名刺管理で見なおす働き方改革

名刺管理リーダーで死蔵名刺を復活させよう!

投稿日:  最終更新日: 2017年09月21日
目次はじめにサンワサプライ 名刺管理リーダーリュウド 名刺の秘書無料かつ正確な名刺管理リーダー Eightキングジムのデジタル名刺ホルダー MEQRU(メックル) はじめに 営業活動のひとつの成果と言える「名刺」ですが、…

はじめに

名刺管理リーダー

営業活動のひとつの成果と言える「名刺」ですが、これまでの営業活動の結果、膨大な枚数の名刺が机の中に紙のまま埋もれてはいませんか。あまりに多すぎて、目当ての一枚の名刺を見つけるために、結構な労力を費やした経験のある方も多いのではないでしょうか。

そろそろ整理をしたいとお考えの方におすすめなのは、名刺管理リーダーです。名刺管理リーダーは、紙のまま滞留していた大量の名刺をデータ化して有効活用するためにピッタリのツールです。一口にデータ化と言っても、スマホのカメラを利用するものから、専用のスキャナがあるものまでさまざまです。今回はその中から、代表的な名刺管理リーダーをご紹介します。

サンワサプライ 名刺管理リーダー

サンワサプライ名刺管理リーダー

スマホのアプリと撮影専用のスタンドをセットにした名刺管理リーダーです。
スマホをスタンドにセットし、所定の場所に名刺を置けば、OCR機能によりおよそ1.5秒で自動的に高速撮影し、名刺情報をデータ化してくれます。認識できる言語は25ヶ国語で、日本語の場合の認識率は85%以上。また付属のソフトウェアCDを利用すれば、WindowsおよびMacどちらのパソコンでも管理でき、パソコン上でデータの閲覧・修正も可能です。もちろん、並べ替えや検索もできます。
読み込んだデータをタップするだけで、簡単に電話発信やSNS検索、地図検索などが可能なほか、パソコンからSkype発信することも可能ですので、名刺活用の幅がかなり広がるのではないでしょうか。

リュウド 名刺の秘書

71VBeXzwZrL._SL1368_

OCRシステムだけに頼った名刺のデータ化では、どうしても正確さに欠け、修正作業という余計な手間がかかることもあります。これを解決するために、オペレーターによる修正作業というサービスを提供している会社もあります。
リュウド株式会社の「名刺の秘書」は、専用のスキャナでのデータ化と、オペレーターによるチェックと修正により、読み取りの精度を上げています。
ユーザーは秘書アプリを使って、スキャナから名刺画像をサーバへアップロードするだけ。アップロードされたデータはサーバのOCRシステムでテキストに変換され、さらにリュウド株式会社のオペレーターがチェックし、修正を行います。テキスト化できる項目は氏名・会社名・住所など15項目です。対応言語は日本語と英語のみになります。
なお、スキャナとアプリ、オペレーターによる名刺のテキスト化は全て有料となります。

名刺の秘書

無料かつ正確な名刺管理リーダー Eight

eight-500x243

できるだけ無料のサービスを利用したいなら、Sansan株式会社のEightがオススメです。
専用アプリを使ってスマホで名刺を撮影すると、オペレーターが手作業でデータを入力してくれるので、正確にデータ化することができます。また、名刺に記載されたすべての項目情報をテキスト化してくれるのもポイント(名刺データの混雑状況によっては、入力データが制限されることもあります)。テキスト化に名刺の枚数制限はなく、何枚でも無料です。ただし入力が手作業のため、枚数によりますが、データ化に1週間程度かかる場合もあります。

名刺整理や管理にも便利で、例えば属性によってラベルを付けたり、グループ分けすることができるため、社名や氏名を失念しても、属性を手がかりに名刺を見つけたりすることもできます。
またEightで名刺を交換しておくと、相手の名刺情報に変更があった場合、自動的にアップデートされるほか、通知機能もついています。重要顧客に異動や昇進などがあった時に迅速に対応することができるので、営業活動に大いにプラスになるはずです。
これらが全て無料のサービスというのも嬉しいですね。なお、Eightには、名刺情報を有効活用するための有料のプレミアムサービスもあるので、使い勝手が良ければこちらも検討してみると良いでしょう。

キングジムのデジタル名刺ホルダー MEQRU(メックル)

41d7kMkvAlL

ユニークなものとして、名刺をスキャンしてそのまま画像化するキングジムのメックルがあります。
読み込んだ名刺を、卓上の装置の画面でくるくるとダイヤルを回しながら閲覧・検索することができます。溜まる一方の紙の名刺の束は邪魔なもの。机の引き出しで結構な場所をとることもあります。このかさばる名刺をコンパクトな装置に、画像として保存管理できるのは便利かもしれません。アナログとデジタルの中間に位置するステーショナリーと言えます。
またOCR機能で名刺画像をテキスト化し、パソコンデータ上で活用できる「DA-1」という名刺管理ソフトも別売りされていますので、こちらも合わせてチェックしてみては。
なお名刺の枚数は片面約5,000枚まで保存が可能です。

メックル

さまざまな名刺管理リーダーがありますので、ぜひあなたが使いやすいものを選んでみてくださいね。

この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑