名刺管理で見なおす働き方改革

他言語に対応したAndroid用名刺管理アプリ「云脉(思根)名刺認識」

投稿日:  最終更新日: 2017年09月21日
目次云脉(思根)名刺認識肝心の名刺情報の文字認識レベルは・・シンプルな名刺管理の機能まとめ:他言語に対応したシンプルな名刺管理アプリ 云脉(思根)名刺認識 製品名:云脉(思根)名刺認識 開発元:原厦门思根科技有限公司(C…

昨今のビジネスシーンではグローバル化が進み、仕事上外国人の方の連絡先を管理する必要のあるビジネスパーソンも増えている。「名刺交換」と聞くと日本特有のイメージがあるが、諸外国でもビジネスカードを交換する機会は存在するため、日本と海外を行き来するビジネスパーソンは、他言語の名刺管理に手を焼いていることだろう。

そこで、今回は他言語の名刺の文字認識に対応するAndroid用名刺管理アプリを紹介する。

中国の企業 Cloud Connection 社が提供する云脉(思根)名刺認識シリーズは、日本語、英語だけでなく、中国語やロシア語まで幅広い文字認識に対応する名刺管理アプリだ。

今回は、英語・日本語認識が可能なバージョンで試してみる。

早速、Android端末を使い、Google playより云脉(思根)名刺認識をダウンロードし、インストールしてみる。6MB弱のサイズになるので、WiFi環境やWiMAX環境など高速回線でのダウンロードがお勧めだ。インストール後、SDカードに移動できるので、本体メモリの圧迫は気にしなくても良いのはうれしい。

云脉(思根)名刺認識をダウンロード

アプリケーションはSDカードに移動可能

インストール完了後、Android端末のアプリケーション一覧には「名刺認識ソフトウェア」と表示されるので、そのアイコンをタップし、云脉(思根)名刺認識を立ち上げる。

初回起動にも関わらず、アカウントの登録画面の表示などは一切無く、すぐにTOPメニューの画面が表示された。また、表示されるメニューも3種類のみと非常にシンプルで分かりやすい。

云脉(思根)名刺認識のTOPメニュー画面

インストール後、アカウント登録等は必要なく、すぐに利用可能

肝心の名刺情報の文字認識レベルは・・

まずは「名刺を撮る」をタップし、名刺の読み込みを開始する。

カメラが起動し、画面のナビゲーションに従って名刺を撮影。

名刺撮影画面

名刺の読み込みはガイドに合わせて撮影するだけ

名刺の撮影が終わると、すぐに文字認識が始まり、文字認識結果が表示される。

肝心のOCR(文字認識)の精度はというと、電話番号やURLなど英数字には強くほとんど間違えはなかったが、住所など細かい文字はどうしても手修正が必要なレベルの認識だった。また、横書き、縦書きの表記が混在した名刺で試してみたが、残念ながら縦書き部分の認識はされなかった。

名刺画像の文字認識結果

名刺画像撮影後、すぐに文字認識が始まり認識結果が表示される。まあまあの認識レベル

明らかに文字認識がおかしい部分はすぐに編集が可能なので、その場で修正し保存する。保存先としてAndroidの電話帳やGoogleアカウントなども選択可能なので、連絡先を一元管理している方にとっては便利な機能だろう。

名刺データの保存先を選択可能

Android本体の電話帳以外でも名刺データの保存先を選ぶことができる

但し、無料版の場合、保存される情報は名前と電話番号に限られるようで、名刺保存の度に有料版を勧めるメッセージが表示される。

有料版への案内メッセージ

無料版は名刺データの名前と電話番号のみ保存可能

シンプルな名刺管理の機能

前述の通り、Android本体の電話帳への名刺データの保存も可能だが、本アプリ自体でも名刺管理は可能だ。

TOPのメニュー画面から「名刺を管理」を選択すると、先ほど読み込んだ名刺一覧が表示される。名刺のスクロールなど操作も快適で、名前などでの検索も可能なので、もちろん管理する名刺の用途にもよるが、普段の連絡先としての管理なら本アプリのみでも名刺を管理する上で特に不都合は無い。

名刺一覧表示画面

操作もスムーズで、名刺の検索も可能

名刺情報の詳細画面からは、直接電話をかけたり、地図やホームページを開いたりするボタンも設置されており、使い勝手は良い。「共有」という見慣れないボタンがあったので、試しにタップしてみると、どうやら名刺を添付してメールで送信できる機能のようだ。自身の名刺を撮影しておき、直接名刺交換ができない場合などに使用する機能なのだろうか。

名刺詳細画面

名刺詳細画面には直接電話をかけたり、地図、HPを開くボタンなどが設置されている

名刺共有機能

「共有」という見慣れないボタンは、どうやら名刺画像をメールで送信出来る機能のようだ

まとめ:他言語に対応したシンプルな名刺管理アプリ

今回、残念ながら日本語以外の名刺で文字認識の精度を試す事は出来なかったが、無料版で使い勝手を試す事ができるため、日本語以外の名刺を管理する必要がある方は、Google playで「云脉(思根)名刺認識」を検索し、目的の言語のバージョンのアプリを試してみよう。

アプリの操作感はスムーズで、OCR(文字認識)の精度も一般的なレベル。また、Androidの電話帳へのエクスポートや名刺詳細画面から電話などのアクションも簡単にできるため、全体的にはシンプルで便利な名刺管理アプリと言える。

※記事中に使用した名刺は本記事用に作成したものであり、会社名、氏名等架空のものです

この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑