Sansanにログインして見える世界とは?今話題のクラウド名刺管理サービスのすべて! - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

Sansanにログインして見える世界とは?今話題のクラウド名刺管理サービスのすべて!

投稿日:2016年04月08日  最終更新日: 2016年07月27日

クラウド名刺管理サービス「Sansan」はどんなことができる?

th_スクリーンショット 2016-04-02 12.09.55

名刺をデータで管理する企業が増えています。そんな時に必要になるのが、名刺管理ソフトやサービスです。

今回はその中でも、多くの企業が使用しているクラウド名刺管理サービス「Sansan」の機能などについてご紹介します。

「Sansan」の名刺管理機能

名刺帳

もらった名刺を登録するとき、「Sansan」では専用の端末を利用してスキャンするだけで実行できます。

しかも、登録された名刺情報は、瞬時にオペレーターの待つSansan社のサーバーに送られデータ化されるので、ほぼ100%の確率で正確にデータ化されます。

また「Sansan」の強みは、利用する端末を選ばないことにもあります。

パソコンはもちろんのこと、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末にも対応しているので、いつでもどこでも手軽に利用することができます。

人物詳細

「Sansan」では、名刺交換した相手の情報を自由に書き込むことができます。

趣味や性格、食べ物の好みなど、様々な情報をデータ化できるので、取引先との付き合いを上手に進めていく上で便利なシステムになっています。

さらに、その情報にもとづいて、ワンクリックで連絡先や地図、各種サイトにアクセスできるので、忙しいビジネスパーソンにとって、最適なアイテムとなります。

名刺検索

社内の人間がそれぞれ名刺を登録していくと、その数は膨大なものになります。

そうなると、目当ての名刺を探し出すのが大変だと思いませんか?

でも、「Sansan」なら大丈夫。

名前や会社名はもちろんのこと、電話番号やアドレスからも検索できるので、無駄な時間を使いがちな名刺探しの手間が省けます。

さらに、自分がもらった名刺だけではなく、社内のすべての人間がもらった名刺にアクセスするので、営業力アップに一役買ってくれます。

「Sansan」の顧客管理

顧客

会社マスタ

「Sansan」に名刺を登録するだけで、各会社ごとの組織図が自動作成され、さらに自社の誰と「いつどこでどのように」関りをもったかまで、関連付けられます。取引先と自社との関係が一目瞭然となるのです。

営業マンが新規開拓をしようとしたとき、顧客にどのようにアプローチすればよいか、戦略を練るときに抜群の効果を発揮するシステムです。

さらに顧客との過去の接点まで分かるので、信頼関係を築くうえで欠かせないツールとなります。

名刺の履歴

名刺交換をした相手が、転職したり、部署を変わったりしたとき、新しい名刺をまたもらうことはありませんか?

そうなると、同じ人物の名刺が何枚も手元にあり、情報管理が複雑になってしまいます。

でも、「Sansan」ならそんな心配はありません。

同じ人物の情報は、すべて一元化できるのです。

タグ

「Sansan」ではタグをつけて、名刺の情報を自在にグループ分けすることができます。

「某展示会で会った人たち」「新規開拓見込み客」「お得意様リスト」などなど、複数のタグで検索して、リストを呼び出すことも可能です。

さらに、そのリストに基づいて、営業リストを作ったり、メールを送信したりできます。

「Sansan」のマーケティング

メール配信

「Sansan」は、メルマガなどを一斉配信するとき、名刺交換した担当者の名前で配信することができます。

メルマガを見ないでゴミ箱行きになることも多いですが、もらった相手の顔が見えると、メルマガを読んでもらえる機会が多くなります。

また、「Sansan」では同じ人物の情報は完全に一元化するシステムなので、重複してメールを送ってしまう心配もありません。

自動ニュース配信

「Sansan」では、登録した情報に基づいて、各種ニュースサイトから関連のあるニュースが自動的にニュース配信されます。

営業マンが必要とする、顧客の最新情報を得ることができるので、営業力アップに役立つこと間違いなしです。

さらに、名刺情報の更新も自動的に行われるので、名刺交換した相手の役職が変わったり部署が変わったりしても心配ありません。

「Sansan」で仕事をスムーズに

クラウド名刺管理サービス「Sansan」を使えば、顧客管理が楽になり、仕事をスムーズに進めることができます。今まで名刺管理ソフトを利用したことがないという企業はもちろん、別の名刺管理システムを導入したものの、うまく使いこなせずに悩んでいるという企業も、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

Sansanについての更なる情報はこちらから

この記事の情報は2016年07月27日のものです
↑
気になる語句で検索してみましょう!