名刺管理で見なおす働き方改革

たまった名刺を一気にデータ化できるサービス2選

投稿日:  最終更新日: 2017年09月21日
目次はじめにSansanの「どこでもスキャン計画」を利用するスキャンした名刺保管もできる「ビズレージ」を利用する はじめに 年末年始やちょっとした空き時間に机を片付けようとすると、だいたい半日は名刺整理で終わってしまう……

はじめに

たまった名刺を一気にデータ化できるサービス2選
年末年始やちょっとした空き時間に机を片付けようとすると、だいたい半日は名刺整理で終わってしまう…そんな悪習感が付いている方、いらっしゃいませんか?
いざというときのために、頂いた名刺はしっかり整理しておきたいもの。しかし、現実はなかなかうまくいかないもので、机から溢れかえるほど名刺が増えた時に、初めて整理を考える方も少なくありません。
しかし、できれば名刺の整理にあまり時間を掛けたくないというのが、ほとんどの方の本音。少し費用がかかっても、短時間で一気に整理できればうれしいですよね。

そんなあなたのために、今回はたまった名刺を一気にデータ化するための、おすすめの方法を2つご紹介します。
名刺整理やデータ化の時間を削減して、机の周りもビジネスライフもスマートに生まれ変わりましょう!

Sansanの「どこでもスキャン計画」を利用する

たまった名刺を一気にデータ化できるサービス2選
まずは名刺アプリ「Eight」を提供するSansan株式会社のサービスをご紹介します。Sansan株式会社では、たまった名刺を一度にスキャンし、「Eight」にデータ化してくれる「どこでもスキャン計画」というサービスを行っています。
このサービスの特徴はその名の通り、さまざまな場所・方法で名刺スキャンができるというところにあります。

例えば「訪問スキャンサービス」を利用すれば、スキャナーを持ったスタッフがあなたの自宅やオフィスを訪問し、あなたに代わってその場で名刺をスキャンしてくれます。
訪問されるのはちょっと…という方は、「郵送スキャンサービス」を利用してみては。Sansanにあらかじめ申し込みをしておけば、後はたまった名刺を郵送するだけ。郵送先でスタッフがスキャニングを代行してくれます。もちろん名刺は後日送り返してくれますので、安心して利用することができます。

その他、全国にあるさまざまな有名コワーキングスペースにあるスキャナーを利用して、簡単に名刺をデータ化できる「コワーキングプロジェクト」なども実施されています。このプロジェクトで発生する費用は、コワーキングスペースの利用料だけ。スキャナー利用料は必要ありません。コワーキングスペースを利用される方は、ぜひSansanのサイトでサービスの受けられる場所をチェックしてみては。
また、カメラのキタムラやACCEA(アクセア)の一部店舗でも、Sansanのスキャニング代行サービスを受けることができます。
名刺スキャンは誰かに任せたい!そんな方におすすめのサービスです。

 

スキャンした名刺保管もできる「ビズレージ」を利用する

アナログ感がたまらない?キングジムのデジタル名刺管理アイテム
費用を掛けて代行するなら、自分で名刺整理の機器を購入する!という方にはキングジムが販売するデジタル名刺ボックス「ビズレージ」がオススメ。
ビズレージの特徴は、なんといっても大量の名刺を素早くスキャンできるという点、そしてスキャンした名刺をためて置けるという点にあります。
スキャン時間は1枚につき約3秒程度!これならたまった名刺もさくさくデータ化できそうですね。スキャンしたデータはパソコンに取り込んで管理することができます。
またスキャンした名刺は、名刺保管ボックスに送られます。ここには最大片側約400枚分の名刺を保存することができるので、スキャン後の名刺もしっかり保管したいという方にもおすすめのアイテムと言えます。

たまった名刺が引き出しから溢れそうになっているあなた。こうしたサービスや商品を利用して、机の周りも名刺もキレイに整理整頓しませんか?

この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑