能が搭載されています。 どの機能も、営業力をアップしビジネスチャンスを広げることに着目した機能です。

個人向け「Eight」でできること

Eightは、Sansan株式会社が個人向けに開発した名刺アプリです。 スマホやタブレットなどでもらった名刺を撮影するだけで、それがデータとなってアプリに登録されます。 これまで名刺ホルダーや名刺ボックスなどで整理していたのが、スマホ1つあれば名刺管理ができるのです。

名刺管理

スマホやタブレットなどに登録できるということは、これまでもらった名刺をすべて持ち歩くことができるということです。 名刺情報には様々な方法で検索をかけることができるので、必要となった名刺はすぐに見つけることができます。 また、スマホやタブレットに登録されているので、連絡をとる時も電話帳やメールアプリにアクセスでき対応がスムーズにできるようになります。

ビジネスSNSとしての可能性

Eightには、ビジネスSNSとしての側面もあります。 LinkedInには果たせなかった、日本のビジネスパーソンのつながりを生むアプリです。 名刺を基調としたプロフィール機能があり、昇進や転勤などといった情報は常に更新されます。 それにイイネをつけたりコメントを寄せたりすることで、人脈を広げていけます。 さらに電子名刺交換もできるため、紙の名刺が不要になる時代もやってくるかもしれません。

まとめ

Sansan株式会社の提供する名刺サービスは、ビジネスを名刺からはじめていた日本人にとってとっつきやすく便利なものとなっています。 あなたも法人向けクラウド名刺管理サービスSansanや個人向け名刺アプリEightを使って、ビジネスを加速させてみましょう。
この記事の情報は2017年12月13日のものです

この記事で使われている用語を知る

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!