名刺管理サービスSansanなら効率よく情報整理 - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

名刺管理サービスSansanなら効率よく情報整理

投稿日:2016年04月29日  最終更新日: 2017年09月21日

Sansanなら精度が高い

bulls-eye-297805_640

世の中には、名刺管理を行うサービスやアプリが数多く存在します。無料のものも多数あるので、いったいどれを選んでよいか、迷ってしまいますよね。そこで、名刺管理における重要ポイントや、すぐれた名刺管理サービスの特徴について把握しておきましょう。
名刺管理で重要なポイントは、正確さです。多少スピードに差があったとしても、正確さがある名刺管理でなければ使えません。したがって、スキャンした名刺データをより正確にデータ化できる名刺管理サービスを活用しましょう。
正確さを売りにしている名刺管理サービスとしては、Sansanが挙げられます。Sansanは法人向けの名刺管理サービスです。Sansanにおける名刺データ化の精度は99%とされています。さまざまなフォーマットの名刺があるなかで、高い精度を誇っていることがわかります。
また、Sansanの名刺管理サービスでは、日本語以外の言語にも対応しています。具体的には、英語と中国語をデータ化することができます。国際的に活躍する企業を中心に、日本人以外の名刺を受け取ることも少なくありません。こうした名刺データを日本名の名刺データと合わせて管理できるのが、Sansanの便利な点です。外国人の名刺を受け取る機会があるなら、Sansanを利用したデータ化が有効かもしれませんよ。
Sansanのデータ化精度を高めているのが、人力でのデータ入力です。人力でデータ化していると聞くと、ミスが多くなるのではないかと懸念されるかもしれません。しかし、1人が入力してそれで終わり、ではないのがSansanのデータ化の仕組みです。複数人がデータ化作業に携わり、ミスがないかチェックできる仕組みになっています。そのため、機械にすべてを任せているよりも高い精度で名刺情報のデータ化を実現しているのです。

外出先でも便利

businessmen-897426_640

もらってきた名刺をスキャンする作業は、自社のオフィスで行うことが多いかと思います。そのため、名刺管理サービスはパソコンに対応してさえいればよい、と考えているかもしれません。しかし、名刺管理サービスを、単にオフィスに保存する紙媒体を減らすだけに利用していてはもったいないですよ。名刺データを検索するなどして積極活用してこそ、データ化がよりよい営業成績につながるのです。
Sansanでは外出先でも名刺データを手軽に検索できるよう、スマートフォンやタブレット端末にも対応しています。外出先で急に顧客情報が必要になった際も、わざわざオフィスに連絡をとる必要がありません。営業社員が自力で名刺情報にアクセスし、素早く次の行動に移ることができるのです。
データ化が正確になされていることに加えて、さまざまな情報をもとにデータ検索ができる点も、営業マンの負担を軽減してくれます。Sansanの名刺管理サービスでは、氏名や連絡先のほか、メールアドレスなどからも名刺データを検索できます。自分の手元にある情報をもとに、適切な名刺データにスピーディーにアクセスすることが可能になっています。急ぎの連絡を入れたい場合も、Sansanの名刺管理サービスなら安心ですね。
Sansanの名刺管理サービスでは、住所がきちんと登録されている名刺情報にアクセスすると、地図を表示することができます。担当者の交代などで初めて訪問するエリアであっても、地図を見ながら訪問先にしっかりたどり着くことができますよ。
電話をかける際にも、Sansanなら連絡先をスムーズに表示することができます。単に名刺データを検索用にまとめてあるだけではなく、実際にデータを活用する際にも、営業マンの手間が少なくてすみますね。効率よく作業を進められるSansanサービスを利用して、営業活動に占める雑事の割合を減らしていきましょう。

もっと知りたい人はSansan記事一覧へ

この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

↑
気になる語句で検索してみましょう!