名刺管理で見なおす働き方改革

〈展示会担当者必見!〉展示会の名刺の課題を解決した企業の事例をご紹介

投稿日:2014年09月03日  最終更新日: 2017年09月21日
目次はじめにスピーディーにお礼メールが送信できた見込み客をしっかりフォローさいごに はじめに 9月はギフトショーやツーリズムEXPOジャパン2014など、さまざまな展示会が行われる時期。展示会に出展してビジネスの拡大を図…

はじめに

展示会の名刺をスピーディーに有効活用!Sansanの法人サービス導入事例 〜展示会編〜 9月はギフトショーやツーリズムEXPOジャパン2014など、さまざまな展示会が行われる時期。展示会に出展してビジネスの拡大を図りたいと考えている企業は少なくありませんよね。 そんな思いとは裏腹に、展示会で交換した大量の名刺を十分に活用できていないと感じている方も多いのではないでしょうか。1日に100枚以上の名刺を交換することも珍しくない中で、頂いた名刺をうまく活用できるかどうかは、ビジネスチャンスを獲得できるかどうかにつながっていると言っても過言ではありません。 そこで今回は、名刺管理の法人向けサービスを導入したことによって、展示会の名刺をうまく管理・活用できたという2つの事例をご紹介します。

スピーディーにお礼メールが送信できた

展示会の名刺をスピーディーに有効活用!Sansanの法人サービス導入事例 〜展示会編〜 まずご紹介するのは、キクデンインターナショナル株式会社の導入事例です。 キクデンインターナショナル株式会社様は電力機器(重電機器材料)の専門商社と製造メーカー(実装基板向けはんだ付け冶具)を主力としたコングロマリットの形態をとる企業様。IT部門が展示会に出展された際、Sansanを展示会場に持ち込んだそうです。 結果、1日数百枚交換した名刺をその場でスキャンすることができたため、翌営業日には名刺をデータ化できたそうです。それまでは、データ化までに3週間ほどかかっていたそうですから、大きな時間短縮を図れたことは明らかです。 「たまたまではないか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これはキクデンインターナショナル株式会社様に限ったことではありません。 展示会の名刺をスピーディーに有効活用!Sansanの法人サービス導入事例 〜展示会編〜 寺田倉庫株式会社様も展示会での導入事例に満足されている企業様の一つ。トランクルームや貸し倉庫事業など、さまざまな事業を展開されている寺田倉庫株式会社様は、2度めの展示会出店からSansanを導入されたそうです。 1回目の展示会で交換した名刺情報は、一度エクセルに落としてから架電してフォローという体制を取っていたそうですが、データ化の段階から大きな負担がかかっていたとのこと。 こうした教訓から2回目の展示会出展以降Sansanを導入。今や1000枚を超える名刺を交換しても、そのデータ入力には手間がかからないと実感されているそうです。 さらにSansanはマーケティング担当者が一括でお礼メールを送っても、相手に届いたメールには個々の営業担当者の名前が表記されるよう設定が可能なので、こうした機能を使って、セールスに極力負担をかけずにフォローできたことも大きかったようです。

見込み客をしっかりフォロー

さらに寺田倉庫株式会社様は、名刺を交換した全ての方にメールを送ることができたために、本来なら見込み客とは見なさない方にもフォローができ、受注につなげることができたという成功事例を持っています。 1000枚を超える名刺リストを作成したとしても、全て手動でフォローしなければならないなら、ある程度優先順位を付けた中で、先方にアプローチを掛けるものです。 本来なら優先順位から漏れてしまうような得意先から受注をいただけるのは、まさに名刺をデータ化し、もれなくアプローチを行った結果だといえるのではないでしょうか。

さいごに

名刺をデータ化することにより、普段の名刺交換だけでなく、こうした展示会など大量に名刺交換を行う場でも有利に働くようです。これから展示会を控えているという方だけでなく、すでに展示会は終えたものの、名刺管理や活用に課題が残ってしまった方にも参考にしていただければ幸いです。   名刺管理成功事例はこちら
この記事の情報は2017年09月21日のものです

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!