名刺管理で見なおす働き方改革

ポイントは”カンタン””正確”「Sansan」の名刺データ化機能に迫る

投稿日:  最終更新日: 2019年11月14日
目次はじめに名刺をスキャナに入れるだけセキュリティは大丈夫?名寄せがカンタン、正確にできる最後に はじめに   名刺をデータ化する時、業者やOCRの機能を使う企業は多い事でしょう。しかし、業者に頼むには日々名刺…

はじめに

ポイントは”カンタン””正確”「Sansan」の名刺データ化機能に迫る

 

名刺をデータ化する時、業者やOCRの機能を使う企業は多い事でしょう。しかし、業者に頼むには日々名刺交換をするビジネス社会において、面倒な作業が増えたり、スピード感にかける事は多くある事でしょう。そのため、素早さを重視する場合、OCR機能がついているアプリやスキャナーを利用して、データ化を試みるはずです。しかし、名刺のOCRの機能は未だあまり発達はしていないです。そのため、スキャンの精度は低く、アドレスや住所に間違いがある事もしばしばある事でしょう。また、名寄せの問題が生じるという危険性もあります。どうしてもデータ化する際にミスがあると、名寄せの段階で困るという事は頻繁にあるのです。ある企業は名寄せを行うために大量の費用をつぎ込んだという話も多く聞きます。

これらの課題を解決するには、正確なデータ化とカンタンなスキャンが必要条件となってきます。そこで今回ご紹介するのは「Sansan」です。「Sansan」は名刺管理ではおなじみですが、その中でも力を入れている機能が名刺のデータ化です。専用のスキャナーかカメラの撮影で名刺を正確、カンタンにデータ化していきます。では、どうして「Sansan」の名刺データ化が正確、カンタンにできるのかご紹介いたします。

 

名刺をスキャナに入れるだけ

名刺をスキャナに入れるだけ

最近は展示会などでも多くの企業に使われだした「Sansan」ですが、専用のスキャナが備え付けられています。とてもカンタンな利用方法で、自分の名前のボタンをタッチして、名刺をスキャナに取り込むだけでデータ化されていきます。名刺のOCRでは不十分というお話を先にしましたが、「Sansan」は名刺をOCR処理に加えて、オペレーターが手入力と確認作業をするのです。そのため確実な精度で名刺のデータ化を行えます。

そのため名刺のデータ化精度は約100%の確率でできるという優れたデータ化を実現しています。

 

セキュリティは大丈夫?

セキュリティは大丈夫

セキュリティ体制は万全です。プライバシーマークを獲得している企業であり、なんと社員のほとんどが個人情報保護士の資格を持っているという、セキュリティに対する意識が非常に強い企業となっています。また、「Sansan」を導入している企業は様々な業種や規模の会社がいますが、6,000社の導入の企業(2017年7月時点)のうちには大手企業も多くいます。セキュリティに厳しいイメージの業界の企業までもが実際に導入しているため、個人情報の取り扱いについては、非常に安心感があるサービスである事が分かるでしょう。

名寄せがカンタン、正確にできる

 

そして先にも上げていた機能ですが、名刺のデータ化をする上で「Sansan」はオペレーターが同じルールでのデータ入力を行い、正確なデータを使用しているため、名寄せがいともカンタンにできてしまうのです。どの企業も多くのコストを費やしている機能だけに、これは大きな価値という事ができるでしょう。また、名寄せ機能を行いダブりがないデータベースを元にメール配信ができる機能も備えているため、データ化だけではなく、SFAとしての機能も非常に魅力的なポイントになっています。

最後に

 

いかがでしたでしょうか。大量に名刺をデータ化する展示会やPR企画などで、データ化のニーズはかなり高まっています。その中で、スキャンするだけで後は全て任せられる「Sansan」は非常に便利なシステムになっています。まだまだ名刺のOCR機能が万全ではないこの時代、「Sansan」の名刺管理システム導入を検討してみてはいかがでしょうか?

blankblank
この記事の情報は2019年11月14日のものです

この記事で使われている用語を知る

blank blank

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

blank

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

blank

名刺管理エクセル
テンプレート

blank

名刺管理ノウハウ集

blank

3分で分かるSansan

↑