名刺管理で見なおす働き方改革

4大名刺管理サービスの個人情報はどのように守られているか

投稿日:2016年01月12日  最終更新日: 2017年09月21日
目次名刺管理サービスと個人情報EightCAMCARDスマート名刺管理SkyDesk 名刺管理サービスと個人情報 名刺管理アプリの普及により、数百枚数千枚の名刺情報を自由に持ち運ぶことができ、いつでもどこからでもアクセス…

名刺管理サービスと個人情報

名刺管理 個人情報 名刺管理アプリの普及により、数百枚数千枚の名刺情報を自由に持ち運ぶことができ、いつでもどこからでもアクセスできるようになりました。クラウド技術の進展は、以前は考えられなかったような便利さを、私たちにもたらしてくれています。 しかしながら、同時にそれだけの膨大な個人情報を持ち歩くということの重大さを認識しなければなりません。つまり、スマホなどの携帯端末を、不注意によりなくしたり、盗難されたりということにより、膨大な個人情報が漏洩する可能性があるということを認識しなければならないのです。 名刺管理クラウドサービスによるアプリやソフトを選ぶなら、セキュリティについてもきちんと確認したいものです。 人気の名刺管理アプリのセキュリティについて、それぞれどのようなセキュリティを施しているのか見ていきましょう。

Eight

eight   Eightは、利用者が100万人という、人気名刺アプリです。スマホなどで名刺を写真にとってアップロードすると、オペレーターによって名刺情報が手入力され、データ化されます。名刺のデータ化の精度の高さで評価の高いアプリです。 それでは、Eightの個人情報管理のセキュリティはどのようになっているのでしょう。 Eightを提供しているSansan株式会社は、プライバシーマークを取得しています。 プライバシーマーク制度とは、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定する制度です。認定された組織は事業活動でプライバシーマークの使用が認められます。 要するに、個人情報管理について社内の体制や仕組みが整っていることが、第三者機関によって認められているということです。 名刺管理アプリを提供する会社そのものが、厳しく個人情報を管理していなくては、安心して個人情報を預けることはできません。そういった意味で、Eightは安心して使うことができる名刺管理アプリと言えます。

CAMCARD

44796_0 世界中で1億人以上の利用者を誇る、名刺管理ソフトです。OCRソフトにより名刺を自動化します。正確性においてはオペレーター入力には劣りますが、16カ国語に対応する人気ソフトです。 アプリに同期した名刺情報はアメリカ、ヨーロッパ、日本、中国にあるサーバーに保存されます。全ての名刺には256桁のパスワードがかけられ、保護されています。暗号化技術に関しては銀行の情報セキュリティレベルと同等のものを使用しています。 appli_compare_705x100

スマート名刺管理

ダウンロード 日本語入力ソフト「ATOK」で有名な、ジャストシステム株式会社の提供する名刺管理ソフトです。23カ国24言語に対応します。Sansanと同様にプライバシーマークを取得しており、高いセキュリティ環境を保持しています。

SkyDesk

120912skydesk-cards01 富士ゼロックス株式会社の提供する個人・法人向け名刺管理サービスです。 セキュリティの高いデータセンター内にSkyDesk専用エリアを設け管理しています。物理的なセキュリティ(24時間/365日モニター監視・生体認証など)と共に、 ネットワークセキュリティ(暗号化、アクセス管理)への対策を講じています。 また、必要に応じて「IPアドレス制限」にも対応しているので、アカウントへアクセスできるIPアドレスを制限できます。より高い安全性を確保したい場合におすすめです。   どのサービスを利用するにせよ、名刺管理システムにおけるセキュリティ面は重要なポイントです。利用の際は必ず確認するクセをつけておいたほうが良いでしょう。 soft_compare  
この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!