名刺管理で見なおす働き方改革

画像を取り込んで持ち運ぶ「名刺パシャ! 簡単取り込む名刺入れ FREE」

投稿日:  最終更新日: 2019年11月19日
目次名刺パシャ! 簡単取り込む名刺入れ FREE簡潔なインターフェースで初心者でも安心OCR非対応で、どんな名刺も取り込めるアドレス帳として活用する名刺データはエクスポートできない 名刺パシャ! 簡単取り込む名刺入れ F…

今回は、名刺管理にかかる時間を少しでも削減したい人にはオススメの無料アプリを紹介する。名刺を撮影して画像保存するだけのこのアプリは、シンプルで誰でも簡単に使える無料の名刺アプリだ。多くのビジネスマンから人気の高いAndroidスマートフォンに対応している。

簡潔なインターフェースで初心者でも安心

早速、Google Playで「名刺パシャ! 簡単 取り込む名刺入れ FREE」を無料ダウンロード。動作システムはAndroid2.1以上、サイズは49.33KBで驚くほど軽い。筆者の端末では僅か3秒でインストールが完了し、すぐに使える状態となった。

メインメニューは、「名刺を登録する」と「名刺を検索する」の2つだけ。これなら、スマートフォンを使い慣れていない初心者でも簡単に操作できそうだ。

簡潔なインターフェースで初心者でも安心

OCR非対応で、どんな名刺も取り込める

「名刺を登録する」ボタンをタップするとカメラが起動して撮影モードに切り替わる。OCR機能は搭載していないので、筆記体や3Dなどで工夫を凝らしたデザイン名刺も難なく取り込むことができる。

撮影した写真はそのまま名刺データとして使用することになるので、住所やメールアドレスなどの小さな文字も見やすいように、ピントを合わせてシャッターを押すのがポイントだ。

OCR非対応で、どんな名刺も取り込める

撮影完了後は、画面を下にスワイプして「組織名」「名前」「ランク」の項目別に詳細設定が行える。

撮影完了後は、画面を下にスワイプして「組織名」「名前」「ランク」の項目別に詳細設定が行える。

「組織名」の「▼」ボタンをタップして、五十音の中から頭文字を選択。続いて、「名前」も同じ手順で設定する。

「組織名」の「▼」ボタンをタップして、五十音の中から頭文字を選択。続いて、「名前」も同じ手順で設定する。

最後に「登録します」ボタンで名刺の取り込みは完了だ。

アドレス帳として活用する

名刺データを確認するには、メイン画面から「名刺を検索する」ボタンをタップ。
電話番号を入力して「電話する」をタップするとアプリを閉じずに通話発信可能。「記録する」ボタンを1回タップすれば、次回から入力せずに発信できる。

アドレス帳として活用する

名刺データはエクスポートできない

登録した名刺データは端末本体に保存されず、外部出力機能も搭載していないため、アプリをアンインストールしてしまえばデータはすべて消失する。
無料でも機能制限なく使えるアプリなので、アンインストールせずにマストアイテムとして常備しておくことをオススメする。

blankblank
この記事の情報は2019年11月19日のものです

この記事で使われている用語を知る

blank blank
blank

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

blank

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

blank

名刺管理エクセル
テンプレート

blank

名刺管理ノウハウ集

blank

3分で分かるSansan

↑