名刺管理で見なおす働き方改革

使ってみて実感!超絶便利な名刺管理ソフトの実態!

投稿日:2016年08月09日  最終更新日: 2017年09月21日
目次名刺管理ソフトは進化を続ける無料か安値で使える!名刺情報をすぐにデータ化できる!データ化の精度が高い!容量も無制限のクラウド管理!SNS的機能も充実!CRM(顧客管理)機能も充実! 名刺管理ソフトは進化を続ける たま…

名刺管理ソフトは進化を続ける

SAYA072160333_TP_V たまってしまった名刺の管理に頭を悩ませるビジネスパーソンは多いはずです。 そして、名刺ホルダーで上手く整理しても、あまりにも量が多くなってしまうと、後から目当ての名刺を探すのは大変になってしまいます。 そこで考えるのは、パソコンやスマートフォンなどによる、名刺管理ソフトでの管理です。 ひと昔前までは、名刺管理ソフトといっても、値段が高かったり、使い勝手が悪かったりで、それならアナログで管理したほうが早い、というようなことも少なくはありませんでした。 しかし今、名刺管理ソフトは進化しています。

無料か安値で使える!

今、名刺管理ソフトは、ほとんどのものが、無料で使えます。 有料でも、1000円以内のものが多いです。 特に、スマートフォンやタブレットなどで使えるアプリの進化はすさまじいものがあります。 無料のアプリも、有料のものとそれほど変わらない使い勝手の良さで提供されています。 その代表的なものが「Eight」や「CamCard Lite」などの名刺管理アプリです。 両方とも無料で、名刺登録数も無制限になっています。

名刺情報をすぐにデータ化できる!

名刺管理アプリをインストールしたら、スマートフォンやタブレットなどのカメラがあれば、スキャナがなくても名刺の情報をすぐにデータ化することが可能です。 カメラで名刺を撮影すると、最先端のOCRで、瞬時に文字を識別するのが「CamCard Lite」。 撮影した名刺の画像を、オペレーターが手入力でデータ化するのが「Eight」です。 どちらも、銀行並みのセキュリティレベルを誇るので安心です。

データ化の精度が高い!

瞬時にデータ化できるからといって、データ化の精度が低ければ意味がありません。 でも、進化した名刺管理アプリなら、それも大丈夫です。   「Eight」では、オペレーターが目で見て手入力するので、ほぼ100%に近い確率で、正確にデータ化されます。 オペレーターには、誰が誰の名刺を保有しているかは分からないシステムになっているので、セキュリティ面でも安心です。 もちろん、後から手入力による修正もできます。

容量も無制限のクラウド管理!

YOU85_PCsousasuru20131019130818_TP_V1 名刺管理ソフトは、クラウド管理になっているので、容量も名刺登録数も無制限になっているものがほとんどです。 さらに、同じくクラウド管理なので、あらゆる端末から情報にアクセスすることができます。 つまり、パソコンで効率的に名刺管理をして、スマートフォンやタブレットで持ち歩くことが可能なのです。

SNS的機能も充実!

名刺管理を、SNS的に利用することも可能になっているのが、最近の名刺管理ソフトです。 名刺の情報をもとに、自分のプロフィールを作成したり、それらにイイネやコメントを寄せたりすることができます。 さらに、1度名刺交換をしたら、その情報は常に最新に保たれます。 例えば、名刺交換した相手が、昇進したり転勤したり、部署を変わったりしても、すぐに分かるのです。 名刺管理ソフトを使っていたら、しばらく連絡が途絶えていた相手の連絡先が分からなくなってしまう、ということがありません。

CRM(顧客管理)機能も充実!

多くの名刺管理ソフトでは、充実のCRM機能も搭載されています。 名刺に画像付きでメモをつけたり、住所情報により、地図アプリにアクセスしたりもできます。 スマートフォンにインストールするアプリでは、電話帳にアクセスすることもできるので、ワンタッチで連絡をとることもできます。
この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑
気になる語句で検索してみましょう!