名刺管理アプリのスキャナ精度がスゴイ! - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

名刺管理アプリのスキャナ精度がスゴイ!

投稿日:2016年11月25日  最終更新日: 2017年09月21日

shutterstock_89868868

紙の名刺をデータ化する際は、自動で名刺の文字情報を読み取ってくれる「名刺管理アプリ」の利用が便利です。このページでは、昨今の名刺管理アプリの傾向をおさらいしつつ、人気名刺管理アプリのスキャン機能の特色についてまとめてみました。これから名刺管理アプリを使ってみたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

名刺管理アプリの傾向

shutterstock_302765114

名刺管理アプリは、文字どおり名刺をデジタルデータ上で管理するためのアプリです。

しかし、アナログの名刺ファイルにはない機能が多く搭載されています。

たとえば、「名刺のアップデート機能」。紙の名刺交換では、紙面の情報が最新のものにアップデートされることはありませんよね。しかし名刺管理アプリの場合は、先方と当方が同じ名刺管理アプリを使用していれば、先方の最新の名刺情報が自動的に通知されるようになります。「しばらく連絡をとらないうちに異動になっていた」などのすれ違いが起こりにくくなる点がメリットです。

また、「紙の名刺からデータを抽出する精度の高さ」も、特筆すべきポイントのひとつです。
自分で手打ちしなくても自動的にアナログからデジタルに変換してくれるため、名刺整理の手間をグッと削減することができます。

スキャン方法から見る「Eight」の特徴

では、人気名刺管理アプリを「スキャン」という機能面から見てみましょう。

まず、国内でも大きなシェアを誇る人気名刺アプリ「Eight」。Sansan株式会社が提供しているこのアプリは、名刺のスキャニングに人力を使用している点が特徴といえます。

「Eight」でのスキャンの流れ

Eightで名刺をスキャンする方法は極めてシンプル。スマートフォンのカメラで紙の名刺を撮影するだけです。撮影後は、名刺データをもとにEightのオペレータ―が手動で名刺をデータ化してくれるのを待ちます。自分で入力する手間がかからないうえに、気になる精度もほぼ99.9%。忙しいビジネスマンでも、スムーズに名刺のデータ化ができる点がメリットです。

なお、大量の名刺をスキャンしたい時は、大きくわけて2つの方法があります。ひとつは自前のパソコンとスキャナーを用意し、EightのPC用連携ソフト「Eight scan PC版」を使ってスキャンを行うこと。もうひとつは、名刺のスキャンを委託することです。Eightは全国約1000カ所以上に無料スキャンスポットを展開しているほか、郵送や訪問によるスキャンサービスも行っています。「たまった名刺が多すぎてスマホじゃ追いつかない!」という時にも便利ですね。

スキャン方法から見る「CAMCARD」の特徴

では、「Eight」と同じく高い人気を誇る名刺管理アプリ「CAMCARD」のスキャン機能はどのようになっているのでしょうか。

「CAMCARD」でのスキャンの流れ

「CAMCARD」のスキャン機能でも、Eightと同じくスマートフォンのカメラを使用します。ただ、「CAMCARD」は文字をデータ化する工程で、人力ではなく、OCRと呼ばれる技術を採用している点が特徴です。撮影された名刺を機械で読み取るため、大量の名刺をより早くデータ化することができるところが強みといえます。

ただし、OCRは人力での入力とくらべて、データ化の精度がやや落ちる傾向にあります。データ化された名刺情報に誤りがないかどうかを自分でチェックし、正確性をより高めるように心がけるとよいでしょう。

おわりに

昨今の名刺管理アプリの傾向や、人気名刺管理アプリのスキャン機能の特色についてご紹介しました。名刺の整理はつい後回しにしてしまいがちですが、名刺管理アプリや名刺スキャンの委託サービスを活用することで、自分の人脈をすみやかに可視化できるようになります。興味がある方は、まずはEightやCAMCARDといった人気名刺管理アプリの使用感から確かめてみてはいかがでしょうか。

この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

ダウンロード資料

名刺管理を通して働き方を変えるための資料をご用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!