名刺管理で見なおす働き方改革

手帳のようにデザインにもこだわりたい?「クラウド名刺帳」

投稿日:  最終更新日: 2019年11月13日
目次はじめにアナログ感のある手帳デザインデータ化精度100%メール送信エンジンに優れたSPIRALを活用東芝の堅牢なデータセンターとSPIRALのセキュリティ対策登録数による定額制でスモールスタートが可能おわりに はじめ…

はじめに

1年も後半に入ってくると、書店などで来年度の新しい手帳がずらっと並んでいるのを目にすることがあるのではないでしょうか。同じ手帳といえどもそれぞれ少しずつ工夫が凝らしてあり、どれが一番便利だろうか、使い勝手がいいだろうか、このデザインも素敵だな、、と手帳選びもなかなか楽しいものです。今回は、手帳のインターフェイスをもった名刺のデータ化ソフト「クラウド名刺帳」についてご紹介しましょう。

アナログ感のある手帳デザイン

手帳のようにデザインにもこだわりたい?「クラウド名刺帳」

テックインフォメーションシステムズ株式会社が提供する「クラウド名刺帳」は、一目見ても印象的な、「革の手帳」を思い起こさせられるデザインのビューワです。これには、できるビジネスマンはビジネスツールにもこだわる、ITツールだからこそあえてアナログ感をという思いが込められています。
アナログ感のある手帳デザイン
メールや電話など、ボタンひとつ押せばアクセスできるわかりやすい機能ボタンで使い易さにも配慮。もちろんPCだけでなく、スマホやタブレットにも対応しており、各デバイスを「自分の手帳」と感じながら使用することができるでしょう。

データ化精度100%

名刺のデータ化には、同社の推奨するスキャナーを使って自身でスキャンする必要があります。スキャナーを使っても一度の100枚の読み取りが可能なので煩わしさは軽減されるでしょう。スキャンされた名刺データは、1ライセンスあたり3000枚/日まで、品質確認担当によって、幾重ものチェックの後に翌営業日にはデータ化され、データ化精度は100%となっています。

名刺のデータ化にあたっては、入力方法にガイドラインでルールを定義し、統一されているため、せっかくデータ化したのに内容にばらつきがあったり、使えないデータだったということがないような設計となっています。

また、名刺データでよくあるのが名刺に記入したメモ書きもデータ化してくれるのかというポイントですが、クラウド名刺帳でもメモ書きに対応しているので、相手先の特徴などを書いているという場合にも安心です。

メール送信エンジンに優れたSPIRALを活用

メール送信エンジンに優れたSPIRALを活用
クラウド名刺帳では、データベースには以前にご紹介した米国パイプドビッツ社のSPIRALを使用しています。同社がSPIRALを採用した理由として、メール送信エンジンが優れていることがあげられています。クラウド名刺帳では名刺情報を企業のマーケティングメールや、学校や地域の防犯・防災メールなどより公共性の高いメール送信にも活用できます。

東芝の堅牢なデータセンターとSPIRALのセキュリティ対策

名刺情報という重要な情報を預ける際には、やはりセキュリティには注意したいものです。同社は東芝テックグループであり、同システムも東芝のデータセンターで管理されています。データセンターは入退室管理や電源の冗長化、FW、WAF、IPSによりWebサイトへの不正攻撃にも万全の環境となっています。

また、データベースのSPIRALでも第三者機関によるセキュリティ診断を定期的に実施しているのも評価できるでしょう。

登録数による定額制でスモールスタートが可能

クラウド名刺帳では、登録する名刺数に応じた月額固定料金となっています。そのため、組織で情報を共有したい場合にも価格を気にすることなく利用できます。またクラウド形式での提供のためシステムの保守やメンテナンス費用もかからないこともメリットでしょう。

おわりに

いかがでしょうか。クラウド名刺手帳は、手帳のもつアナログ感を大切にしながら、ITツールとしての利便性やセキュリティ機能を融合させた名刺のデータ管理サービスです。堅牢なデータセンターとセキュリティで管理され、使い心地のいいデザインの名刺管理ツールをお探しの方は検討されてみてはいかがでしょうか。

blank blank
この記事の情報は2019年11月13日のものです

この記事で使われている用語を知る

blank blank
blank

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

blank

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

blank

名刺管理エクセル
テンプレート

blank

名刺管理ノウハウ集

blank

3分で分かるSansan

↑