名刺管理で見なおす働き方改革

【展示会担当者必見!】展示会獲得名刺をデータ化する方法まとめ

投稿日:  最終更新日: 2019年11月13日
目次はじめに1,名刺データ化会社に依頼する2,名刺を使わないでバーコードリーダーを利用する3,名刺管理システムを利用するまとめ はじめに 今回は展示会シーズンにつき、社内で大量に獲得した名刺の上手な使い方についてご紹介し…

はじめに

【展示会担当者必見!】展示会獲得名刺をデータ化する方法まとめ
今回は展示会シーズンにつき、社内で大量に獲得した名刺の上手な使い方についてご紹介します。
華やかなキャンペーンレディやユーモア溢れるノベルティを武器に名刺を大量獲得したあとに訪れる作業はズバリ、名刺のデータ化です。
しかし、名刺をデータ化するために社内のリソースを使うにはあまりにも手間がかかりすぎますよね?
そこで、今回は大きく3つの方法に分けて展示会後の大量名刺をリスト化するノウハウについてご紹介をいたします。

1,名刺データ化会社に依頼する

名刺データ化会社に依頼する
これは多くの方も知っていて実践している方も多くいらっしゃると思いますが、大量にアナログな紙媒体のものをデータ化してくれる業者がいるのです。
そのため、このような業者に依頼して、展示会後の名刺をデータ化するという方法がひとつあります。

2,名刺を使わないでバーコードリーダーを利用する

これも展示会出店者であればご存知の方は多いことだと思います。
これは展示会の主催社からレンタルができるオプションになっていて、あらかじめ来場者の名刺を主催元が集め、一つ一つをバーコードと紐付けて、実際のブースではバーコードを読み取るのみで名刺の情報が獲得できるというものです。
そのため、当日もかさばる名刺を持たなくて良く人気が高いツールの一つとなっています。

3,名刺管理システムを利用する

そして、最近になって展示会でよく見かけるのが名刺管理システムです。
表で名刺を獲得している裏のブースでは、名刺をスキャナに入れて、ドンドンとその場でデータ化している企業が増えています。
またはセミナー程の人数であれば、名刺をアプリでデータ化している企業も中にはいるようです。
50名前後まででCSVなどの吐き出しが必要ない場合であれば、このような無料アプリを効率良く利用するのもいいことでしょう。

まとめ

まとめ
実際にはどの方法でも名刺は効率よくデータ化が可能になりますが、気になるのは価格や速度です
そこでHacks内では、実際に効率よく名刺をデータ化してリスト化するまでを各分野にてご紹介しているので、ぜひとも参考にして、
御社の展示会活動にお役立てください。

 

blank blank
この記事の情報は2019年11月13日のものです

この記事で使われている用語を知る

blank blank
blank

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

blank

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

blank

名刺管理エクセル
テンプレート

blank

名刺管理ノウハウ集

blank

3分で分かるSansan

↑