名刺管理で見なおす働き方改革

名刺デジタル化のクラウドサービス「RegoEngine(レゴエンジン)」

投稿日:  最終更新日: 2019年11月14日
目次はじめに短時間・低価格・正確な名刺デジタル化サービスOEMとしても利用が可能なソリューションメニュー在宅オペレーターのクオリティさいごに はじめに あらゆる文書等のデータ化が進み、企業の重要な営業ツールである名刺につ…

はじめに

あらゆる文書等のデータ化が進み、企業の重要な営業ツールである名刺についてもデジタルデータでの管理が普及しつつあります。データ管理が便利だとわかってはいるけれど、そもそもデータ化するための時間なんてとれない・・、またそのデジタル化のビジネスを展開してみたいなと思われている方も多いのではないでしょうか。そういった方や企業向けには最近では名刺のデータ化を請け負ってくれるサービスもみられるようになってきました。今回は、名刺データのデジタル化のクラウドサービス「RegoEngine」をご紹介しましょう。

 

短時間・低価格・正確な名刺デジタル化サービス

名刺デジタル化のクラウドサービス「RegoEngine(レゴエンジン)」

RegoEngineでは、顧客は名刺データをスマホ撮影やスキャナによるスキャンして送るだけで、短時間で正確な名刺情報のデジタル化が行われます。デジタル化にあたっては、名刺専用の文字認識システムと独自の辞書による自動処理システムに加えて、同社にサービス登録している数百名規模の日本人の在宅オペレータ―が実際の画像を見て入力するため、ほぼ100%の精度を保っています。また時間帯にもよりますが、翌営業日納品をSLA(サービス品質保証)で保証しています。

 

OEMとしても利用が可能なソリューションメニュー

RegoEngineは、導入モデルごとに4つのソリューションを提供しています。

・OEMモデル

自社サービスの新機能として名刺デジタル化サービスを提供することができます。スキャンされた名刺画像の受信、デジタル化、オペレータによる処理はRegoEngine側で全て行われるため、顧客は受信した名刺データを自社のシステムに取り込む工程を管理するだけです。

 

・自社システムへの導入

自社の社内システムのうち、顧客管理や営業支援、グループウェアといったシステムで名刺データを活用できます。利用にあたっては、WebAPIを通して連携するため、開発工数をも1~3か月程度での実装が可能です。

 

・Salesforce用 名刺管理サービス「SmartVisca」

株式会社サンブリッジが提供している「SmartVisca」名刺管理サービスを提供。セールスフォースドットコム社の「Salesforce crm」上で、名刺管理やリード管理ができます。

 

・名刺データ管理サービス「Spot&Lite」

名刺データをWEBブラウザやスマートフォンから検索、管理することができる、低価格で簡易的な名刺管理サービスです。検索条件に一致した名刺データのダウンロード、EXCEL表示、また他のシステムで利用することもできます。

在宅オペレーターのクオリティ

在宅オペレーターのクオリティ

同社の運営するREGOENTRYサイトで、在宅のオペレーターの募集・登録ができます。名刺という個人情報を扱うことから、登録にあたっては、本人確認書類と秘密保持誓約書の締結が義務付けられています。同じ名刺のデータを2人または3人のオペレーターが入力し、お互いの入力データをチェックする体制をとっており、入力ミスや間違いがあった場合には、その項目の報酬はないなどの規定を置いています。

さいごに

いかがでしょうか。RegoEngineは、文字認識などの独自システムと、同社に登録する多くの日本人の在宅オペレーターの連携によって、精度の高い名刺のデジタル化を請け負うサービスです。名刺情報のデータ化については時間も労力もかかる作業のため、ほぼ100%の精度で、納期もSLA保証があるのは魅力的です。自分の名刺をデジタル化するために利用するだけでなく、OEMで自社ビジネスに活用してみるのもいいかもしれません。

blank blank
この記事の情報は2019年11月14日のものです

この記事で使われている用語を知る

blank blank
blank

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

blank

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

blank

名刺管理エクセル
テンプレート

blank

名刺管理ノウハウ集

blank

3分で分かるSansan

↑