名刺管理アプリ「すごい名刺管理」の価格・評判・評価・人気・ランキング

名刺管理から働き方を変え、収益を最大化する

名刺情報から電話やメール、チャットを始められる管理アプリ「すごい名刺管理」

投稿日:2013年07月24日  最終更新日: 2016年03月24日

すごい名刺管理

  • 製品名:すごい名刺管理
  • 開発元:株式会社 ビズアイキュー
  • 価格・利用体系:0円
  • AppStore:すごい名刺管理 -名刺認識、名刺交換
  • GooglePlay:すごい名刺管理 -名刺認識、名刺交換

顧客や得意先で交換した名刺も、机の中にしまったままではもったいない。できることなら名刺を持ち歩き、外出先でもすぐに連絡を取れるようにしておくのが望ましいだろう。とはいえ、数百・数千枚もの名刺を持ち歩くわけにはいかない。そこで名刺情報をデータ化し、PCやスマートフォンから参照できるようにするツールが数多く登場している。今回紹介する「すごい名刺」も、そんな名刺管理ツールの1つだ。AndroidおよびiOSに対応したスマートフォンアプリとして、無料で提供している。

文字の識別率“100%”を謳う実力

名刺管理アプリは、一般的にスマートフォンのカメラで名刺を撮影し、OCR機能で情報をテキスト化する。しかしこの際、文字を正しく識別できないこともあるだろう。誤りに気付かず登録してしまうと、例えば電話をしても繋がらないことになる。
そこで「すごい名刺管理」は、人手を介して文字を入力する。これなら、認識精度は100%となるだろう。

名刺の撮影方法は簡単だ。まずアプリを起動し、「名刺を撮影しましょう」をタップする。するとスマートフォンのカメラが起動し、撮影できるようになる。

名刺全体を撮影するよう調整し、撮影すると画像がアプリに登録される。

登録した画像データはクラウド上に送信され、人の手によってテキスト化が行われる。つまり画像を撮影後、すぐにテキスト化されるわけではない。

早ければ数分程度、遅くても1~2日程度でテキスト情報がアプリから確認できるだろう。

名刺情報から電話やメール、チャットを開始

テキスト化した名刺情報は、単に参照して活用するに留まらない。電話番号をタップすれば電話を直接かけられるし、メールアドレスをタップすればメーラーが起動する。住所をタップすれば、地図で場所の確認もできるのだ。

チャット専用ボタンが用意されており、特定の相手とチャットでの会話も可能。専用アプリを開いたり、宛先をアプリ毎に登録する手間が省ける。

登録した名刺情報は、アプリ以外でも活用できる。電話番号や氏名をスマートフォンのアドレス帳に移行すれば、アプリを起動せずに登録した情報をアドレス帳から確認できる。二重に情報登録する必要がないので、非常にありがたい。

アプリユーザー間で情報連携

「すごい名刺管理」を使っているユーザー間では、相互に名刺情報を交換することができる。どうせデータ化するので、紙の名刺は不要という人には重宝する機能だろう。

セキュリティにも配慮

スマートフォンの紛失を考えると、端末内に名刺情報を保持することに危険性を感じる方もいるかもしれない。しかし登録したデータはすべて暗号化されるため、第三者がデータを抽出しても、個人名などは確認できなくなっている。

あるいはスマートフォンの破損でデータが消失してしまっても、名刺情報は復旧可能。データはクラウド上にバックアップされているので、ログインすればすぐに情報を呼び出せるのだ。

尚、アプリに自分の名刺を登録しておくこともできる。転職や異動で名刺情報を更新した場合には、新しい情報を通知することも可能だ。

まとめ

名刺情報は、業務上で欠かせないデータといえる。そのため、データ化する際にも登録情報に間違いがあってはならない。その点で「すごい名刺管理」は無料ながら人手を介し、高い精度で文字をテキスト化している。まさに100%精度だ。
「管理」するだけのアプリは多いが、「活用」にまで主眼を置いたものは多くない。名刺情報を徹底活用したいと思っている人であれば、使ってみる価値はあるだろう。

2015年版の最新アプリ比較表はこちら

8d8f2a416347008ef6b594bbee1e39e7

この記事で使われている用語を知る

↑
気になる語句で検索してみましょう!