会社単位で名刺を管理!名刺管理システム「Sansan」の特徴とは? - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

会社単位で名刺を管理!名刺管理システム「Sansan」の特徴とは?

投稿日:2016年02月23日  最終更新日: 2016年04月13日

名刺の個人管理は正しいのか

c388e67fbed86cf4ec874e7570901e4a_s
1年間で交換される名刺の枚数は、実に100億枚を超えるそうです。

2015年の総務省の統計によると、日本の就業者数は6385万人ですから、これらの方が平均200枚の名刺を使えば100億枚以上の名刺が世の中に出回っているということになります。

これは現実的な数字です。

しかし、多くの企業ではその膨大な数の名刺を、個人管理にしているところがほとんどではないでしょうか。

果たしてそれは正しいのか少し考えてみましょう。

ビジネスで交換した名刺は誰のもの?

企業において、ビジネスマンが交換した名刺は誰のものか考えたことがありますか?

名刺を交換した社員のものといってよいのでしょうか。

もし、その名刺が個人のものならば、その名刺から発生したビジネスは、社員個人のものになってしまいますが、そうではありませんよね。

交換に使った名刺も会社の資産ですし、ビジネスの機会そのものが会社から与えれれたものです。

だとすると、ビジネスマンが仕事で得た名刺というのは、会社の共有財産に他ならないのではないでしょうか。

ですから本来は、名刺を個人で管理するというのは、筋が違うような感じがします。

会社で名刺を管理

ビジネスで交換した名刺が、会社の共有財産であるとしたら、管理をしなければなりません。

しかし、そのために新たな部署を作ったり、規定で社員を縛り付けるのは現実的ではありません。

名刺は、ビジネスの相手の分身であり、その相手と関わる人にとっては価値がありますが、関わることがない人にとってはただの紙にすぎません。

また、1年間に100億枚流通する名刺は、一人平均200枚ということになりますが、100人の会社では実に2万枚の名刺が1年に行き交うのです。

eab2bad3c6e3af4c1a4ba9f66313e791_s

とても、数人で管理できるようなものではありません。

名刺をデータベース化するSansan株式会社

Sansan株式会社ではクラウドで名刺を管理します。

2015年冬に放送していたSansan株式会社のCMでは、ライバル会社にプロジェクトを取られるビジネスマンがコミカルに描かれています。

ライバル会社に負けた原因は、キーマンとの接触が少なかったためです。

そこに、若手社員が来て、実はそのキーマンと知り合いだったといいます。

上司は「早くいってよ」と言うCMですが、これは冗談ではありません。

ビジネスは人との出会いです。

人に出会うのが、ビジネスにおいてもっとも難しいのです。

この時にもし、若手社員の持っていたキーマンの名刺が会社の共有財産となっていれば、展開が変わっていたことは間違いないでしょう。

しかし、前述したように、多くのビジネスマンが交換する名刺を共有する方法が課題でした。

それを解決するのがSansanの名刺管理システムです。

クラウドで管理し、必要な人が必要な人の情報を取得することができます。

またビジネスマンにとっては、名刺の紛失の恐れがなくなります。

相手からもらった名刺は、紛失したら再度もらうのは困難です。

また、名刺がデーター化されていれば、引き継ぎの際も、相手の役職、名前など効率的に引き継ぐことができます。

Sansanの詳しい記事のまとめはこちら

オペレーター入力による確実なデータ

名刺管理「Sansan」は、専用のスキャンに名刺をとおすだけで名刺情報をデータ化できるので、手間がかかりません。

sukyan

名刺は気が付くと膨大な数がたまりますが、都度スキャンする分にはそれほどの労力はかかりません。

しかし、名刺は必要な時に取り出さなければなりませんから、インデックスが必要なのです。

そのためには、名刺の情報を読み取り、精査しなくてはいけません。

その作業が大変なのです。

OCRでは、「ニンベン」がカタカナの「イ」と判別されることはよくあります。

Sansanでは高性能なOCRとオペレーターの入力によって、確実なデータにすることができるのです。

Sansanの詳しい記事のまとめはこちら

まとめ

ビジネスにおいて、入手する名刺は実は会社の共有財産です。

ですから、全体的に管理しなければなりません。

アナログで管理しようとすると膨大な量になりアクセスが悪くなります。

クラウド型名刺管理システム「Sansan」は、名刺を入手した時にスキャンをするだけです。

さらに、オペレーター入力もしてくれるので、インデックスのついた扱いやすいデータになります。

名刺は出会いの証というのがSansan株式会社吉田社長の考えです。

出会いを大切にすることがビジネス成功の秘訣となります。

↑
気になる語句で検索してみましょう!