名刺管理で見なおす働き方改革

速くて、安くて、安全で、簡単!明日名刺がデジタルになる「アスデジ」

投稿日:  最終更新日: 2019年11月13日
目次はじめにアスデジとは?アスデジのサービスプラン確実で安全なデジタル化シャノンマーケティングプラットフォームとの連携おわりに はじめに   「セミナーでたくさん名刺をもらったし、すぐにでもアプローチしていこう…

はじめに

速くて、安くて、安全で、簡単!明日名刺がデジタルになる「アスデジ」

 

「セミナーでたくさん名刺をもらったし、すぐにでもアプローチしていこう!」という場合、より多くの見込み客に対して効率的に営業することは大変重要ですが、大変でもあります。そのためにも、まずは社内で名刺のデジタル化をして顧客管理することは非常に有効でしょう。一方で、デジタル化をする時間も人手もないという場合、アウトソーシングするという選択肢がありますが、スピードが重視されるビジネスの世界では、できるだけ速く正確にデジタル化してもらいたいものです。今回は、名刺を預けた明日には名刺のデジタル化を実現してくれるデータ化サービス「アスデジ」をご紹介しましょう。

アスデジとは?

株式会社シャノンの提供するアスデジとは、セミナーや展示会などで大量の名刺を獲得した場合、事前7営業日前に申し込みしておけば、名刺を預けた日の翌営業日にはデジタルにデータ化してくれる高速名刺デジタル化サービスです。価格は基本料金は無料で、1枚50円となっています。また名刺でよくあるのが、名刺に相手に関する情報や会った日などを手書きでメモしているケースです。この場合1枚20円で手書きメモもデジタルするオプションサービスが用意されているので安心です。

アスデジのサービスプラン

アスデジでは2つのサービスメニューが用意されています。
・アスデジLite (ライト):名刺を持ち込み(または郵送)、スキャン代行して、デジタルデータ(csvファイル)で納品するサービス。
・アスデジPlus(プラス):名刺を持ち込み(または郵送)、スキャン代行して、デジタル化して、同社が提供するマーケティングプラットフォーム(SMP)へ納品。自社でスキャンして、SMPに納品することも可能。レンタルスキャナの利用可。

確実で安全なデジタル化

確実で安全なデジタル化
デジタル化には、スキャナでのスキャニング後、2名以上のオペレータによる名刺画像のデジタル化をおこない、同一結果が得られるまで入力されるフローとなっています。そのためミスが起こりがちな入力サービスであっても確実性の高いサービスとなっています。

シャノンでは、プライバシーマークやISOといった各種セキュリティ体制をとり、充実したセキュリティ対策を施しています。また、名刺は預けたすぐにその場で返却されるため、大切な名刺を紛失するといった心配もありません。

シャノンマーケティングプラットフォームとの連携

シャノンでは、アスデジの他に、統合的なデータ管理を行い、マーケティング業務の自動化、効率化を行うシャノンマーケティングプラットフォーム(SMP)を提供しています。セミナーや展示会、キャンペーンなどでは多くの見込み客との接点情報が入手できますが、重要な見込み客に対してはアプローチするものの、その他の多数の潜在顧客へはアプローチしきれていないというケースも多いでしょう。SMPでは、確度の高い顧客の選定や顧客へのアプローチ履歴、顧客の行動管理、ソーシャルメディア連携などのマーケティングに必要な様々な機能を提供しています。

アスデジPlusでは、デジタル化された名刺情報をSMPへ取り込むことによって、名刺をもらった相手に一括して名刺配信するなど、その後のマーケティング活動を効率的に行い、売上へ結びつけるためのアプローチをとることができます。

おわりに

おわりに

いかがでしょうか。シャノンのアスデジでは、従来速いとはいっても1週間程度かかっていた名刺のデジタル化を翌日には対応できることをコンセプトにした、スピードが求められる営業活動には大変役立つサービスです。また同社の提供するマーケティングシステムと連携させることで、単なる顧客リストではなく、売り上げにつながる見込み客として活用することができるでしょう。名刺を溜めておかずすぐにデジタル化し、効果的なアプローチへ活かしてみてはいかがでしょうか。

blank blank
この記事の情報は2019年11月13日のものです
blank blank
blank

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

blank

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

blank

名刺管理エクセル
テンプレート

blank

名刺管理ノウハウ集

blank

3分で分かるSansan

↑