クラウド 名刺管理の比較 Archives - ページ 2 / 2 - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!
名刺管理で見なおす働き方改革

名刺を送るだけ!Web上で管理できるPC向け名刺管理ソフト『メイシー』

投稿日:2013年03月29日  最終更新日: 2015年10月30日
名刺管理ソフト「メイシー」は、株式会社もぐらの提供するクラウド型名刺管理サービスである。名刺の共有とメール配信に特化したシンプルなサービスであり、同名のアプリを利用すればいつでもどこでも名刺データにアクセスできる。名刺デ…

名刺管理ソフト「メイシー」は、株式会社もぐらの提供するクラウド型名刺管理サービスである。名刺の共有とメール配信に特化したシンプルなサービスであり、同名のアプリを利用すればいつでもどこでも名刺データにアクセスできる。名刺データに関しても、スキャンや郵送で送られた名刺データを裏側でメイシーに契約スタッフが入力するため、精度の高いデータが納品される点もメリットだろう。

メイシー

  • 製品名:メイシー
  • 開発元:株式会社もぐら
  • 価格・利用体系:お問い合わせ
  • 製品形態:クラウド/Saas

名刺を電子化したいものの、そもそも名刺に記載されたデータを入力・登録すること自体が煩わしい。そんな不満を抱き、今ひとつ名刺の電子管理に踏み切れないという人も多いのではないだろうか。
それであれば、名刺管理をシステム上で行いつつ、名刺のデータ化も外部へ投げてしまえるようなサービスがあれば有り難いと感じるはずだ。今回は、そんな「メイシー」をご紹介したい。

画面を切り替えず、名刺情報の詳細を表示

メイシーは、Webサイト上でデモ画面を見ることができる。デモ画面へログインするためのIDとパスワードは最初から入力されているので、今回はこのデモ画面を使って使用感などをご紹介していく。

ログイン直後の画面をみると、登録されている名刺の一覧が表示される。また画面右側には、一覧から選択した名刺の詳細が表示される仕組みだ。一覧の左側にチェックボタンがあるが、チェックを入れた名刺ではなくあくまでクリックして選択した名刺1件の詳細が標示されるので、注意しておきたい。

便利な名刺データの入力代行

追加料金が必要だが、名刺を郵送するとオペレーターが名刺データの入力を代わりに行ってくれる。忙しくて入力時間が取れないという方には、非常に良いサービスだろう。ただし郵送している間は名刺が手元に無いので、その間に必要とならないかよく考えてから依頼したい。
尚、名刺のデータ入力はスキャンと合せて35円/件(2012年12月現在)。もちろん自分で入力することも可能であり、その場合はシステム利用料のみが発生することとなる。

登録した名刺情報には、任意でラベルを付けることも可能だ。ラベルで分類しておけば、管理がしやすくなるだろう。

ちなみにメイシーでは、登録した情報から以下のような操作が可能である。

・企業サイトへのリンク
・所在地の地図検索
・経路検索(交通費計算)
・株価検索
・FaceBookページ検索 など

 

チェックした名刺を一括操作

名刺一覧の左横にあるチェックボックスで名刺を選択すると、メール送信やCSV出力などを一括して行うことができる。

またメイシーは「ZOHO」「Salesforce」などの各種CRMと連携しており、データをエクスポートすることも可能。既にCRMを導入している企業であれば、その延長として名刺管理が行えるというわけだ。
エクスポートは各CRMのログインに必要な情報を入力し、「エクスポート」をクリックするだけ。チェックボックスで選択したデータを、すぐに出力できる。

メール配信解除URL挿入機能で、SPAMフォルダ行きを防ぐ

登録情報を使って、システム上からメールを送信することもできる。しかしイベント通知などのDMと混同して受信者側が認識してしまうと、SPAMメールとして登録されてしまうことがあるようだ。

SPAM扱いにならないよう、メイシーから配信されるメールには配信解除用URLがメールの本文中に設定されている。もちろんこれは削除することもできるが、メールをちゃんと確認してもらいたいのなら挿入しておくと良いだろう。ただし突然こんなメールが送られてくると相手も驚くので、事前にシステムからのメール配信を行う場合がある旨は伝えておいた方が良さそうだ。

まとめ

基本画面は一覧と詳細という左右2部構成で、至ってシンプルなデザインだ。あまり多機能だと使いこなすのに自信がないという方であれば、これは使いやすい。
ただし名利のデータ入力を依頼する場合には、セキュリティ面について考慮しておきたい。ISMS取得のデータセンターではあるが、個人情報・機密情報の含まれる名刺を郵送しなければならないからだ。郵送した名刺の取扱いなど、万が一にも紛失などあった場合を想定すると安心とは言い切れない。とはいえ相手に「名刺を紛失した」など言えないだろう。あらかじめコピーを取るなど、バックアップは必要になりそうだ。

▼名刺管理ソフト・アプリ比較表

soft_compare appli_compare_705x100

 

ダウンロード資料

名刺管理を通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!