「Sansan」で会社に眠る名刺の価値が光る! - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!
名刺管理で見なおす働き方改革

「Sansan」で会社に眠る名刺の価値が光る!

投稿日:2016年04月26日  最終更新日: 2017年09月21日
目次その名刺の価値を再確認どうすれば名刺の価値が光りはじめるのかセキュリティに対する姿勢データ化した情報は会社で共有マーケティングも「Sansan」で「Sansan」で名刺の価値を光らせたあとは? その名刺の価値を再確認…

その名刺の価値を再確認

確認 あなたの会社の机の中には、もらった名刺が何枚眠っていますか? 一人の営業マンが月に10人の人と名刺交換して、社員が10人いるとしたら、月に100枚の名刺がたまります。 その100枚の名刺、生かしていますか ? もらったきりで、会社の机の中に眠っている名刺には、本当は価値があるかもしれないのです。 その名刺を使って、新しいアイディアやビジネスチャンスが生まれる可能性もあります。 でも、名刺を紙のまま机の中で眠らせているだけでは、なにも生まれません。

どうすれば名刺の価値が光りはじめるのか

名刺に価値を見出すには、まずはその情報をきちんと管理する必要があります。 名刺ホルダーで名刺を管理するのも悪くはありませんが、もっといい方法があります。 クラウド名刺管理サービス「Sansan」を使って、名刺をデータ化するのです。 「Sansan」のサービスを利用すると、名刺をスキャンするだけで正確にデータ化できます。 コンピューターによる文字認識システムではなく、名刺の画像をオペレーターが読み取る、人入力を採用しているので、ほぽ100パーセントの正確さで、確実にデータ化できるのが「Sansan」です。 Sansanとは何かを知りたい人はこちら

セキュリティに対する姿勢

人が入力するのでは、セキュリティは大丈夫?と思ったあなたも、大丈夫。 「Sansan」のオペレーターには、誰が誰の名刺を保有しているかの情報が分からないシステムになっているうえに、社員の95%が個人情報保護士の資格を持っています。 さらに、データをやり取りするときは、すべて暗号化された情報で通信されるので安心です。 「Sansan」株式会社は、設立当時より個人情報保護マネジメントシステムをとっていて、プライバシーマークも取得しています。

データ化した情報は会社で共有

共有 名刺の情報をデータ化しただけで安心してはいけません。 データ化した情報は、会社で共有しましょう。 共有することで、顧客情報や人脈情報が可視化され、会社全体で利益を考えることができます。 「A商事のaさんとアポイントをとりたいんだけど」と誰かが思った時、社員すべての人脈を使ってそれ可能にすることができます。 「cさんに用事があって、C建設に行かないといけなくなった」というときは、「Sansan」なら地図情報も自動で取得しているので、安心です。 もちろん、「gさんの連絡先は?」と急ぎのコンタクトにもすぐに対応できます。 通常の営業マンの業務のほとんどに対応しているので、すべての営業マンの仕事を効率よく運ぶことができます。

マーケティングも「Sansan」で

「Sansan」では、データ化された名刺情報や、名刺に書き込まれた顧客情報をもとに、顧客リストが自動的に作成されます。 この顧客リストも、商談ごとにリストアップしたり、タグ付けやカテゴライズすることが可能です。 商談の際のお礼のメールなども、リストアップした相手に担当者の名前で一斉送信することができます。 この機能を使って、メールマガジンの配信もすぐにできます。 効果的なマーケティングを効率的に行うことは、さらなる売り上げアップにつながります。

「Sansan」で名刺の価値を光らせたあとは?

「Sansan」には、これまで眠らせていた名刺の価値を光らせる力があります。 けれども、「Sansan」のシステムを使って、価値ある情報を売り上げアップに利用するのは、社員一人一人です。 名刺情報の価値を再確認し、それをいかに生かしていくかは、あなたにかかっているのです。 Sansanで出来る名刺の活用方法はこちらから
この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!