名刺管理で見なおす働き方改革

どこでも気軽に簡単に名刺・顧客管理「ポケットクライアント」

投稿日:  最終更新日: 2017年09月21日
目次ポケットクライアントシンプルな起動画面でサクサク操作マップアプリとの連携で位置情報を登録情報を見つけやすい一覧画面まとめ ポケットクライアント 製品名:ポケットクライアント 開発元:shin kurasaki 価格・…

顧客情報の管理に、機能性よりシンプルな操作を求めるビジネスマンは少なくない。機能が増えるほどに、情報管理の操作そのものが複雑化してしまうという懸念も、持たれることがあるだろう。
そんな方にとって、気軽さがメリットとなる顧客管理アプリが「ポケットクライアント」だ。仕事とプライベートで管理情報を分けたり、特定グループだけの情報を管理したいというユーザーにもメリットがありそうだ。

シンプルな起動画面でサクサク操作

TOP画面はシンプルで、非常に分かりやすい。新たにデータを登録するには、まず「新規登録」をタップする。

このアプリの特徴は、ほとんどの操作がタップのみで完了する点にある。iPhone操作に慣れていない人でも、違和感なく使えるだろう。
「No Image」をタップすると、写真が登録できる。写真は2つまで登録できるので、名刺や顔、会社外観など用途に合わせて選びたい。

登録した画像は、タップすれば拡大表示が可能だ。
氏名や電話番号などの情報は、各項目をタップして手動入力。OCR機能を求める方にとっては手間となるが、精度の低い読み取りで後から修正するよりは良いだろう。

マップアプリとの連携で位置情報を登録

画面をスクロールすると、地図情報も登録できる。iOSのマップアプリと連動しているので、住所を入力した後にタップするだけだ。ただし、位置情報の利用を許可する必要があるので注意しておきたい。

登録情報は、メール送信が可能。画面右上の「メールアイコン」をタップすれば、メールソフトが起動する。文字情報だけでなく、画像や地図も一緒に送信することができるのは便利だ。

情報を見つけやすい一覧画面

このアプリは操作が簡単ながら、顧客情報を容易に引き出せる。一覧で情報を閲覧できるだけでなく、キーワード検索も搭載。メモに相手の情報を加えておけば、検索もし易いだろう。
また、データ整理には欠かせないのがタグ機能だ。タグに例えば「取引先」「営業相手」「仕入れ先」といったグループ名を登録しておけば、情報がタグ毎に整理される。情報が増えても、煩雑になることはないだろう。

まとめ

電話帳やカメラロールなどとは、データが連動していないので注意しておきたい。アプリで情報を登録し、連絡そのものは電話帳で行いたいといった方には不向きだろう。
しかし、例えば仕事とプライベートで連絡先管理を分けたい場合には活用できそうだ。電話帳でプライベートの情報を管理し、仕事の連絡先は画像を添えて「ポケットクライアント」へ保存。双方の情報が混在することを回避できる。

この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑