名刺管理で見なおす働き方改革

PC版と連携・オプション機能多彩な名刺管理アプリ「名刺BOX」

投稿日:  最終更新日: 2017年09月21日
目次名刺Boxクラウド型のため、IDとパスワードを入力して利用を開始強みは細かな設定やPCバントの連携 名刺Box 製品名:名刺BOX 開発元:インフォコム株式会社 価格・利用体系:現在は販売停止 AppStore:名刺…

名刺Box

  • 製品名:名刺BOX
  • 開発元:インフォコム株式会社
  • 価格・利用体系:現在は販売停止
  • AppStore:名刺BOX
  • GooglePlay:名刺BOX

今回はクラウド名刺サービス「名刺BOX」を紹介する。iPhoneにデータが残らず、セキュアに使えるクラウドサービスだ。名刺BOXは、同名のPC版もあり、連携も可能だ。PC版だと同僚や上司の名刺BOXユーザーの登録した名刺情報を共有出来る機能があるが、スマホ版では、そういった機能はなく、シンプルな利用ができる。

クラウド型のため、IDとパスワードを入力して利用を開始

利用するには、まず登録が必要。氏名、メールアドレス(ログインIDになる)とパスワードを入力して登録する。登録すると登録確認メールが送られてくるので、メール本文に記載されているURLをクリックして登録を完了する。

名刺BOX 登録画面

ログイン後のホーム画面。機能が分かりやすくシンプルにまとめられている。ヘルプもすぐに確認できる。
まずは「名刺登録」をタップして名刺を登録する。

名刺BOX ホーム画面

名刺を撮影する。枠内に収まるようにするのがポイント。表のみの撮影もできるし、表裏の撮影も可能だ。

名刺BOX 名刺画像撮影画面

名刺画像を撮影したら、次に自分で情報を入力(情報は後からでも入力できるので、連続して写真を撮影しても良い)。
氏名や電話番号は、苗字と名前、市外局番から市内局番まで、入力枠が別になっているので入力しやすい。

名刺BOX 氏名編集画面名刺BOX 電話番号編集画面

入力が完了したら右上の「登録」をタップ。
登録が完了すると、続けて次の名刺を登録することもできるし、ホーム画面へ遷移することもできる。
複数名刺を一度に登録する時などは非常に便利だ。

名刺BOX 登録完了画面

登録した名刺を確認するため、ホーム画面で「名刺検索」をタップする。社名・名前・登録順でソートできる。会社名や氏名での検索も可能。
また、検索対象が選択できる。今回は自分だけで使う設定になっているので自分の名刺が検索対象となっているが、名刺を共有した場合は共有している名刺情報も検索対象とすることができる。

名刺BOX 登録名刺一覧画面

一覧から名刺詳細画面を確認する。
右上の「名刺画像」をタップすると撮影した名刺画像を確認することができる。
住所を登録しておくと、経路を表示してくれる。これは便利。メモを登録することもできる。もちろん、電話をかけたりメールしたりといった基本的な機能は備えている。

名刺BOX 登録名刺詳細情報画面

強みは細かな設定やPCバントの連携

設定画面。ヒントの表示・非表示が選べたり、名刺を共有するかどうかなどが設定できる。

名刺 BOX 設定画面

名刺BOXの最大の魅力は、WEBサービスが使えると言う点だ。WEBからも編集ができ、編集した内容はiPhoneでも確認できる。入力はWEBで行い、iPhoneは閲覧で利用するといった使い方も良いと思う。有料ではあるが、名刺の登録代行も行っているので、忙しい人や名刺が大量にある人も始めやすいサービスだろう。

この記事の情報は2017年09月21日のものです

この記事で使われている用語を知る

名刺管理の関連資料

名刺管理を行う上で役に立つ資料を用意しております。ぜひダウンロードしてご活用ください。

名刺管理アプリ・ソフト
の比較資料

名刺管理エクセル
テンプレート

名刺管理ノウハウ集

3分で分かるSansan

↑