Sansanでできる!会社の革新への道 - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

Sansanでできる!会社の革新への道

投稿日:2016年05月06日  最終更新日: 2016年05月06日

クラウド名刺管理サービス「Sansan」とは?

会社

松重豊のCMでもお馴染みのクラウド名刺管理サービス「Sansan」を知っていますか?

CMでは、ある会社の松重豊部長が、競合相手に案件を奪われた場面ではじまります。

理由は、競合相手がその案件の責任者の田中常務と面識があったから。

でも、その話を聞いていた社員・満島真之介が、「田中常務なら地元の釣り仲間です」と言ってきます。

「それ、早く言ってよぉ」と松重常務。

営業の現場では、こういった場面はよくあるのではないでしょうか。

もしも松重部長が、釣り仲間の満島を通して田中常務にコンタクトをとっていたら、競合に負けなかったかもしれない。

この「もしも」を実現できるためのサービスがクラウド名刺管理サービス「Sansan」です。

「Sansan」でなにができるのか?

営業マンの負担を軽減する

優秀な営業マンは、会社により多くの利益をもたらす取引相手を嗅ぎ分ける力を持っています。

その能力で、一般の営業マンよりも会社に利益をもたらしていっているわけです。

一般的な営業マンではそこまでの力は発揮できず、コツコツと営業活動を続けていっています。

かといって、名刺交換したすべての相手に対して、営業をかけることもできず、結果成績につながらない相手に対する営業活動で、時間を無駄にしていることもあるかもしれません。

そうして時間がたっていくうちに、見込みのある相手まで、取り逃がしてしまう可能性もあります。

Sansanを導入したら、優秀な営業マンが嗅ぎ分けた取引先を一般の営業マンと共有することができるので、一般の営業マンの無駄な時間をなくし、負担を軽減することができるのです。

名刺の情報を共有するこということ

いま、名刺の情報のデータ化が進んでいるのですが、このデータを会社単位で共有するのがSansanのサービスです。

これから営業をかけようとする相手が、会社の同僚の誰かとすでに名刺交換して親しい間柄だったら、情報をリサーチしたり、紹介してもらったりすることができます。

会社を効率的に動かす便利な機能がたくさん

会社単位で名刺の情報を共有するサービスがSansanなのですが、名刺管理を軸にした便利な機能がたくさんあります。

・顧客管理

顧客の会社単位での組織図が自動的に作成され、社内の誰が顧客の誰とどのようなつながりを持っているかも、一目瞭然に分かるようになります。

社員のこれまでの活動データが蓄積されていくので、情報共有が自然と行われます。

さらに、取引相手の部署が変わったり昇進したりしても、一人の人物の情報は自動的に一元化されるので、取り紛れて誰が誰だか分からなくなる心配もありません。

タグ付けやグループ分けすることもできるので、分かりやすいです。

・案件管理

名刺管理が軸のSansanだから、案件も、人物単位で情報管理されます。

名刺に商談情報を入力したら、それが自動的に上司に日報として送信されるので、コミュニケーションが自然ととれる仕組みになっています。

・マーケティング

名刺のデータに基づいて、メール配信も簡単に行える仕組みになっています。

一度に配信できるメール数も無制限なので、これまでメール配信作業に丸一日かかっていたところが、10分で終了することも可能です。

さらに、顧客の会社のニュース情報なども自動取得できるので、常に新鮮な情報をもって営業を行うことができます。

・情報共有

誰と誰が名刺交換を行ったを会社で共有するので、会社単位の人脈が一目瞭然になります。

上司や同僚の人脈も利用できるようになるのです。

これにより、営業活動を行っていく上で、利用できるチャンスがたくさん派生してきます。

「Sansan」が目指すもの

Green14_jyumon20141123153806_TP_V1

Sansanが目指すのは、働き方を革新することです。

革新とは、ほんの些細な問題解決から、それが新しい価値観になり、当たり前になっていく過程です。

名刺情報を会社で共有するのが当たり前になったら、もっと新しい大きなビジネスチャンスが生まれてくるかもしれません。

Sansanで出来ることをもっと知りたい人はこちらの記事一覧から

この記事の情報は2016年05月06日のものです
↑
気になる語句で検索してみましょう!