Sansanの名刺管理からアナログ名刺管理派の誤解を解く! - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!
名刺管理で見なおす働き方改革

Sansanの名刺管理からアナログ名刺管理派の誤解を解く!

投稿日:2016年01月22日  最終更新日: 2017年12月13日
目次Sansanの名刺管理からデータでの名刺管理の良さを考える なぜアナログな名刺管理にこだわるのか1.デジタル嫌い!操作できない! 2.名刺は誰のものか名刺のデータ共有化によるメリットとは Sansanの名刺管理からデ…

Sansanの名刺管理からデータでの名刺管理の良さを考える

sansan名刺管理 Sansanは紙の「名刺」をデータ化し、データベースとして活用するシステムです。法人向け名刺管理システムの市場ではシェアNo.1を誇り、多くの企業や公的な組織で導入されています。 「営業を強くする名刺管理」を標榜し、単なる便利な名刺検索システムではなく、企業の「売上」を高めるシステムとしてサービスを展開しています。 さて、名刺管理の方法がITの進化により大きく変わりつつある現代、それでも紙の名刺管理にこだわる方、あるいは会社があるようです。 なぜ名刺のデータ化に難色を示すのか。今回はこの理由について掘り下げることで、名刺管理のデータ化の意味を改めて認識するとともに、Sansanの名刺管理によって何が変わるのか見ていきましょう。 Sansanについて更に詳しい記事はこちらから

 なぜアナログな名刺管理にこだわるのか

sansan-logo-scanner   名刺をデータ化することで、さまざまなメリットがあるということは自明なのですが、まだまだアナログな名刺管理から脱却できない企業も多数あるようです。その理由は何でしょう。
  • 1.OCR、スキャン、アップロード、クラウドコンピューティングなどというデジタル用語を聞いただけでアレルギー反応が出てしまう。つまり、使い方が難しくて操作できないため
  • 2.会社組織によっては、名刺は営業の努力の成果、コツコツと積み上げてきた地道な活動の結実なので、名刺は個人のものという暗黙(暗黒?)の文化がしっかりと根を張っているため
以上のようなことが考えられますが、どうも、その理由の背景には「誤解」があるようです。順を追ってこの「誤解」を解いていきましょう。 Sansanについて更に詳しい記事はこちらから

1.デジタル嫌い!操作できない!

-shared-img-thumb-0I9A111415030157cyotto_TP_V こうした人が成績の良い営業マンだったりすると、名刺をデータ化して管理する、という組織としての方向性は、出しにくいかもしれませんね。 名刺をデータで管理する意味は感じていても、実際導入してみると、複雑な操作や馴染めないインターフェイス、複雑なシステムなどのオペレーションが面倒という理由で、頓挫してしまうこともあるようです。 名刺管理をデータにして共有したいと考えるのなら、まずは「誰でも簡単に使える」「面倒がない」名刺管理システムを選ぶべきです。 Sansanの名刺管理システムの特長に、以下のようなものが挙げられます。
  • 名刺をスキャンするだけで、正確にデータ化してくれる(名刺のデータ化に手間がかからない)
  • ユーザーインターフェイスがシンプルで直感的に操作でき、気軽に始めることができる
名刺フォルダーに五十音順にしまうよりも、スマホで写真を撮ったり専用スキャナでスキャンしたりするほうが、手間もかかりませんし、名刺情報をいつでも呼び出せる場所に自動的に格納できます。名刺ファイルをめくって、五十音順に並べ替えたりするよりも、よっぽど楽なはずです。 また、Sansanのユーザーインターフェイスは考えに考えられ、初めてでも直感的に操作できるようになっています。 エクセルのようなソフトは、ある程度の基礎知識を得てからでないと、なかなか思うように使えないもの。コピペくらいはわかっても、フィルターやピボットテーブル、マクロや関数などの困難にぶち当たって、「操作がわからない!」というトラウマの原因になることもあります。 一方Sansanの名刺管理は、名刺に特化していることもあり、操作はシンプル、すぐに慣れるはずです。 Sansanについて更に詳しい記事はこちらから

 2.名刺は誰のものか

bsfreee151108048845 できる営業マンは、人脈から人脈を広げるものです。そのため手に入れた名刺は、その営業マンの努力の結晶といえるかもしれません。 人脈は営業マンの生命線であり、ビジネスチャンスであり、財産です。だから、「おいそれと他の営業に渡すわけにはいかない!」「名刺をデータ化して組織で共有するなど、とんでもない!」という主張にも正当性があるように聞こえます。 さて、そもそも名刺情報は誰のものなのでしょう。コツコツ自分で築いた人脈といっても、会社の名前、会社の経費、会社の仕組みを活用して作り上げてきたものに違いありません。つまり担当者の名刺は会社のものであるといえるのではないでしょうか。 とはいえ、名刺の共有を拒否する人を、こうした正論でねじ伏せるよりも、名刺を共有化するメリットを理解してもらうほうが、前向きになれるはずです。個人で名刺を抱え込んでいるよりも共有したほうが、個人にとっても大きいということを理解してもらえれば、なるほどと、営業マンたちの意識も自然に変わってくるはずです。 Sansanについて更に詳しい記事はこちらから

名刺のデータ共有化によるメリットとは

-shared-img-thumb-YUKA150701278561_TP_V Sansanの名刺管理により、これまでできなかったことが可能になります。例えば、営業活動を効率的、かつ効果的に進めるための、人と人とのつながり「人脈情報」が可視化できます。 例えば、ある会社に提案を持って行きたいと考えたとします。さまざまなアイデアと努力を積み重ね、やっとその会社にたどり着くと、お客様から、「御社の○○さんはよく知っているよ」などと言われた経験はないでしょうか。 もしそのつながりを知っていたなら、そこに至る営業プロセスは随分と異なっていたはずです。Sansanは、例えば自社の社長や役員が交換した名刺も共有できます。難しいと思っていた高嶺の花の顧客にも、アプローチするきっかけがつかめるかもしれません。 つまり、社内のすべての人脈を活用した営業活動ができるのです。 これは、名刺を個人の担当者がどんなに頑張っても集めきれないこと、仮に集めたとしても紙のままでは活用できないことを可能にしたのです。この一点においても、営業マンの活動の仕方は大きく変わるはずです。 Sansanについて更に詳しい記事はこちらから
この記事の情報は2017年12月13日のものです

この記事で使われている用語を知る

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!