名刺管理で見なおす働き方改革

シンプル操作でスピーディーな情報登録が可能な「名刺読込 for 宛名職人」

投稿日:  最終更新日: 2017年09月21日
目次名刺読込 for 宛名職人「撮る」か「選ぶ」か、シンプルな操作メニュー撮影は簡単!では、読込の精度は…?アプリの使用には、連絡帳へのアクセス設定が必須まとめ 名刺読込 for 宛名職人 製品名:名刺読込 for 宛名…

電話番号やメールアドレス。これらの情報の殆どを、スマートフォンで使用すると言うビジネスマンは多いだろう。しかしスマートフォンへ情報を入力するのは手間が掛かる。そこで今回は、OCR(文字認識処理)機能を利用してすぐに名刺データをスマートフォンの電話帳へ保存できるアプリをご紹介したい。

「撮る」か「選ぶ」か、シンプルな操作メニュー

シンプル操作が特徴の「名刺読込 for 宛名職人」。名刺データを取り込むには、カメラ機能を使用する。つまりカメラで名刺を撮影し、そこに写った文字情報(電話番号、住所、メールアドレスなど)を認識させるわけだ。この一連の動作が非常に簡単で、かつスムーズなアプリになっている。

アプリのサイズは12.0MBと少し大きいので、インストールの際にはWi-Fi回線などの高速回線を使用した方が無難だ。

インストールしたアプリを起動すると、読込メニューが表示される。

・写真を撮る:カメラを起動し、新しく名刺の写真を撮影する
・写真を選択する:既に撮影した名刺の写真を認識させる

基本的に使用するのは、この2つのみだ。今回は、「写真を撮る」で新しく名刺データを読み込んでみよう。

撮影は簡単!では、読込の精度は…?

「写真を撮る」をタップすると、すぐにカメラが起動する。カメラの操作は、iPhoneに搭載されているカメラアプリと同一なので使いやすい。

データを読み込みたい名刺に照準を合わせたら、シャッターボタンをタップして写真を撮影。すると…

「日本語」「数字」の認識は良好だが、「英字」(メールアドレス、URL)は正しく認識されなかった。別の名刺でも試したが、やはり英字は認識が難しいようだ。

驚いたのは、名前のフリガナが正確だった点。フリガナは名刺上で記載されていないので、アプリが自動的に作成している。スマートフォンで電話帳を検索する際には、多くの場合その人の名前で検索するはず。そのため、この機能は便利だ。

誤ったデータは、項目をタップすれば自由に編集が可能。登録前に、正しい情報に修正しておこう。画面右上の「完了」をタップすると、すぐに電話帳へ情報が登録される。

これだけで、名刺データが電話帳へ登録された。一連の操作は簡単で、スピーディーである。忙しいビジネスマンにとって、これは業務効率をアップさせるポイントになるだろう。

アプリの使用には、連絡帳へのアクセス設定が必須

インストール後に初めてアプリを起動すると、電話帳へのアクセスを求められる。ここでアクセスを許可しておけば問題ないが、許可しなかった場合、アプリは使用できないので注意しておきたい。
後からアクセス設定を行う場合は、「設定→プライバシー→連絡先」で連絡先へのアクセス設定を行う。

アクセス状況の一覧で、「名刺読込」の設定をオンにすればアプリが使用可能になる。このアプリは名刺データを電話帳へ自動登録するものであるから、アクセスが必要なのは当然といえば当然だろう。

まとめ

操作感として、撮影から登録までのスピーディーさは非常に使いやすく感じた。特に毎日のように新しい名刺を受け取るようなビジネスマンなら、名刺データ登録の時間削減はその意味も大きいだろう。
ただ英字の認識に弱いのは、少々ネックとなる。改善を期待したいが、無料版なども配布されていないので、購入には慎重にならざるを得ないかもしれない。ただし「メールはパソコンで送るし、スマートフォンには電話番号さえ認識すれば」という方なら、全く問題ないだろう。

この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑