今さら聞けない企業のビッグデータ活用術 - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!
名刺管理で見なおす働き方改革

今さら聞けない企業のビッグデータ活用術

投稿日:2018年07月27日
ビッグデータはIT技術・情報処理能力の飛躍的な向上によって、今までにも増して重視されるようになりました。今やビジネスとは切っても切れない関係です。ここでは、企業発展の鍵を握るともいわれるビッグデータの活用について掘り下げてみましょう。

なぜビジネスでビッグデータが重要視されるのか

そもそもビッグデータとは、従来の管理システムでは収まりきらないレベルの容量を誇る巨大なデータ群の名称。「データの容量が膨大であること」「常にデータが収集・発信・更新されリアルタイム性があること」「収集したデータに多様性があること」が条件であるといわれています。データの多様性が必要とされているため、データの内容は写真や動画・テキスト・数値・SNS情報・天気・交通情報…など種類は問わず、あらゆる情報がビッグデータの一部となるのです。

技術の進歩によって、これまでは扱えなかった大容量のデータでも迅速かつ正確な処理が可能になったことから、ビッグデータをビジネスに生かそうという動きが活発化しました。

ビッグデータを利用すると従来に比べ、種類も数もより多くより幅広い情報をいっぺんに分析できるようになります。多くのデータを根拠に精度の高い分析結果を得ることも可能です。データ分析によって最適な解を導き出すことができれば、売上傾向の予測がしやすくなったり、顧客満足度における最善の対応策を打ち出すことができたり、新たな問題点の提起も実現できるでしょう。人間の勘や経験値だけではたどり着くことのできなかった仮説を膨大なデータから見つけ出してくれるかもしれません。

このようにビッグデータの活用によって、事業における新たな突破口を発見できるのではとビジネスの世界でとても重要視されているのです。

ビジネスにおけるビッグデータ活用のメリット

ここからは、ビッグデータを業務に活用した際に生まれる具体的なメリットをいくつかピックアップしてご紹介していきましょう。

あらゆるデータを客観視することが可能に

ビッグデータは多様性に富んだ情報群です。情報の種類が豊富なため、あらゆるデータを客観的に捉え、可視化することができるようになります。明確な数値では表記できないような抽象的な情報でも、ビッグデータ内のあらゆる種類のデータを併せて分析することで数値化が可能になります。これまで「なんとなく」でしか把握できなかった情報や経験値に頼りがちだった情報を明確な数字として抽出できるようになるのです。

客観的なデータを手に入れることができれば、それを元にした事業のプロセスや戦略も立てやすくなります。顧客の満足度調査やマーケティング業務もハッキリとした数値を出せるように変化するため、サービスの最適化もしやすくなるでしょう。

的確なリスク回避ができるようになる

ビッグデータは情報の可視化を実現するだけでなく、今後の予測にも役立てることもできます。蓄積されたこれまでのデータから導き出した規則性で「事業で起こりうる今後の展開」「偏りがちな傾向」を予想できるのです。この予測というメリットを生かした代表的な例として、「今後はこの商品が売れるようになる」という分析結果を事業計画に利用するというケースがありますが、それ以外にもビッグデータによる予測を大いに生かせるといわれている事例が企業のリスクマネジメント。膨大な量のデータは、人間の目では見落としてしまいがちなリスクや知り得ることのできなかった落とし穴も見つけてくれます。企業にとってのリスクを早めに知ることで、被害をゼロ・もしくは最小限に抑える最適な対応策をとることができるでしょう。

業務プロセスの改革にもつながる

なんと、ビッグデータは働き方改革にも役立てることができます。社員ひとりひとりの行動や作業の流れ、業務プロセスをデータ化することで「結果を残している社員の行動にはどんな特徴があるのか」「逆に結果が出なかったプロジェクトにはこんな共通点があった」など、今まで気づくことのできなかった規則性を見つけ出していくのです。この規則性に従って、社内環境・業務プロセスを改善していけば、生産性をアップさせた労働環境を構築することができるでしょう。データ分析によるトライアンドエラーを繰り返し、労働環境をより良いものに変化させることは新たなビジネスモデルや業務プロセスを発見することにもつながっていくといわれています。

コストダウンを実現する

上記のようにサービスの改善・業務プロセスの最適化・労働環境の改革が行われるようになると「実は無駄だった時間」や「本当は削減できた経費や資源の利用」にも気づくことができるようになります。的確なリスク回避は、余計なコストがかかってしまう危険から企業を守ってくれるでしょう。ビッグデータの活用は、結果としてコスト削減の実現にもつながると期待されているのです。

ビッグデータを利用する上での注意点

ここまでビッグデータを活用した際のメリットをいくつか紹介してきました。最先端の技術を企業の力に変えることはとても有意義なことです。しかし、実際にビッグデータを活用しようとするときに気をつけておきたい注意点がいくつか存在します。

データを活用できるだけの基盤を社内に作ること

「ビッグデータを利用しよう!」とはじめてみたはいいものの、膨大なデータを扱いきれず、ビッグデータの持つ本来の力を発揮することができないというのは、よくある失敗例だそうです。上記でも触れた通り、ビッグデータは種類も量も相当なものになります。そのためデータを集めたり分析したりという機能もそれ相応でなければなりません。大量のデータを守るだけのセキュリティも必要になります。ビッグデータを利用する際には、これらの基盤作りをしっかり行ってからにしましょう。最近は多くのシステムやツールが作られ、コスト面などそこまで大きな負担にならずに導入可能なものもあるそうですよ。

ビッグデータから得た情報を何に使うか、目的をはっきりさせること

活用目的がはっきりしていなければ、せっかくのデータも生かすことができません。ビッグデータからどんな情報を得て、それを何に生かしたいのかをクリアにしてから活用するようにしましょう。「このデータを◯◯の目的で収集します」と明確な説明をすることで、データ収集に対してプライバシーを気にする周囲の人(社員や消費者)の理解も得やすくなるといわれています。

ビッグデータを有効に活用していくには

ビッグデータを有効活用していく上で大切なのが「自社に合った活用の仕方をする」ことです。一般的に、データは弱点を補うためよりも強みをさらに伸ばすために活用するべきだといわれています。自分の会社のどの部分をどのように伸ばしていきたいのかを考え、それに合わせたソフトを導入していくと良いでしょう。ビッグデータから得た情報をどのように活用するべきか、自社の目的と常に照らし合わせておくのも忘れてはいけません。分析の結果や数値にとらわれすぎて、現場の声や本来の目標を見失わないようにしましょう。

まとめ

ビッグデータは上手に使いこなせて初めて、今まで知り得なかった新たな価値を見出す手がかりとなってくれます。そのためには、自社をよく知ることも大切。自分たちに最適な活用法でビッグデータの持つ力を存分に活かしてみてください。

この記事の情報は2018年07月27日のものです

ダウンロード資料

名刺管理を通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!