名刺ホルダーをなくす!営業力をあげる組織的名刺管理とは? - 名刺管理アプリ・ソフト選びで働き方を変える!

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

名刺ホルダーをなくす!営業力をあげる組織的名刺管理とは?

投稿日:2016年06月03日

名刺ホルダーの情報をデータ化して営業力を上げる

名刺ホルダーをなくす!営業力をあげる組織的名刺管理とは?

顧客開拓を進め、新規顧客を増やすために、これまでは営業マン全員の名刺ホルダーを持ち寄り、営業会議にかける方法がよいとされていました。

営業部署全員の名刺が集まれば、その数は相当になります。その時にはただの名刺交換で終わっても、時間が経過すれば、新たな顧客になる可能性があります。

しかし最近では、名刺情報をデータ化して、社内で共有するシステムが、多くの企業で活用されています。今回は、名刺ホルダーをなくして、営業力をあげる組織的名刺管理についてご紹介します。

名刺情報をムダにしているケース

一般的に名刺管理は、営業マン個人が保管・管理をしています。そのため名刺の枚数が増えてくると、名刺ホルダーに保管されず、机の中から大量に名刺が見つかるケースも少なくありません。

活用されていないこれらの名刺は、使い方によっては会社にとって将来「資産」になるかもしれません。

また、得意先回りに名刺ホルダーを持ちまわる場合も考えられます。その場合でも、名刺情報の共有はできず、ビジネスチャンスを逃している可能性があります。

名刺情報を管理すれば、顧客ネットワークがわかる

では、組織として名刺管理をした場合はどうなるのでしょう?

名刺情報が一元化されれば、必要に応じたカテゴリー分けができるので、営業戦略ごとに名刺データを振り分けることができます。今後の方針に沿った顧客ネットワークの構築が可能となるでしょう。

また各営業マンが、今後増える名刺を常にデータ化し、細かい情報を加えることで、最新の顧客ネットワークが、企業全体で把握できます。

今までのような、報告書の提出では見えてこない、新たなビジネスチャンスが生まれてくるかもしれません。

企業内すべての部署を含んだ戦略が生まれる

取引先との関係は営業部門だけではありません。重要な顧客は時として仕入れ先にもなります。部署の数だけ取引の機会が発生するので、会社にとっては、名刺データの活用は、各部署の生産性向上に役立ちます。

営業部門以外の部署が顧客と接点を持つことになれば、会社にとっても大きな一歩となるでしょう。

今後の顧客管理と取引先情報を名刺データを基にすれば、ロスがなく生産性も向上するでしょう。

名刺データの管理は常に最新情報を入力

名刺データは常に最新な状態を維持しなければいけません。名刺データが更新されず、内容が古ければ信憑性が薄れ、活用はされません。

名刺データを企業にとって戦略的な武器にするのであれば、新鮮で正確な情報をいつでも入手できるようなシステム作りが重要です。適切なタイミングで、顧客データが利用できれば、他社を出し抜くことも可能でしょう。

a242e7d4fd8cfec65922cbfa76d4e1ebba_s

行動計画によって、企業全体の動きが変わってきます。今までのように営業マン個人の行動計画では、エリアや取引先担当者の重複などがあり、ロスが発生します。ところが、企業内のすべての名刺がデータ化され一元管理されると、顧客との取引に関する状況がすべて把握できます。そのため、今までのようなロスが多い営業スタイルから、効率的な営業スタイルに変えることができます。

営業のロスを減らすことができれば、その分を新規顧客開拓に当てることができます。こうして、さらに名刺データを増やすことで、顧客ネットワークが次々と広がりをみせることでしょう。

↑
気になる語句で検索してみましょう!