なぜ多くの会社がSansanの名刺管理を選ぶのか? - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

なぜ多くの会社がSansanの名刺管理を選ぶのか?

投稿日:2016年09月13日  最終更新日: 2017年11月10日

Sansanはマーケティングが可能になる!

20160118_PR画像_アカウント営業向け

名刺管理を行う際に、多くの名刺管理ソフトの中から何を選べばいいのか悩む人も多いかと思います。しかし、素人には一体何がいいのか判断基準に悩んでしまうこともありますよね。

企業が社内全体で名刺管理を行う最大の目的は、顧客をしっかり把握し、適切なタイミングでアプローチができるようにすることであり、またそれによって売り上げを向上させることのはずです。

そこでおすすめなのがSansanの名刺管理。Sansanでは名刺管理機能以外にも、利益を上げるための多くの機能が付いています。その中には「マーケティング」の機能もあります。

名刺はお客様の情報です。お客様の情報は資産とも言える、会社にとって最も重要な要素です。

そこで今回は、Sansanの機能のひとつ「マーケティング機能」についてご紹介いたします。

マーケティングは売り上げをアップさせるための機能

そもそも、マーケティングとはいったい何なのでしょうか。

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

出典:Wikipedia

つまりマーケティングとは、お客様が求める商品をお客さんが欲しいタイミングで届けることにあると言われています。 なので、常にお客様とコンタクトをとり信頼関係を構築し、お客様が求めるタイミングで自社の商品を提供することがマーケティングなのです。

そのマーケティングができる機能が備わっているのが、Sansanの名刺管理。自社の発行するメールマガジンやイベント案内メールなどは、お客様にそもそもメールを開いてもらえないことが多くあります。

しかしSansanのメール配信システムでは、お客様と直接名刺交換をした担当者の名前でメールを配信することができます。 そのため、より個別のやりとりに思えますし、直接お会いしたつながりでメールマガジンやイベント案内メールを送るので、その開封率が大きく変わってきます。

せっかくいい商品やサービスを届けようとしても、そもそも見てもらえなかったら意味がありませんよね。

自社の商品をよりよく知ってもらうためにも、メールを開いてもらうことは必須条件ともいえます。なので個別の名前でやりとりができる機能は、名刺管理にこだわるSansanのマーケティング機能の特徴とも言えそうですね。

メールマガジンの配信は無制限!

ネットワーク

会社によってはメールマガジンを送るのに、別でソフトを導入しなければならないこともあります。またその配信量はプランによって異なり、大量に配信する場合はプラス料金がかかったりします。

メールの配信に制限があるようでは、お客様が欲しいと思っているであろうタイミングに少数にしかアプローチできずもったいないですよね。

Sansanのメール配信機能では、なんとメールマガジンの配信数に制限はありません。アプローチしたい時に、アプローチしたい人に直接、何度でも送ることができます。

また、別の解析サービスを併用することで誰が行動を起こしたのかという追跡を行うことも可能になります。そうすることで、お客様がどんなメールマガジンで反応したのか分析することもできます。

これを繰り返すことでマーケティングの質が向上し、より効率よくメールマガジンの配信が可能になります。

まとめ

ただただ名刺を管理するソフトは多くありますが、ここまでお話したことは、マーケティングの機能を備えメールの配信にまでこだわるSansanならではの機能とも言えるでしょう。

売り上げを上げるには、顧客管理と、その顧客にどう寄り添うことができるのかが重要になってきます。配信無制限のメールマガジンで顧客との位置を常に近くに感じられるよう、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

この記事の情報は2017年11月10日のものです

この記事で使われている用語を知る

ダウンロード資料

名刺管理を通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!