名刺管理で見なおす働き方改革

喫茶店で名刺をスキャン!名刺管理アプリEightの新サービスとは

投稿日:  最終更新日: 2017年09月21日
目次はじめに「どこでもスキャン」ってなに?銀座ルノアールグループに名刺スキャンサービスを設置Eightでスキャンスポットが検索できるようにまとめ はじめに 名刺管理をする上で厄介なことは、もらった名刺を溜めこんでしまうこ…

はじめに

喫茶店
名刺管理をする上で厄介なことは、もらった名刺を溜めこんでしまうことです。
名刺管理アプリでデジタル管理を始めたと言っても、すぐに取り込まないとスキャンしようと思っていたいつの間にか名刺が溢れてしまうもの。名刺が溜まってくると整理が面倒くさい…仕事に追われていると、できれば後から溜まった名刺をまとめてスキャンしてしまいたい…そんな悩みに応えるべく、名刺管理アプリEightを提供するSansanが、新しいサービスを開始しました。

これまでSansanでは、「どこでもスキャン」というサービスを打ち出していましたが、今回の新サービスによって、一層名刺スキャンが身近で手軽なものになります。まずはSansanが提供する「どこでもスキャン」についてご紹介します。

「どこでもスキャン」ってなに?

このサービスでSansanは、これまでなかった新しく、かつ便利なスキャン環境を作ってきました。
例えば「預けてスキャン」というサービスは、提携するカメラのキタムラやACCEAに名刺を持ち込むことで、店舗スタッフがあなたに代わり、手軽に名刺を「Eight」に取り込むことができます。もちろん大量の名刺であってもOK。他にも、スキャンマンがあなたの会社や自宅へ、スキャン代行のために訪れてくれる「出張スキャン」というサービスや、名刺を郵送するだけでデータ化してくれる「郵送スキャン」などがあります。

そんな「どこでもスキャン」に、新サービスが登場したのです。

はじめに

銀座ルノアールグループに名刺スキャンサービスを設置

今回のサービスは、銀座ルノアールグループの各店舗に専用スキャナ「ScanSnap for Eight」を設置するというもの。
銀座ルノアールグループは、都内に約80店舗の喫茶店を展開している系列店ですので、より名刺スキャンが便利になります。
無料のスマートフォンアプリ「Eight scan」(iOS版、Android版)をインストールしておけば、スキャンに必要な費用は無料。喫茶店を利用する料金だけで、大量の名刺を簡単にデータ化することができます。

ちなみにEightのどこでもスキャンサービスでは、他にもAppBank Storeや一部のコワーキングスペースにも専用スキャナ「ScanSnap for Eight」を設置しており、同様のサービスを利用することができます。
現在で約1,000ヶ所になるスキャンスポットですが、さらにシェアオフィスや交通機関、ショップなどへ今後拡大をしていくとしています。業務の合間に利用することが多い喫茶店に設置されたというのは、名刺管理をするサラリーマンにとって便利で嬉しいニュースではないでしょうか。都合の良い時に自分のタイミングでスキャン利用ができることは、名刺管理を一層助けてくれる、Eightの新たな機能と言えるかもしれません。

Eightでスキャンスポットが検索できるように

今回のサービス開始に合わせて、Eightサイトではスキャンスポットが検索できるサービスをリリース。スキャンスポットをマップ上から検索でき、リストからも選択することができます。

ためこんだ名刺管理に悩みを抱えていた人にとっては朗報です。これから街中で専用スキャナ「ScanSnap for Eight」を見かけることが増えてくることでしょう。

まとめ

今回の「どこでもスキャン」の新サービスで、名刺管理におけるスキャンという悩みがさらに改善されつつあります。あなたが持ち運んでいる名刺フォルダを、近くのスキャンスポットへ持ち込んでみてはどうでしょう。溜めこんだ名刺がEightに取り込まれて、荷物も減って気分もスッキリしますよ。

この記事の情報は2017年09月21日のものです

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑